映画-Movie Walker > 人物を探す > 門脇麦

年代別 映画作品( 2013年 ~ 2019年 まで合計23映画作品)

2019年

チワワちゃん

  • 2019年公開
  • 出演

『リバーズ・エッジ』などで知られる岡崎京子の漫画を門脇麦主演で実写化する青春映画

監督
二宮健
出演キャスト
門脇麦 成田凌 寛 一 郎 玉城ティナ
2018年

ここは退屈迎えに来て

  • 2018年10月19日(金)公開予定
  • 出演

地方都市に住む女性の心模様を綴った山内マリコの同名連作短編集を、廣木隆一監督が映画化。実家に戻り冴えない日々を送る中、高校時代に憧れていた椎名くんを探す「私」。元恋人・椎名を忘れられない「あたし」。退屈を埋める何かを椎名くんに求めるが……。「ママレード・ボーイ」「彼女の人生は間違いじゃない」など恋愛映画を数多く手がける廣木隆一監督が、居場所を求める女性たちの心情を掬い取る青春群像劇。出演は「美しい星」の橋本愛、「世界は今日から君のもの」の門脇麦、「ニワトリ★スター」の成田凌ほか。ロックバンド、フジファブリックが主題歌および劇伴を手がける。

監督
廣木隆一
出演キャスト
橋本愛 門脇麦 成田凌

止められるか、俺たちを

  • 2018年10月13日(土)公開予定
  • 出演(吉積めぐみ 役)

「孤狼の血」の白石和彌監督が、師匠である故・若松孝二の若き日を映し出す青春群像劇。1969年、21歳で若松プロダクションの門を叩き、助監督として奔走した吉積めぐみの目を通して、映画や政治、そして恋、なにもかもが危うくきらめいていた一瞬の時が綴られる。吉積めぐみを「サニー/32」の門脇麦が、若松孝二を「光(大森立嗣監督)」の井浦新が演じる。脚本は「あいときぼうのまち」の井上淳一。撮影を「だれかの木琴」の辻智彦が務める。

監督
白石和彌
出演キャスト
門脇麦 井浦新

サニー/32

  • 2018年2月17日(土)公開
  • 出演(ネット上に現れた二人目のサニー 役)

NGT48卒業を発表した北原里英主演のサスペンス。当時11歳だった女児が同級生を殺害した事件から14年後、24歳の中学校教師・赤理が二人の男たちに監禁される。二人は加害者女児・通称“サニー”のカルト的信者だった。監督は、「凶悪」の白石和彌。出演は、「アウトレイジ 最終章」のピエール瀧、「世界は今日から君のもの」の門脇麦、「パーフェクト・レボリューション」のリリー・フランキー。2018年2月9日より新潟・長岡先行公開。

監督
白石和彌
出演キャスト
北原里英 ピエール瀧 門脇麦 リリー・フランキー
2017年

花筐/HANAGATAMI

  • 2017年12月16日(土)公開
  • 出演(千歳 役)

檀一雄による同名短編小説を大林宣彦監督が映画化。「この空の花 長岡花火物語」「野のなななのか」に続く“戦争三部作”の最終章。1941年の佐賀県唐津市を舞台に、戦禍の中に生きる若者たちの心が火傷するような凄まじい青春群像劇を、圧倒的な映像力で綴る。出演は「野のなななのか」の窪塚俊介、「三度目の殺人」の満島真之介、「マイ・バック・ページ」の長塚圭史、「彼女の人生は間違いじゃない」の柄本時生、「クレヴァニ、愛のトンネル」の矢作穂香、「チア・ダン 女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話」の山崎紘菜、「世界は今日から君のもの」の門脇麦、「だれかの木琴」の常盤貴子。脚本は大林宣彦と「HOUSE ハウス」「ふたり」の桂千穂。音楽の山下康介、撮影・編集の三本木久城、美術の竹内公一、録音の内田誠ら「野のなななのか」スタッフが引き続き参加。2017年12月7日より唐津先行上映。2017年第91回キネマ旬報ベスト・テン日本映画2位、日本映画監督賞(大林宣彦)。

監督
大林宣彦
出演キャスト
窪塚俊介 満島真之介 長塚圭史 柄本時生

KOKORO

  • 2017年11月4日(土)公開
  • 出演

日本を舞台に、心に傷を負った人々の再生を綴るベルギー、フランス、カナダ合作映画。フランス人女性アリスは、日本で生きる意欲を見つけたとの言葉を残して亡くなった弟の足跡を辿るため、海辺の村を訪れる。そこで彼女は、元警察官のダイスケと出会い……。出演は「奇跡のひと マリーとマルグリット」のイザベル・カレ、「哭声/コクソン」の國村隼、「GONINサーガ」の安藤政信、「世界は今日から君のもの」の門脇麦。メガホンを取ったのは、ベルギー出身の女性監督、ヴァンニャ・ダルカンタラ。

監督
ヴァンニャ・ダルカンタラ
出演キャスト
イザベル・カレ 國村隼 安藤政信 門脇麦

ナミヤ雑貨店の奇蹟(2017)

  • 2017年9月23日(土)公開
  • 出演(セリ 役)

東野圭吾原作のベストセラー小説をHey!Say!JUMPの山田涼介主演で映画化したファンタジー。ある日、かつて悩み相談を受ける事で知られた雑貨店に忍び込んだ少年たちが、突然投函された悩み相談の手紙に返事を書く事で、雑貨店の秘密、相談者と自分たちの共通点に気付いていく姿が描かれる。雑貨店の元店主を西田敏行が演じる。

監督
廣木隆一
出演キャスト
山田涼介 西田敏行 尾野真千子 村上虹郎

世界は今日から君のもの

  • 2017年7月15日(土)公開
  • 出演(小沼真実 役)

「二重生活」の門脇麦が、自分の殻を破ろうとする引きこもりの女性を演じた青春ドラマ。人と接するのが苦手で自室にこもっていた真実は、父の勧めでゲームのバグ探しのバイトをすることに。そこに勤める遼太郎に絵の才能を見出されイラストを頼まれるが……。監督は連続テレビ小説『梅ちゃん先生』をはじめ数々の作品の脚本を手がけ、「ランデブー!」で監督にも進出した尾崎将也。不器用な真美を門脇麦が、真美が淡い恋心を抱く遼太郎を「ローリング」の三浦貴大が、彼女を心配する父親を「みんな!エスパーだよ!」のマキタスポーツが演じる。

監督
尾崎将也
出演キャスト
門脇麦 三浦貴大 比留川游 マキタスポーツ

こどもつかい

  • 2017年6月17日(土)公開
  • 出演(原田尚美 役)

『呪怨』シリーズなどホラー映画を得意とする清水崇監督が、“こどもの霊”を操る“こどもつかい”の恐怖を描くホラー。連続不審死事件の謎に迫る新人記者が“こどもの呪い”と“こどもつかい”に立ち向かう姿をつづる。本作が映画初主演となる滝沢秀明が特殊メイクを施し、ミステリアスなキャラクター、こどもつかいを演じる。

監督
清水崇
出演キャスト
滝沢秀明 有岡大貴 門脇麦 尾上寛之

彼らが本気で編むときは、

  • 2017年2月25日(土)公開
  • 出演(佑香 役)

『かもめ食堂』の荻上直子監督が、新しい家族の形を描く人間ドラマ。母親に捨てられたも同然の小学生が、叔父とトランスジェンダーの恋人との奇妙な共同生活を通して、成長していく姿をつづる。物語のカギを握るトランスジェンダーのリンコを生田斗真が演じて新境地を見せるほか、その恋人役を桐谷健太が演じる。

監督
荻上直子
出演キャスト
生田斗真 柿原りんか ミムラ 小池栄子

関連ニュース

カップルを演じた門脇麦と菅田将暉「不思議な心地良さを感じた」
カップルを演じた門脇麦と菅田将暉「不思議な心地良さを感じた」(2016年6月24日)

小池真理子の同名小説を映画化した『二重生活』(6月25日公開)で、同棲中のカップルを演じた門脇麦と菅田将暉。フラットな役柄から体当たり演技を強いられる難役まで、…

『太陽』入江悠監督&原作の前川知大が語った苦労話とは
『太陽』入江悠監督&原作の前川知大が語った苦労話とは(2016年4月17日)

読売演劇大賞他、さまざまな演劇賞を受賞した前川知大による舞台劇を、神木隆之介、門脇麦らの出演で映画化したSF映画『太陽』。本作の制作秘話を、入江悠監督と原作・脚…

神木隆之介のタフさに門脇麦が驚愕!刺激し合った初共演
神木隆之介のタフさに門脇麦が驚愕!刺激し合った初共演(2016年4月16日)

若手実力派の筆頭である神木隆之介と門脇麦が、劇団イキウメの舞台を映画化する『太陽』(4月23日公開)で初共演を果たした。SFでありながら、「生きる」とはどういう…

門脇麦に初のゲイ役をほめられた村上淳「僕の女子力で乗り切った」
門脇麦に初のゲイ役をほめられた村上淳「僕の女子力で乗り切った」(2014年10月9日)

『愛の渦』(14)の門脇麦と、モデルとして活躍する道端ジェシカのW主演で贈る『シャンティ デイズ 365日、幸せな呼吸』(10月25日公開)の完成披露試写会が、…

最近チェックした映画館・映画

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 門脇麦

ムービーウォーカー 上へ戻る