TOP > 人物を探す > 樋口尚文

年代別 映画作品( 2013年 ~ 2019年 まで合計2映画作品)

2019年

葬式の名人

  • 2019年9月20日(金)
  • 監督

大阪府茨木市市制70 周年記念事業の一環として茨木市が全面協力、川端康成の短編小説をモチーフにした群像コメディ。息子と二人で暮らす雪子のもとに、高校時代の同級生の訃報が届く。卒業から10年の時を経て集まった同級生たちは、奇想天外な通夜を体験する。映画評論家で「インターミッション」など監督業にも進出する樋口尚文がメガホンを取った。また、川端康成の母校・大阪府立茨木高校の卒業生で、劇団とっても便利の脚本を担当、日本チャップリン協会会長を務める大野裕之が脚本を手がけた。『十六歳の日記』『師の棺を肩に』『少年』『バッタと鈴虫』『葬式の名人』『片腕』などの川端康成の短編小説を下地にしている。シングルマザーの渡辺雪子を「旅のおわり世界のはじまり」の前田敦子が、雪子共に奇想天外な通夜に翻弄される茨木高校の野球部顧問・豊川大輔を「多十郎殉愛記」の高良健吾が演じる。2019年8月16日茨木市先行ロードショー。

監督
樋口尚文
出演キャスト
前田敦子 高良健吾 白洲迅 尾上寛之
2013年

インターミッション

  • 2013年2月23日(土)
  • 監督、脚本

取り壊しが決まった名画座・銀座シネパトスを舞台に、映画の休憩時間に交わされる会話劇によるブラックコメディ。本作のために、映画を愛する豪華キャスト、スタッフが集結した。出演は、「透光の樹」の秋吉久美子、「ヒミズ」の染谷将太、「まあだだよ」の香川京子ほか。監督は、本作が劇場用映画初監督となる樋口尚文。スクリーンサイズはシーンによりシネスコ、ビスタ、スタンダードと変化。

監督
樋口尚文
出演キャスト
秋吉久美子 染谷将太 佐伯日菜子 奥野瑛太

関連ニュース

『葬式の名人』初日舞台挨拶に前田敦子が登壇!
前田敦子、AKB48時代のハードスケジュールを懐かしみ「そのスケジュールうらやましい!」 9月20日 22:10

日本人初のノーベル文学賞受賞者である川端康成の名作の数々をモチーフに、『インターミッション』(13)で映画監督デビューを飾った映画評論家の樋口尚文監督がメガホンをとった『葬式の名人』の初日舞台挨拶が20日、新宿バルト9に…

『インターミッション』の染谷将太と樋口尚文監督
染谷将太に樋口尚文監督が「秋吉久美子さんを食べちゃって」と無茶ぶり 2月22日 10:00

銀座のど真ん中でカルト的な人気を誇ってきた銀座シネパトスが、3月31日(日)に閉館する。ここでは、娯楽映画の大作から、カルト作品、過去の名作まで、様々な映画が上映されてきた。そんな懐の広い映画館の最後を惜しみ、前代未聞の…

超年の差カップルを演じた秋吉久美子と染谷将太
染谷将太&秋吉久美子、超年の差夫婦役を演じたふたりの現場とは? 2月12日 15:37

娯楽映画の大作から、カルト作品、過去の名作までを上映し、映画ファンから愛され続けてきた映画館・銀座シネパトスが、三原橋地下街の取り壊しに伴い、3月31日(日)に閉館する。その最後は、しんみりと終わるのではなく、打ち上げ花…

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/7/11更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 人物を探す > 樋口尚文