TOP > 映画監督・俳優を探す > ジョージ・メリット

年代別 映画作品( 1933年 ~ 1977年 まで合計6映画作品)

1939年

スパイは暗躍する

  • 1939年
  • 出演(Barrett 役)

「無敵艦隊」「お気に召すまま」のローレンス・オリヴィエと「無敵寒帯」「都会の雷鳴」のラルフ・リチャードソンが主演する映画でブロック・ウィリアムス、ジャック・ウィッティンガム及びアーサー・ウイムベリスが書下ろし、「茶碗の中の嵐」のイアン・ダルリンプルが脚色し、「再び戦場へ」「舗道の殺人」のティム・ウィーランが監督し、「女だけの都」のアリ・ストラドリンが撮影した。助演は「フランケンシュタインの花嫁」のヴァレリー・ホブスン、「白衣の天使」のジョージ・カーゾン、「茶碗の中の嵐」のガス・マクノートン等。

監督
ティム・ウィーラン
出演キャスト
ローレンス・オリヴィエ ラルフ・リチャードソン ヴァレリー・ホブソン ジョージ・カーゾン
1977年

第3逃亡者

  • 1977年1月8日(土)
  • 出演(Det. Sgt. Miller 役)

無実の罪を晴らそうとする男が真犯人を追うサスペンス作品。製作はエドワード・ブラック、監督はアルフレッド・ヒッチコック、脚本はチャールズ・ベネット、エドウィン・グリーンウッド、アンソニー・アームストロングの共同、原作はジョセフィン・ティー、撮影はバーナード・ノウルズ、音楽はルイス・レヴィが各々担当。出演はノヴァ・ピルビーム、デリック・ド・マーニー、パーシー・マーモント、ジョージ・カーゾンなど。

監督
アルフレッド・ヒッチコック
出演キャスト
ノヴァ・ピルビーム デリック・ド・マーニー パーシー・マーモント エドワード・リグビー
1936年

描かれた人生

  • 1936年
  • 出演(Church Warden 役)

「人生は四十二から」「白い蘭」のチャールズ・ロートンの主演する映画で、ロンドン・フィルムのアレクサンダー・コルダが「ドン・ファン」と同じく製作、監督した。脚本は「逃げちゃ嫌よ」のカール・ツックマイヤーが書卸し、ジューン・ヒードが脚色、「逃げちゃ嫌よ」「ドン・ファン」のジョルジュ・ペリナールが撮影に当たった。助演者はかつて「春宵巴里合戦」に出演した舞台の人気女優ガートルード・ローレンス、「フランケンシュタインの花嫁」「幽霊西へ行く」のエルザ・ランチェスターを始めとして「奇蹟人間」のエドワード・チャップマン、ジョン・ブライニング、アラン・ジーエス、ジョン・クレメンツ、その他である。映画中、レンブラントの画を模した場面がいくつか取り入れられていることを附記して置く。

監督
アレクサンダー・コルダ
出演キャスト
チャールズ・ロートン ガートルード・ローレンス エルザ・ランチェスター エドワード・チャップマン
1935年

海国の誉れ

  • 1935年
  • 出演(William Brown 役)

「朱金昭」「南欧横断列車510」のウォルター・フォードが監督した作品で、欧州大戦中単身でドイツ巡洋艦と戦った無名の一水平の働きに基づいて書かれたC・S・フォレスターの小説をJ・O・C・オートンが脚色、マイケル・ホーガンとジェラルド・フェアリーとが台詞を執筆した。主役はジョン・ミルズで、「永遠の緑」のべティー・バルフォアとバリー・マッケイが助演し、その他ジミー・ハンリー、「空襲と毒瓦欺」のジョージ・メリット、ハワード・マリオン・クロフォード、パーシーウォルシュ等も出演している。撮影は「ユダヤ人ジュス」のバーナード・ノウルズ。イギリス海軍省の特別援助の下に製作された映画である。

監督
ウォルター・フォード
出演キャスト
ジョン・ミルズ ベティ・バルフォア バリー・マッケイ ジミー・ハンリー
1934年

歌によせて

  • 1934年
  • 出演(Mr. Newberg 役)

「春のいざなひ」の英語版で同じくジャン・キープラが主演する映画でかつてアメリカで「虚栄地獄」「浮気禁制」等をものしたモーリス・エルヴィが監督に当たったもの。脚本はリチャード・ベンソンがオースティン・エドマンドの台詞を得て書いた。助演は「十三日の金曜日」のソニー・ヘイル及びエムリン・ウィリアムズ、新顔のアイリーン・マーソン、「ドン・ファン」のジナ・マロ等で、撮影は「十三日の金曜日」のチャールズ・ヴァン・エンガーの担当、歌は「キング・ソロモン」のミッシャ・スポリアンスキーが作曲した。

監督
モーリス・エルヴィ
出演キャスト
ジャン・キープラ ソニー・ヘイル アイリーン・マーソン エムリン・ウィリアムズ
1933年

空襲と毒瓦欺

  • 1933年
  • 出演(Captain Reichmann 役)

イギリス第一流の映画女優として人気高いマデリーン・キャロルが「極楽特急」「ブロンド・ヴィナス」のハーバート・マーシャル及び「会議は踊る」「南欧横断列車510」のコンラット・ファイトを相手に主演する映画で、大戦当時イギリス間諜たりしマーサ・マッケンナの手記に基きW・P・リプスコームが脚色し、イギリス一流の監督者たるヴィクター・サヴィルが監督に当り嘗て米国で「友愛天国」等を撮影したチャールズ・ヴァン・エンガーがキャメラを担当。助演者はジェラルド・デュモリエ、エドモンド・グウェン、ドナルド・カルスロップ、ナイジェル・ブルース等イギリス斯界の錚々たる連中である。

監督
ヴィクター・サヴィル
出演キャスト
マデリーン・キャロル ハーバート・マーシャル コンラート・ファイト ジェラルド・デュモリエ

ジョージ・メリットの関連人物

ジョージ・カーゾン  Bellenden Powell  Byron Webber  Roger Wellard  Barry Livesey 
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/10/29更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画監督・俳優を探す > ジョージ・メリット

ムービーウォーカー 上へ戻る