映画-Movie Walker > 人物を探す > ジャック・デイヴィス

年代別 映画作品( 1963年 ~ 1980年 まで合計10映画作品)

1980年

北海ハイジャック

  • 1980年5月24日(土)
  • 脚本

正体不明の7人のグループによって巨額の身代金を要求されたイギリス政府を救うフロッグマン・チームの活躍を描くアクション映画。製作総指揮はモーゼス・ロスマン、製作はエリオット・カストナー、監督は「ワイルド・ギース」のアンドリュー・V・マクラグレン、脚本はジャック・ディビス、撮影はトニー・アイミ、音楽はマイケル・J・ルイス、編集はアラン・ストラッチャンが各々担当。出演はロジャー・ムーア、ジェームズ・メイスン、アンソニー・パーキンス、マイケル・パークス、デビッド・ヘディソン、ジャック・ワトソン、ジョージ・ベイカー、ジェレミー・クライド、デイヴィッド・ウッド、フェイス・ブルックなど。日本語版監修は金田文夫。イーストマンカラー、ビスタサイズ。1980年作品。

監督
アンドリュー・V・マクラグレン
出演キャスト
ロジャー・ムーア ジェームズ・メイソン アンソニー・パーキンス マイケル・パークス
1976年

太陽にかける橋 ペーパー・タイガー

  • 1976年5月1日(土)
  • 脚本、原作

政情不安な東南アジアのある国で起こった日本大使の息子誘拐事件をめぐるサスペンス映画。製作はイアン・ロイド、監督は「モンテカルロ・ラリー」のケン・アナキン、脚本・原作はジャック・デイヴィス、撮影はジョン・カブレラ、音楽はロイ・バッドが各々担当。出演は三船敏郎、デイヴィッド・ニーヴン、安藤一人、高美似子、ハーディ・クリューガー、イレーネ・ツなど。

監督
ケン・アナキン
出演キャスト
三船敏郎 デイヴィッド・ニーヴン 安藤一人 高美似子
1969年

モンテカルロ・ラリー

  • 1969年7月19日(土)
  • 脚本

「素晴らしきヒコーキ野郎」のジャック・デイヴィスとケン・アナキンの脚本を、ケン・アナキンが製作・監督したカー・レースの物語。撮影はガボール・ポガニー、音楽はロン・グッドウィンが担当した。美術はエルベン・ウェッブ、ボリス・ジュラガ、編集はピーター・テイラー、特殊効果はディック・パーカー。車製作・技術顧問はデイヴィッド・ワトソンの担当。出演は「絞殺魔」のトニー・カーティス、「大強盗団」のスーザン・ハンプシャー、「新・黄金の七人 7×7」のテリー・トーマス、「ブロンドの罠」のミレーユ・ダルク、ゲルト・フレーベほか。テクニカラー・パナビジョン(シネラマ方式)。

監督
ケン・アナキン
出演キャスト
トニー・カーティス スーザン・ハンプシャー テリー=トーマス エリック・サイクス
1967年

泥棒貴族(1966)

  • 1967年3月16日(木)
  • 脚色

シドニー・キャロルの原作を、ジャック・デイヴィスとアルヴィン・サージェントが共同で脚色「ダイアモンド作戦」のロナルド・ニームが監督したアクション・コメディ。撮影はクリフォード・スタイン、音楽は「プロフェッショナル」のモーリス・ジャールが担当した。出演は「黄色いロールスロイス」のシャーリー・マクレーン、「国際諜報局」のマイケル・ケイン、「死刑台への招待」のハーバート・ロム、「アルバレス・ケリー」のロジャー・C・カーメルほか。製作はライフ誌のカメラマンで、これが第1作のレオ・L・フックス。

監督
ロナルド・ニーム
出演キャスト
シャーリー・マクレーン マイケル・ケイン ハーバート・ロム ロジャー・C・カーメル
1965年

素晴らしきヒコーキ野郎

  • 1965年10月9日(土)
  • 脚本

「ナポリ湾」のジャック・デイヴィスと「南海漂流」の監督ケン・アナキンの共同脚本を、ケン・アナキンが監督した飛行機黎明期を舞台にしたアクション・コメディ。撮影は「長い船団」のクリストファー・チャリス、音楽は「人間の絆」のロン・グッドウィンが担当した。出演は「リオ・コンチョス」のスチュアート・ホイットマン、「可愛い妖精」のセーラ・マイルス、「長距離ランナーの孤独」のジェームズ・フォックスのほかに、ロバート・モーリー、ジャン・ピエール・カッセル、ゲルト・フレーベ、アルバート・ソルディ、石原裕次郎など。製作は「40ポンドのトラブル」のスタン・マーグリース。

監督
ケン・アナキン
出演キャスト
スチュアート・ホイットマン セーラ・マイルス ジェームズ・フォックス アルバート・ソルディ
1963年

カミカゼ救急車

  • 1963年
  • 脚本

ジャック・デイヴィスのシナリオをロバート・アッシャーが演出したスラプスティック・コメディ。撮影はジャック・アシャー、音楽はフィリップ・グリーンが担当した。出演はノーマン・ウィズダム、エドワード・チャップマン、ジャネット・スターク、ジェリー・デスモンドなど。製作はヒュー・スチュアート。

監督
ロバート・アッシャー
出演キャスト
ノーマン・ウィズダム エドワード・チャップマン ジャネット・スターク ジェリー・デスモンド
1962年

謎の要人 悠々逃亡!

  • 1962年3月10日(土)
  • 脚本

「追いつめられて……」」「殺人鬼登場」などの製作チーム、ジュリアン・ウィントルとレスリー・パーキンの作品。「水爆持逃げ道中」のジャック・デイヴィスとヘンリー・ブライスの共同脚本を、「山の上の第三の男」「南海漂流」のケン・アナキンが監督。撮影は「上と下」のアーネスト・スチュワード。出演は、「上と下」のジェームズ・ロバートソン・ジャスティス、「魅惑の巴里」のレズリー・フィリップス、テレビ俳優のスタンリー・バクスター、ジェレミー・ロイド、エリック・サイクスなど。

監督
ケン・アナキン
出演キャスト
ジェームズ・ロバートソン・ジャスティス スタンリー・バクスター レズリー・フィリップス エリック・サイクス
1960年

ナポリ湾

  • 1960年12月13日(火)
  • 原作

マイケル・パートウィーとジャック・デイヴィスの原作を「5つの銅貨」のメルヴィル・シェイヴェルソンンが監督したコメディ。脚色はシェイブルスン、ジャック・ローズとスーソ・チェッキ・ダミーコの共同。撮影は「ベン・ハー(1959)」のロバート・サーティース、音楽をアレッサンドロ・チコニーニニとカルロ・サビーナが共同で担当。出演は「僕は御免だ」のクラーク・ゲーブル、「西部に賭ける女」のソフィア・ローレン、「ロベレ将軍」のヴィットリオ・デ・シーカ、ほかにマリエット、パオロ・カルリーニら。製作ジャック・ローズ。

監督
メルヴィル・シェイヴェルソン
出演キャスト
クラーク・ゲーブル ソフィア・ローレン ヴィットリオ・デ・シーカ マリエット
1957年

朝やけ雲

  • 1957年11月13日(水)
  • 原作

英国空軍クランウェル仕官学校を背景に描いた航空映画。ジャック・デイヴィスの書下ろしストーリーをジョセフ・ランドンとケネス・ヒューズが共同脚色、「旅券八二四一の女」のジョン・ギリングが監督した。撮影は「オドンゴ」のテッド・ムーア、音楽は「わかれ」のケン・ジョーンズと、ダグラス・ガムリーの二人が作曲、ミューア・マシーソン指揮のシンフォニア・オブ・ロンドンが演奏している。主演は「リスボン」のレイ・ミランド、「海の荒くれ」のアンソニー・ニューリー、「戦艦シュペー号の最後」のバーナード・リー、「撃滅戦車隊三〇〇〇粁」のヘレン・チェリー、それにケネス・ヘイグ。

監督
ジョン・ギリング
出演キャスト
レイ・ミランド バーナード・リー ケネス・ヘイグ アンソニー・ニューリー
1955年

水爆持逃げ道中

  • 1955年11月29日(火)
  • 脚本

水爆問題を皮肉った諷刺喜劇で、イタリア映画界からイギリスに移ったマリオ・ザンピが製作・監督し、脚本はジャック・デイヴィスとマイケル・パートウィーが共同担当している。撮影は「第三の男」のスタンリー・ペーヴィ、音楽はスタンリー・ブラック。主な出演者は「裸の島」のジョージ・コール、「白銀の嶺」のオスカー・ホモルカ、「鷲の谷」のナディア・グレイ、フレデリック・ヴァルク、など。英マリオ・ザンピ・プロダクション。

監督
マリオ・ザンピ
出演キャスト
ジョージ・コール オスカー・ホモルカ ナディア・グレイ フレデリック・ヴァルク
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY
ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY

DCコミックスの人気キャラクター、ハーレイ・クインを主人公に描くアクション

三島由紀夫VS東大全共闘 50年目の真実
三島由紀夫VS東大全共闘 50年目の真実

1969年の東大全共闘との討論会を通して作家・三島由紀夫の生き様を浮き彫りにする

ジュディ 虹の彼方に
ジュディ 虹の彼方に

ミュージカル女優ジュディ・ガーランドの実話を基にレネー・ゼルウィガー主演で映画化

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ジャック・デイヴィス