TOP > 映画監督・俳優を探す > レベッカ・ハウスネット

年代別 映画作品( 2012年 ~ 2012年 まで合計1映画作品)

2012年

ファースト・ポジション 夢に向かって踊れ!

  • 2012年12月1日(土)
  • 出演

プロを目指して世界最高峰のバレエ・コンクールに挑む6人の子供たちを追ったドキュメンタリー。製作・監督・編集を手がけたのは、本作で監督デビューを飾るベス・カーグマン。ユース・アメリカ・グランプリは、世界の名門スクールやバレエ団への足がかりとなるバレエ・コンクール。国籍を問わず世界中から毎年5000人を超える応募があり、世界各地での予選後、ニューヨークで行われる最終選考に残るのは200~300人。コンクールに挑む11歳の金髪少年、アラン・ベルは、その小さな体から才能がありありと見て取れる。痛いストレッチャーにも限界を超えるほど耐えているのは、バレエが好きでたまらないから。シエラレオネ生まれのミケーラは、4歳でアメリカ人夫妻の養女になり、現在14歳。黒い肌、筋肉質な体型というハンデをも跳ね返す決意のミケーラは特訓の成果も上々だったが、本番直前、足に異変が……。金髪に青い瞳、白い肌、17歳のレベッカは、アメリカのドラマに出てくるセレブ高校生そのもの。裕福な家庭で何不自由なく育ち、高校生活をエンジョイしながらプロのダンサーになるという夢のために涙ぐましい努力も重ねてきた。16歳のジョアンは、故郷のコロンビアで才能を見い出され、一人で渡米。たゆまぬ努力は家族のため。まだまだ母親が恋しく、甘えたくてすぐに電話をかけるが、そのたびに両親からはプレッシャーをかけられる。しかし最終選考を前に久しぶりに帰郷してリフレッシュできた。カリフォルニア州に住む12歳のミコと10歳のジュールズは、日英ハーフの姉弟。日本人のママ、サトコはいわゆるステージママだ。姉のミコは情熱を持ち、普通の子どもらしい生活を諦めてまでも、よりレッスン時間が取れる自宅学習を選択する。だが天真爛漫でマイペースなジュールズは、姉ほどの才能も情熱も持てず、もう踊りたくないと言い出す始末。そんな中、いよいよファイナルステージの幕が切って落とされた……。

監督
ベス・カーグマン
出演キャスト
アラン・ベル ミケーラ・デ・プリンス ジョアン・セバスチャン・ザモーラ ミコ・フォーガティ
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/9/18更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画監督・俳優を探す > レベッカ・ハウスネット

ムービーウォーカー 上へ戻る