映画-Movie Walker > 人物を探す > クレイトン・ヘール

年代別 映画作品( 1918年 ~ 1952年 まで合計23映画作品)

1952年

ポーリンの冒険

  • 1952年12月25日(木)公開
  • 出演(Marcelled_Leading_Man 役)

往年の連続映画の女王とうたわれたパール・ホワイトの伝記映画で、テクニカラーの1947年作品。製作はソル・C・シーゲル、監督は「愛と血の大地」のジョージ・マーシャルで、P・J・ウルフソンの原作により、ウルフスンと「ネブラスカ魂」のフランク・バトラーが脚色した。撮影は「誰が為に鐘は鳴る」のレイ・レナハン、作曲はロバート・エメット・ドーランの担当。主演は「アニーよ銃をとれ」のベティ・ハットンと「夜は千の眼を持つ」のジョン・ランドで、「ジョルスン物語」のビリー・デ・ウルフ、「ジョルスン再び歌う」のウィリアム・デマレスト、舞台女優のコンスタンス・コリアらが助演するほか、サイレント時代のスター、ウィリアム・ファーナム、ポール・パンザー、クレイトン・ヘール、チェスター・コンクリンらも出演している。

監督
ジョージ・マーシャル
出演キャスト
ベティ・ハットン ジョン・ランド ビリー・デ・ウルフ ウィリアム・デマレスト
1933年

仮面の男(1933)

  • 1933年当年公開
  • 出演(Lakely 役)

「人類の戦士」「シナラ」に次ぐコナンド・コールマン主演映画で、キャサリン・セシル・サーストン作の小説に基づくジョン・ハンター・ブースの舞台劇を映画化したもの。脚色には「シマロン(1931)」「満豪龍騎隊」のハワード・エスタブルックが当たり、「地下の雷鳴」のリチャード・ウォーレスが監督した。撮影は「カンターの闘牛師」「劇場王ブラウン」のグレッグ・トーランドの担任。助演者は「暴君ネロ(1932)」「地下特急」のエリッサ・ランディ、「悪魔と深海」「借りた人生」のジュリエット・コンプトン、ハリウェル・ホッブス、デヴィッド・トレンス、ヘレン・ジェローム・エディー等である。

監督
リチャード・ウォーレス
出演キャスト
ロナルド・コールマン エリッサ・ランディ ジュリエット・コンプトン ハリウェル・ホッブス
1930年

恋の大分水嶺

  • 1930年当年公開
  • 出演(Edgar 役)

1925年にM・G・M社の手で映画化されたことのあるウィリアム・ヴォーン・ムーディー氏原作の舞台劇を「魔の海」のフレッド・マイトン氏が脚色し、「虹晴」「曙光の森」のレジナルド・バーカー氏が監督し「彼の捕えし女」「船頭さん可愛や」のリー・ガームス氏が撮影したもので、主演者は「マネキンの夢」「歓楽地帯」のドロシー・マッケール嬢、これを助けて「幻の街」のアイアン・キース氏、「ノアの箱船」「砂漠の歌」のマーナ・ローイ嬢、「硝子箱の處女」のルシアン・リトルフィールド氏、「恋の走馬燈」のクロード・ギリングウォーター氏、ジョージ・フォーセット氏、ロイ・スチュアート氏、クレイトン・ヘール氏等が出演している。

監督
レジナルド・バーカー
出演キャスト
ドロシー・マッケール アイアン・キース ルシアン・リトルフィールド ベン・ヘンドリックス
1928年

ローズマリー(1928)

  • 1928年当年公開
  • 出演(Etienne_Duray 役)

「密輸入者の恋」「荒原の勝利者」等出演のジョーン・クローフォード嬢が主役を演ずる映画でオットー・ハーバッハ、オスカー・ハマースタイン2世両氏合作の同名の舞台劇を映画化したもの。「西部魂(1926)」「砂金地獄」の脚色者ルシエン・ハバード氏が脚色監督し、「活動役者」「楽園に帰る(1928)」のジョン・アーノルド氏が撮影した。助演者はジェームズ・マレイ氏、「嵐の虜」「戦火」のハウス・ピーターズ氏、「猫とカナリヤ」「アンニー・ローリー」のクレイトン・ヘール氏、「グリード」「紅白乱舞」のギブソン・ゴウランド氏等でハリー・グリポン氏、ウィリアム・オーラモンド氏、ポリー・モーラン嬢等も出演している。

監督
ルシエン・ハバード
出演キャスト
ジョーン・クロフォード ジェームズ・マレイ ハウス・ピータース クレイトン・ヘール
1927年

アンニー・ローリー

  • 1927年当年公開
  • 出演(Donald 役)

「憧れの水兵」「センチメンタル・トミー」等と同じくジョン・S・ロバートソン監督作品で、良き協力者ジョセフィン・ラヴェットが、有名な歌「アニー・ローリー」にヒントを得て脚本を執筆したもの。主役は「ラ・ボエーム」「真紅の文字」のリリアン・ギッシュ、「君が為め命捧げん」「西空の下に」のノーマン・ケリーが相手役を演じ、「猫とカナリヤ」のクレイトン・ヘール、ジョセフ・ストライカー、ホバート・ボスウォース、パトリシア・エイヴリー、ラッセル・シンプソン、ブランドン・ハーストらが助演する。

監督
ジョン・S・ロバートソン
出演キャスト
リリアン・ギッシュ ノーマン・ケリー クレイトン・ヘール ジョセフ・ストライカー

猫とカナリヤ

ドイツに於いて「裏町の怪老窟」を作って一挙に名声を高めたパウル・レニの渡米後第一回監督作品で戦慄に満ちた探偵劇である。原作はジョン・ウイラードの舞台劇で数年前米英両国に於いて好評を得たもの。それをアルフレッド・A・コーンが映画脚色した。主役は「恋愛保険」「混線脱線スターは誰だ」等出演のローラ・ラ・プラントで、「赤ん坊万歳」「爆笑七日間」等出演のクレイトン・ヘール、「禁断の果実」[武士道華やかなりし頃」出演のフォーレスト・スタンリイ氏が共演し、タリイ・マーシャル、ガートルード・アスター、アーサー・エドモンド・カリュー、マーサ・マトックス、ジョージ・シーグマン、ルシアン・リトルフィールド等が助演している。

監督
パウル・レニ
出演キャスト
ローラ・ラ・プラント クレイトン・ヘール フォレスト・スタンレー タリー・マーシャル
1926年

赤ちゃん万歳

  • 1926年当年公開
  • 出演(Arthur_Graham 役)

「半時間」「ボヘミアン・ガール」等と同じくハーレー・ノールズ氏が監督したもので氏自ら原作を書き、アーサー・ホエール氏が脚色の任に当った。主役は新進の珍優リトル・ビリー氏で、「紫雲の彼方へ」「嘆くな姫君」等主演のマッジ・ケネディー嬢、「美人食客」「喧嘩両成敗」等出演のデイヴィッド・バトラー氏、「汝の母を如何せん」等出演のクレイトン・ヘール氏及び「のんきなおばさん」等出演のエセル・シャノン嬢が共演している。

監督
ハーレイ・ノールズ
出演キャスト
リトル・ビリー マッジ・ケネディー デイヴィッド・バトラー クレイトン・ヘール

憧れの国

  • 1926年当年公開
  • 出演(Prince_Oscar 役)

ジョージ・バー・マッカンチョン氏の小説の映画化で、アグネス・クリスティン・ジョンストン女史が脚色し、タルマッジ姉妹の映画を長らく監督していたシドニー・A・フランクリン氏が監督したものである。主役は「武士道華かなりし頃」「我が懐かしの紐育」「オランダ姫」等主演のマリオン・デイヴィース嬢で、「あれ」「明眸罪あり」のアントニオ・モレノ氏が相手役を演ずるほか、「猫とカナリア」のクレイトン・ヘール氏、「最後の警告」のロイ・ダルシー氏、「ローンウルフ」のポーレット・デュヴァル嬢、「四人の息子(1928)」のアルバート・グラン氏、等が助演として出演する。

監督
シドニー・A・フランクリン
出演キャスト
マリオン・デイヴィス アントニオ・モレノ クレイトン・ヘール ロイ・ダルシー
1925年

喧嘩両成敗

  • 1925年当年公開
  • 出演(Danny_Kester 役)

ガイ・ボルトン氏作の舞台劇に基いてケネス・B・クラーク氏が脚色し、「なまけ者」「秘密」等と同じくフランク・ボーゼージ氏が監督したもので、俳優は「サンキュー」等出演のジャクリーン・ローガン嬢を始めクレイトン・ヘール氏、ザス・ピッツ嬢、アール・フォックス氏、クロード・ギリングウォーター氏、デイヴィッド・バトラー氏、マーガレット・リヴィングストン嬢、マーガレット・セドン嬢及びダン・メーソン氏等の賑やかな顔振れである。

監督
フランク・ボーゼージ
出演キャスト
ジャクリーヌ・ローガン クレイトン・ヘール ザス・ピッツ アール・フォックス

爆笑七日間

  • 1925年当年公開
  • 出演(Jim_Wilson 役)

「のんきなおばさん」「離婚希望」等と同じくスコット・シドニー氏が監督したクリスチー長編喜劇でメアリー・ロバーツ・ラインハート女史とエイヴァリー・ホツプウッド氏の合作喜劇を映画化したもの。脚色者はフランク・ローランド・クンクリン氏である。主演者は「黄金の寝床」「珍結婚」等出演のリリアン・リッチ嬢、「汝の母を如何せん」「赤ちゃん万歳」等出演のクレイトン・ヘール氏、「陽気なパリっ子」「ジョーンズの大事件」等出演のリリアン・タッシュマン嬢で、メイベル・ジュリエンヌ・スコット嬢、ハル・クーリー氏、トム・ウイルソン氏、エデイー・グリボン氏、ウィリアム・オースティン氏等が共演している。

監督
スコット・シドニー
出演キャスト
リリアン・リッチ クレイトン・ヘール リリアン・タッシュマン メイベル・ジュリエンヌ・スコット
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > クレイトン・ヘール