映画-Movie Walker > 人物を探す > サム・シェパード

年代別 映画作品( 1970年 ~ 2014年 まで合計36映画作品)

2014年

アメリカンレガシー

  • 2014年5月3日(土)
  • 監督、脚本

「マイ・ブラザー」の俳優サム・シェパードの監督2作目となる異色のアート西部劇。ネイティブ・インディアンの血を引く嫁の亡霊に苦しめられる牧場主一家を描く。出演は、「ハリー・ポッター」シリーズのリチャード・ハリス、「スタンド・バイ・ミー」のリヴァー・フェニックス。第6回東京国際映画祭正式上映作品。

監督
サム・シェパード
出演キャスト
リチャード・ハリス アラン・ベイツ ダーモット・マローニー リヴァー・フェニックス
1994年

ペリカン文書

  • 1994年4月29日(金)
  • 出演(Thomas Callahan 役)

自分の書いた論文が、偶然にも政界の暗部を突いていたために国家的規模の陰謀に巻き込まれ、命を狙われる女子大生の危難を描いたサスペンス・ミステリー。「ザ・ファーム 法律事務所」のジョン・グリシャムの同名小説を、「大統領の陰謀」「推定無罪」のアラン・J・パクラの製作・監督・脚本で映画化。共同製作は監督の前作「隣人」でも組んだピーター・ジャン・ブルッグ。撮影は「リーサル・ウェポン」シリーズのスティーブン・ゴールドブラット、音楽は「顔のない天使」のジェームズ・ホーナーが担当。主演は「プリティ・ウーマン」のジュリア・ロバーツ。共演は「から騒ぎ」のデンゼル・ワシントン、「ロンリー・ハート」のサム・シェパード、「カフス!」のトニー・ゴールドウィン、「クリフハンガー」のジョン・リスゴーら。

監督
アラン・J・パクラ
出演キャスト
ジュリア・ロバーツ デンゼル・ワシントン サム・シェパード トニー・ゴールドウィン
1993年

ディフェンスレス 密会

  • 1993年9月11日(土)
  • 出演(Beutel 役)

ポルノ映画業界に起こった殺人事件に巻きこまれていく女性弁護士の姿を描くサスペンス・ドラマ。監督はニュージーランド出身で、イギリスのテレビで活躍していたマーティン・キャンベル。製作は「フラミンゴ・キッド」のレニー・ミセル、デイヴィッド・ボンビック。エグゼクティヴ・プロデューサーはスチュアート・ベンジャミンと「愛を殺さないで」のテイラー・ハックフォード。「モーニングアフター」のジェームズ・ヒックスとジェフ・バークハートの原案をもとに、ヒックスが脚本を執筆。撮影は「オーメン 最後の闘争」のフィル・メヒュー、音楽はカート・ソベルが担当。主演は「フォーリング・ダウン」のバーバラ・ハーシー。他に「ボイジャー」のサム・シェパード、「ニューヨークの奴隷たち」のメアリー・ベス・ハート、「山猫は眠らない」のJ・T・ウォルシュらが共演。

監督
マーティン・キャンベル
出演キャスト
バーバラ・ハーシー サム・シェパード メアリー・ベス・ハート J・T・ウォルシュ
1991年

ボイジャー

  • 1991年11月2日(土)
  • 出演(ウォルター・フェイバー 役)

中年の男と若い娘の運命に操られた恋を、世界各地の風景の中で描く、ギリシア悲劇の「オイディプス王」を彷彿させるラブ・ロマンス。監督はフォルカー・シュレンドルフ。出演はサム・シェパード、ジュリー・デルピーほか。

監督
フォルカー・シュレンドルフ
出演キャスト
サム・シェパード バーバラ・スコヴァ ジュリー・デルピー
1990年

マグノリアの花たち

  • 1990年4月20日(金)
  • 出演(Spud_Jones 役)

ルイジアナ州の小さな町の6人の女性たちの心の交流と友情を描くドラマ。エグゼクティヴ・プロデューサーはヴィクトリア・ホワイト、製作はレイ・スターク、監督は「ダンサー」のハーバート・ロス、脚本・原作戯曲はロバート・ハーリング、撮影はジョン・A・アロンソ、音楽はジョルジュ・ドルリューが担当。出演はサリー・フィールド、ドリー・パートンほか。

監督
ハーバート・ロス
出演キャスト
サリー・フィールド ドリー・パートン シャーリー・マクレーン ダリル・ハンナ

ファーノース

  • 1990年7月7日(土)
  • 監督、脚本

久しぶりに故郷の田舎町に帰郷した娘をとりまく家族の姿を描く人間ドラマ。エグゼクティヴ・プロデューサーはシェップ・ゴードン、製作はキャロライン・ファイファーとマルコム・R・ハーディング、監督・脚本は本作品が監督デビュー作となるサム・シエパード、撮影はロビー・グリーンバーグ、音楽はザ・レッド・クライ・ランブラーズが担当。出演はジェシカ・ラング、チャールズ・ダーニングほか。

監督
サム・シェパード
出演キャスト
ジェシカ・ラング チャールズ・ダーニング テス・ハーパー ドナルド・モファット
1988年

赤ちゃんはトップレディがお好き

  • 1988年3月26日(土)
  • 出演(Dr.Jeff_Cooper 役)

思いがけなく赤ちゃんの面倒をみることになったキャリア・ウーマンのとまどいと愛情を描く。製作はナンシー・マイヤーズ、監督はチャールズ・シャイアー、脚本はメイヤーズとシャイアー、撮影はウィリアム・A・フレイカー、美術はジェフリー・ハワード、音楽はビル・コンティが担当。出演はダイアン・キートン、サム・シェパード、ハロルド・レイミスほか。

監督
チャールズ・シャイアー
出演キャスト
ダイアン・キートン ハロルド・ライミス サム・ワナメーカー ジェームズ・スペイダー
1987年

ロンリー・ハート(1986)

  • 1987年4月18日(土)
  • 出演(Doc_Porter 役)

現在のアメリカ映画を代表する3人の女優ーダイアン・キートン、ジェシカ・ラング、シシー・スペイセクが、姉妹に扮して、特別な絆に結ばれた、それぞれに傷つきやすい女性像を演じたシリアス・ドラマ。ピュリッツァー賞を受賞したべス・ヘンリーの3幕物戯曲Crimes of the Heartが原作で、作者自ら脚本を執筆した。製作は「アメリカン・ジゴロ」のフレディー・フィールズ・監督は「テンダー・マーシー」(日本未公開)でアカデミーにノミネートされたオーストラリア出身のブルース・ベレスフォード。撮影はダンテ・スピノッティ、音楽は数々の名曲を手がけたジョルジュ・ドルリューが担当。共演は「フール・フォア・ラブ」のサム・シェパードほか。

監督
ブルース・ベレスフォード
出演キャスト
ダイアン・キートン ジェシカ・ラング シシー・スペイセク サム・シェパード
1986年

フール・フォア・ラブ

  • 1986年8月2日(土)
  • 脚色、原作戯曲、出演(Eddie 役)

ニュー・メキシコの砂漠にあるモーテルを舞台に近親相姦の深みでもがく兄妹の姿を描く。監督は「三人の女」のロバート・アルトマン。俳優としても知られるサム・シェパードの戯曲を基にシェパード自ら脚色・主演、撮影はピエール・ミニョー、音楽はジョージ・バート、主題歌はサンディ・ロジャーズが担当。共演はキム・ベイシンガー、ハリー・ディーン・スタントンなど。

監督
ロバート・アルトマン
出演キャスト
サム・シェパード キム・ベイシンガー ハリー・ディーン・スタントン ランディ・クエイド
1985年

パリ、テキサス

  • 1985年9月7日(土)
  • 脚本

テキサスを舞台にひとり放浪していた男が妻子と再会するがまた再び去ってゆく姿を描く。製作はクリス・ジーヴァニッヒ、エグゼクティヴ・プロデューサーはアナトール・ドーマン、監督は「ことの次第」のヴィム・ヴェンダース、脚本は「カントリー」等で役者として知られるサム・シェパード、脚色はL・M・キット・カーソン、撮影はロビー・ミュラー、音楽はライ・クーダー、編集はペーター・プルツィゴッダが担当。出演はハリー・ディーン・スタントン、ナスターシャ・キンスキーなど。

監督
ヴィム・ヴェンダース
出演キャスト
ハリー・ディーン・スタントン ナスターシャ・キンスキー ディーン・ストックウェル オロール・クレマン

関連ニュース

殺し屋ジャッキー・コーガンを演じるブラッド・ピット
ブラッド・ピット主演『Killing Them Softly』邦題&日本公開日が決定! 2012年11月22日 18:00

2012年開催の第65回カンヌ国際映画祭に出品された、ブラッド・ピットが主演を務める『Killing Them Softly』(全米11月30日公開)の邦題が『ジャッキー・コーガン』として、2013年4月26日(金)に日…

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY
ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY

DCコミックスの人気キャラクター、ハーレイ・クインを主人公に描くアクション

三島由紀夫VS東大全共闘 50年目の真実
三島由紀夫VS東大全共闘 50年目の真実

1969年の東大全共闘との討論会を通して作家・三島由紀夫の生き様を浮き彫りにする

ジュディ 虹の彼方に
ジュディ 虹の彼方に

ミュージカル女優ジュディ・ガーランドの実話を基にレネー・ゼルウィガー主演で映画化

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > サム・シェパード