TOP > 人物を探す > キャサリン・ダンハム

年代別 映画作品( 1942年 ~ 2010年 まで合計5映画作品)

2010年

鏡の中のマヤ・デレン

  • 2010年1月9日(土)
  • 出演

カンヌ国際映画祭実験部門グランプリ受賞作品「午後の網目」ほか6本の映画によって映画史に名を残し、アンディ・ウォーホルらに影響を与えた女性監督、マヤ・デレンの人生を紐解くドキュメンタリー。監督は、「マリー・メンケンについてのノート」のマルティナ・クドゥラーチェク。ウィーン国際映画祭グランプリ受賞作品。

監督
マルティナ・クドゥラーチェク
出演キャスト
マヤ・デレン Miriam Arsham スタン・ブラッケージ チャオ・リー・チ
1955年

マンボ

  • 1955年4月26日(火)
  • ダンスナンバー作詞、振り付け、出演(Katherine_Dunham 役)

「ユリシーズ」のカルロ・ポンティ、ディノ・デ・ラウレンティスがパラマウントと提携して製作した1954年作品。グイド・ピオヴェーネ、イーヴォ・ペリッリ、エンニオ・デ・コンチーニのイタリア側ライターとロバート・ロッセンが脚本を書き、「暴力に挑む男」(脚本)のロバート・ロッセンが監督に当たった。撮影は「ユリシーズ」のハロルド・ロッソン、音楽はニーノ・ロータとアンジェロ・フランチェスコ・ラヴァニーノである。「ユリシーズ」のシルヴァーナ・マンガーノ以下、「デジレ」のマイケル・レニー、「ラプソディー」のヴィットリオ・ガスマン、「サスカチワンの狼火」のシェリー・ウィンタース、黒人バレリーナのキャサリン・ダンハム、エドワード・チアネーリらが出演する。

監督
ロバート・ロッセン
出演キャスト
シルヴァーナ・マンガーノ マイケル・レニー ヴィットリオ・ガスマン シェリー・ウィンタース
1949年

迷路

  • 1949年12月
  • 出演(Odette 役)

「望郷」として好評を博したデテクティヴ・アシェルベの「ペペ・ル・モコ」のハリウッドにおける2度目の映画化で、脚色には「新婚第一歩」のラディスラウス・ブス・フェケテとアーノルド・マノフが協力し監督には「初恋時代」のジョン・ベリィが当たった。撮影はアーヴィング・グラスバーグである。主役は「美人劇場」のトニー・マーティンで、彼はナット・C・ゴールドストーンと共にこの映画のプロデューサーで彼の歌を聞かせるのが主なので、音楽台本は「会議は踊る」のエリック・シャレルが書き、いくつかの歌曲はレオ・ロビン作詩、ハロルド・アーレン作曲である。我がスクリーンには初お目見得のイヴォンヌ・デ・カーロと、スエーデンから来たマルタ・トーレン、「毒薬と老嬢」のピーター・ローレがマーティンと共に主演し新顔のトーマス・ゴメス、「美しき被告」のダグラス・ディック、キャサリン・ダンハム等が助演する1948年度作品。

監督
ジョン・ベリー
出演キャスト
イヴォンヌ・デ・カーロ トニー・マーティン ピーター・ローレ マータ・トーレン
1988年

ストーミー・ウェザー

  • 1988年12月3日(土)
  • 出演(Ballet Dancer 役)

27年にわたるある男女の愛の行方を描くブラック・ミュージカル。製作はウィリアム・ルバロン、監督はアンドリュー・L・ストーン。ジェリー・ホーウィンとシーモア・B・ロビンソンの原作を基に、脚本はフレデリック・J・ジャクソンとテッド・コーラーの共同、脚色はH・S・クラフト、撮影はレオン・シャムロイ、音楽はエミール・ニューマンとベニー・カーターが担当。出演はリナ・ホーン、ビル・ロビンソンほか。

監督
アンドリュー・L・ストーン
出演キャスト
リナ・ホーン ビル・ロビンソン キャブ・キャロウェイ ファツ・ウォーラー
1942年

凸凹宝島騒動

  • 1942年
  • 振り付け

「凸凹お化け騒動」と同じくバッド・アボットとルー・コステロが主演する喜劇で 、「お化け騒動」のジョン・グラントがトルー・ボードマン、ナット・ペリンと協力して書き下ろした台本により「潜水艦SOS」のアール・C・ケントンが監督し、「スポイラース(1942)」のミルトン・クラスナーが撮影した。「歓楽の女王」のヴァジニア・ブルース、「街道巡羅隊」のロバート・ペイジらが助演している。

監督
アール・C・ケントン
出演キャスト
バッド・アボット ルー・コステロ ヴァージニア・ブルース ロバート・ペイジ
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/8/13更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 人物を探す > キャサリン・ダンハム

ムービーウォーカー 上へ戻る