映画-Movie Walker > 人物を探す > サム・ワナメーカー

年代別 映画作品( 1954年 ~ 1991年 まで合計22映画作品)

1991年

真実の瞬間(1991)

  • 1991年11月2日(土)公開
  • 出演(Felix_Graff 役)

50年代のハリウッドを直撃し、映画史を歪ませた赤狩りを背景に、一人の映画監督の姿を描く。監督・脚本に「ロッキー」などで知られるアーウィン・ウィンクラー。俳優ジョン・ベリーの実体験をもとにした脚本を執筆し、これが初メガホンである。製作総指揮はスティーヴン・ルーサー。撮影はミハエル・バルハウス。音楽はジェームズ・ニュートン・ハワード。

監督
アーウィン・ウィンクラー
出演キャスト
ロバート・デ・ニーロ アネット・ベニング ジョージ・ウェント サム・ワナメーカー
1988年

ペーパー・ファミリー

  • 1988年12月24日(土)公開
  • 出演(David_Kessler 役)

両親の離婚によって不安定な生活を強いられた彼の子供が、逆に親達を告訴するというコメディー映画。エグゼクティヴ・プロデューサーはナンシー・メイヤーズ、製作はアーリン・セラーズとアックス・ウィニトスキー、監督・脚本はチャールズ・シャイアーで本作品が監督デビュー作になる。共同脚本は「プライベート・ベンジャミン」でもコンビを組んだナンシー・メイヤーズ、撮影はウィリアム・A・フレイカー、音楽はポール・ド・セネバルとオリヴィエ・トウサンが担当。主演はライアン・オニール、シェリー・ロング、ドリュー・バリモアほか。

監督
チャールズ・シャイアー
出演キャスト
ライアン・オニール シェリー・ロング ドリュー・バリモア シャロン・ストーン

赤ちゃんはトップレディがお好き

  • 1988年3月26日(土)公開
  • 出演(Fritz 役)

思いがけなく赤ちゃんの面倒をみることになったキャリア・ウーマンのとまどいと愛情を描く。製作はナンシー・マイヤーズ、監督はチャールズ・シャイアー、脚本はメイヤーズとシャイアー、撮影はウィリアム・A・フレイカー、美術はジェフリー・ハワード、音楽はビル・コンティが担当。出演はダイアン・キートン、サム・シェパード、ハロルド・レイミスほか。

監督
チャールズ・シャイアー
出演キャスト
ダイアン・キートン ハロルド・レイミス サム・ワナメーカー ジェームズ・スペイダー
1986年

ゴリラ(1986)

  • 1986年9月6日(土)公開
  • 出演(Patrovita 役)

「ターミネーター」「コマンドー」のアーノルド.シュワルツェネッガーがFBI捜査官に扮したアクション映画。製作はマーサ・シュマッチャー、監督は「チャンピオンズ」のジョン・アーヴィン、脚本はゲーリー・M・デュヴォアとノーマン・ウェクスラー、撮影はアレックス・トムソンが担当。出演は他に、キャスリン・ハロルド、ダレン・マックギャヴィン、サム・ワナーメーカーなど。

監督
ジョン・アーヴィン
出演キャスト
アーノルド・シュワルツェネッガー キャスリン・ハロルド ダレン・マッガヴィン サム・ワナメーカー
1981年

プライベート・ベンジャミン

  • 1981年4月25日(土)公開
  • 出演(Teddy_Benjamin 役)

2度の結婚に失敗した世間知らずの富豪の娘が、ひょんなことから軍隊に入り、騒動を起こしながらも自我を確立していく姿を描くコメディ映画。製作総指揮は主演も兼ねるゴールディ・ホーン、製作・脚本はナンシー・マイヤーズ、チャールズ・シャイアー、ハーベイ・ミラー、監督は「メーン・イベント」のハワード・ジーフ、撮影はデイヴィッド・M・ウォルシュ、音楽はビル・コンティ、編集はシェルドン・カーンが各々担当。出演はゴールディの他にアイリーン・ブレナン、アーマンド・アサンテ、ロバート・ウエッバー、サム・ワナメイカー、バーバラ・バリー、マイクル・プレイス、ハリー・ディーン・スタントンなど。

監督
ハワード・ジーフ
出演キャスト
ゴールディ・ホーン アイリーン・ブレナン アーマンド・アサンテ ロバート・ウェバー

コンペティション

  • 1981年4月18日(土)公開
  • 出演(Andrew_Erskine 役)

ピアニストになるために青春のすべてをかけてきた青年と少女のコンクールをめぐっての競争心と恋の葛藤を描く。製作総指揮はハワード・パイン、製作はウィリアム・サックハイム、監督は「ロンゲスト・ヤード」などの脚本を手がけたジョエル・オリアンスキー。オリアンスキーとウィリアム・サックハイムの原案を基にオリアンスキーが脚色。撮影はリチャード・H・クライン、音楽はラロ・シフリン、編集はデイビッド・ブルーイットが各々担当。出演はリチャード・ドレイファス、エイミー・アーヴィング、リー・レミック、サム・ワナメイカー、ジョセフ・カリ、タイ・ヘンダースン、ビッキー・クリーグラー、フィリップ・スターリング、アダム・スターンなど。

監督
ジョエル・オリアンスキー
出演キャスト
リチャード・ドレイファス エイミー・アーヴィング リー・レミック サム・ワナメーカー
1980年

戦争と友情

  • 1980年5月17日(土)公開
  • 出演(Ray McDonald 役)

1939年の夏、パリで知り合った6人の男女が、第2次大戦を経て友情を貫く姿を描く。製作総指揮はエドモンド・アマティ、監督は「サンドカン総攻撃」などで知られるイタリア名ウンべルト・レンツィのハンク・マイルストーン、脚本はトニー・フリッツ、撮影はホセ・ルイス・アルカイネ、音楽はリズ・オルトラーニ、編集はヴィンセント・P・トーマス、美術はジョゼフ・バッサムが各々担当。出演はジョージ・ぺパード、アニー・デュプレー、ジョージ・ハミルトン、ホルスト・ブッフホルツ、サム・ワナメーカー、ジャン・ピエール・カッセル、キャプシーヌ、レイモンド・ラヴロックなど。

監督
ハンク・マイルストーン
出演キャスト
ジョージ・ペパード アニー・デュプレー ジョージ・ハミルトン ホルスト・ブッフホルツ
1977年

さすらいの航海

  • 1977年8月27日(土)公開
  • 出演(Carl 役)

第2次大戦前夜、ドイツからユダヤ人を乗せた客船が第2の故郷をもとめて旅する姿を描く実話の映画化。製作はロバート・フライヤー、監督は「新・動く標的」のスチュアート・ローゼンバーグ、脚本はスティーブ・シェイガンとデイヴィッド・バトラー、原作はゴードン・トマスとマックス・モーガン・ウィッツのノンフィクション「絶望の航海」(早川書房刊)、撮影はビリー・ウィリアムス、音楽はラロ・シフリンが各々担当。出演はフェイ・ダナウェイ、オスカー・ヴェルナー、マックス・フォン・シドー、マルコム・マクドウェル、リン・フレデリック、リー・グラント、キャサリン・ロス、オーソン・ウェルズ、ベン・ギャザラ、ジェームズ・メイソン、ホセ・フェラー、フェルナンド・レイ、マリア・シェル、サム・ワナメーカーなど。

監督
スチュアート・ローゼンバーグ
出演キャスト
フェイ・ダナウェイ オスカー・ヴェルナー マックス・フォン・シドー マルコム・マクダウェル

シンドバッド 虎の目大冒険

  • 1977年8月20日(土)公開
  • 監督

魔法使いに呪いをかけられた王子を救うべく、極地の謎の秘境へ旅立つシンドバッドの冒険を特撮で描くシリーズ第3弾。製作はチャールズ・H・シニアとレイ・ハリーハウゼン、監督は「マーベリックの黄金」のサム・ワナメイカー、脚本はビヴァリー・クロス、原案はビヴァリー・クロスとR・ハリーハウゼン、撮影はテッド・ムーア、特殊効果はR・ハリーハウゼン、音楽はロイ・バッドが各々担当。出演はパトリック・ウェイン、タリン・パワー、マーガレット・ホワイティング、ジェーン・シーモア、パトリック・トラフトン、カート・クリスチャン、ダミアン・トーマスなど。

監督
サム・ワナメーカー
出演キャスト
パトリック・ウェイン タリン・パワー マーガレット・ホワイティング ジェーン・シーモア
1976年

暗殺者を撃て

  • 1976年10月16日(土)公開
  • 出演(Sickles 役)

スパイ、逆スパイ、裏切り、大国間の緊張緩和を描いたアクション映画。製作はジョゼフ・シャフテル、監督は「ダーティハンター」のピーター・コリンソン、脚本はマレー・スミスとジャドソン・キンバーグ、撮影はアーサー・イベットソンが各々担当。出演はリチャード・ウィドマーク、オリヴァー・リード、ゲイル・ハニカット、サム・ワナメーカーなど。

監督
ピーター・コリンソン
出演キャスト
リチャード・ウィドマーク オリヴァー・リード ゲイル・ハニカット サム・ワナメーカー
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > サム・ワナメーカー