映画-Movie Walker > 人物を探す > ガブリエレ・フェルゼッティ

年代別 映画作品( 1953年 ~ 2019年 まで合計34映画作品)

2019年

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ザ・ウェスト

  • 2019年9月27日(金)公開予定
  • 出演

日本初公開時邦題「ウエスタン」(短縮版141分:1969年公開)

監督
セルジオ・レオーネ
出演キャスト
クラウディア・カルディナーレ ヘンリー・フォンダ ジェイソン・ロバーズ チャールズ・ブロンソン
2011年

ミラノ、愛に生きる

  • 2011年12月23日(金)公開
  • 出演(エドアルド・シニア 役)

家族のために自分を抑制して生きてきた富豪の妻が、息子の友人と恋に落ちてゆく姿を描く。主演は「フィクサー」でアカデミー助演女優賞に輝いたティルダ・スウィントン。衣装を担当したアントネッラ・カンナロッツィは、アカデミー賞衣装デザイン賞にノミネートされた。監督は「メリッサP 青い蕾」のルカ・グァダニーノ。

監督
ルカ・グァダニーノ
出演キャスト
ティルダ・スウィントン フラビオ・パレンティ エドアルド・ガブリエリーニ アルバ・ロルバケル

ザ・サイキック

  • 2011年7月22日(金)公開
  • 出演(ロスピーニ 役)

古い屋敷での奇妙な光景を幻視した富豪の妻に忍び寄る恐怖を描くサスペンスホラー。監督は「サンゲリア」のルチオ・フルチ。出演は「スキャナーズ」のジェニファー・オニール、ジャンニ・ガルコ、マルク・ポレルほか。2011年7月17日より、東京・シネマート新宿にて開催された「ルチオ・フルチ映画祭2011」にてデジタル上映。

監督
ルチオ・フルチ
出演キャスト
ジェニファー・オニール マルク・ポレル ガブリエル・フェルゼッティ ジャンニ・ガルコ
2008年

マリア・カラス最後の恋

  • 2008年1月26日(土)公開
  • 出演(リヴァノス 役)

“世界最高のソプラノ歌手”とうたわれるマリア・カラス。彼女がたどった波乱の人生を、ある海運王との濃密にして悲しい恋を軸に映しだす、没後30周年記念の実録ドラマ。

監督
ジョルジョ・カピターニ
出演キャスト
ルイザ・ラニエリ ジェラール・ダーモン アウグスト・ズッキ ガブリエレ・フェルゼッティ
1997年

愛の嵐 ノーカット完全版

  • 1997年3月22日(土)公開
  • 出演(Hans 役)

第二次大戦下、ユダヤ人強制収容所で出会った元ナチス親衛隊員とユダヤ人の女が、戦後再会し、禁断の愛に堕ちていく様を描いた文芸作のノーカット完全上映版。従来の公開版では重要なセックス場面がカットされたほか、ボカシなど大きく修整が加えられていたが、今回はノーカットで修整場面も減らされ、“ノーカット完全版”と題されての再公開となった。監督は「フランチェスコ」のリリアーナ・カヴァーニ。主演は「召使」のダーク・ボガードと「蘭の肉体」のシャーロット・ランプリング。共演は「穴」のフィリップ・ルロワほか。

監督
リリアーナ・カヴァーニ
出演キャスト
ダーク・ボガード シャーロット・ランプリング フィリップ・ルロワ ガブリエレ・フェルゼッティ
1996年

オセロ(1995)

  • 1996年10月19日(土)公開
  • 出演(The Duke of Venice 役)

シェイクスピアの四大悲劇の一つ、『オセロ』の4度目の映画化。イアーゴの陰謀を前面に押し出したこれまでの作品とは異なり、若き将軍オセロのデズデモーナに対する激情的な愛こそが、この物語に中心との解釈で挑んだ監督は、舞台出身でこれが初の長編映画となる新鋭オリヴァー・パーカー。89年に自ら演出も手掛けた舞台「オセロ」でイアーゴを演じた時から、映画化を企画していた。製作はニコラス・ローグの実子でダコダ・フィルムズを主宰するリュック・ローグと、「世にも憂鬱なハムレット」などケネス・ブラナー作品に関わったデイヴィッッド・バロン。エグゼクティヴ・プロデューサーはジョナサン・オルスバーグ、撮影は、CMやプロモーション・ビデオ、ドキュメンタリーなどの分野で活躍し、3本の短編を経てこれが初の劇場用映画となるデイヴィッド・ジョンソン、音楽はチャーリー・モール、美術は「世にも憂鬱なハムレット」ほかケネス・ブラナーの全作品に参加したティム・ハーヴェイ、編集は「美しすぎて 詩人の愛」のトニー・ローソン。主演は、映画で初めて黒人のオセロを演じた「理由」のローレンス・フィッシュバーン、「愛のめぐりあい」のイレーネ・ジャコブ、「世にも憂鬱なハムレットたち」のケネス・ブラナー。共演は、監督の実弟で「ハムレット」(90)のナサニエル・パーカー、その妻である舞台女優のアナ・パトリック、「世にも憂鬱なハムレットたち」のマイケル・マロニーとニコラス・ファレルほか。

監督
オリヴァー・パーカー
出演キャスト
ローレンス・フィッシュバーン イレーヌ・ジャコブ ケネス・ブラナー ナサニエル・パーカー
1975年

愛の嵐

  • 1975年11月1日(土)公開
  • 出演(Hans 役)

ナチズムに翻弄された男女の愛憎を通して、ナチズムとは何だったかを描く。製作はジョゼフ・E・レヴィン、製作はロバート・ゴードン・エドワーズ、監督は日本初登場の女性監督リリアーナ・カヴァーニ、脚本はカヴァーニとイタロ・モスカーティ、撮影はアルフィオ・コンティーニ、音楽構成はダニエーレ・パリスが各々担当。出演はダーク・ボガード、シャーロット・ランプリング、フィリップ・ルロワ、ガブリエレ・フェルゼッティ、イザ・ミランダ、アメディオ・アモディオ、マリノ・マーゼなど。

監督
リリアーナ・カヴァーニ
出演キャスト
ダーク・ボガード シャーロット・ランプリング フィリップ・ルロワ ガブリエレ・フェルゼッティ
1971年

ガラスの墓標

  • 1971年5月29日(土)公開
  • 出演(Bardeche 役)

殺し屋稼業の二人のコンビに女がー人割って入った。ヤクザな仕事に浮き身をやつしながらも人生に疑問を感じる青年を通し、青春の荒廃と倦怠、そして新しい愛のあり方「ラムール・リーブル(自由愛)」を新鮮なタッチで描く。製作はアンドレ・ドバール、監督は新人のピエール・コラルニック、F・S・ジルベールの原作をフランツ・アンドレ・ブルジョが脚色、撮影はウィリー・クラント、音楽は主演であり、日本で放送禁止となった話題のエロ・シャンソン『ジュ・テーム~モワ・ノン・プリュ』のセルジュ・ゲンズブールが各々担当。出演はゲンズブールと「カトマンズの恋人」のジェーン・バーキン、ポップ・シンガーのポール・ニコラス、その他、「ハロー・グッドバイ」のクルト・ユルゲンス、「告白」のガブリエレ・フェルゼッティなど。カラー、テクニスコープ。

監督
ピエール・コラルニック
出演キャスト
セルジュ・ゲンズブール ジェーン・バーキン ポール・ニコラス クルト・ユルゲンス

告白(1970)

  • 1971年3月20日(土)公開
  • 出演(Kohoutek 役)

1950年前半のチェコの〈暗黒時代〉に実際に起きたスランスキー事件(血の粛清)をあばき、人間の自由と尊厳を蹂躙するものを鋭く告発する。製作は「禁じられた遊び」「仁義」のロベール・ドルフマンとベルトラン・ジャバル、監督は「Z」のコスタ・ガブラス、原作はアルトゥール・ロンドン、リーズ夫妻の自叙伝的ドキュメントを「戦争は終った」「Z」のホルヘ・センブランが脚色、「Z」のラウール・クタールが撮影、映画内に出て来るチェコのスチル写真は「ベトナムから遠く離れて」のクリス・マルケル、音響はウィリアム・シベル、編集を「Z」のフランソワーズ・ボノーが各々担当。出演は「仁義」のイヴ・モンタン、「影の軍隊」のシモーヌ・シニョレ夫妻が映画の中でも夫婦役を演じ、その他「ウエスタン」のガブリエレ・フェルゼッティ、ミシェル・ヴィトー、ウンベルト・ラホなど。

監督
コスタ=ガヴラス
出演キャスト
イヴ・モンタン シモーヌ・シニョレ ガブリエレ・フェルゼッティ ミシェル・ヴィトー
1970年

俺はプロだ!

  • 1970年4月4日公開
  • 出演(Commissioner 役)

新旧二つのタイプの犯罪者同士の葛藤を描いた作品。製作はディノ・デ・ラウレンティス、監督は「ドクター・コネリー キッド・ブラザー作戦」のアルベルト・デ・マルティーノ、撮影はアルド・トンティが担当。出演は「ローズマリーの赤ちゃん」のジョン・カサヴェテス、「魂のジュリエッタ」のアニタ・サンダース、ほかにニコス・コルコロス、ルイジ・ピスティリ、オズワルド・ルッジェーリ、ガブリエレ・フェルゼッティ、ピエロ・モッジア、マルク・フィオリーニ、グイド・ロロブリジーダなど。テクニカラー、テクニスコープ

監督
アルベルト・デ・マルティーノ
出演キャスト
ジョン・カサヴェテス アニタ・サンダース ニコス・コルコロス ガブリエレ・フェルゼッティ
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ガブリエレ・フェルゼッティ