映画-Movie Walker > 人物を探す > タラ・ビレル

年代別 映画作品( 1933年 ~ 1948年 まで合計11映画作品)

1948年

パーキントン夫人

  • 1948年11月公開
  • 出演(Lady_North_Ebbsworth 役)

「キューリー夫人」及び「ミニヴァー夫人」「塵中の花」と同じくグリア・ガースンとウォルター・ピジョンのチーロが主演する映画で、ルイズ・ブロムフィールドの同名の小説を映画化したもの。脚本はロバート・ソーレンとポリー・ジェームズが協力執筆し、「人生の悦び」「支那海」のテイ・ガーネットが監督、「心の旅路」「フィラデルフィア物語」のジョゼフ・ルッテンバーグが撮影を指揮した。助演は「悪魔の金」のエドワード・アーノルド、「偉大なるアンバーソン家の人々」のアグネス・ムーアヘッド、「ラブ・レター(1945)」のセシル・ケラウェイ及びグラディス・クーパー、「育ち行く年」のトム・ドレイク、新人フランセス・ラファーティ、「不思議な少年」のピーター・ローフォード、「小狐」のダン・デュリエ、タラ・ビレル、セリナ・ロイル、フォーチュニオ・ボナノヴァらである。音楽は「ガス燈」のプロニスラウ・カパーが作曲している。

監督
ティー・ガーネット
出演キャスト
グリア・ガースン ウォルター・ピジョン エドワード・アーノルド アグネス・ムーアヘッド
1938年

赤ちゃん教育

  • 1938年当年公開
  • 出演(Mrs._Lehman 役)

「素晴らしき休日」「男装」と同じくキャサリン・ヘップバーンとケーリー・グラント主演する映画で、「無限の青空」「永遠の戦場」のハワード・ホークスが監督・製作したもの。原作はヘイガー・ワイルド作の小説で、「ハリケーン(1937)」「富豪一代」のダドリー・ニコルズが原作者ワイルド女史と協力脚色した。撮影は「男装」「特ダネ戦線」のラッセル・メティが擔任している。助演者は「報道戦」「月を消しましょ」のチャールズ・ラグルズ、「オペラ・ハット」のウォルター・カトレット、「干潮」のバリー・フィッツジェラルド、「躍り込み花嫁」のメイ・ロブソン、「真実の告白」のフリッツ・フェルド、「ギャングの罠」のタラ・ビレル、新人ヴァジニア・ウォーカー等である。

監督
ハワード・ホークス
出演キャスト
キャサリン・ヘップバーン ケーリー・グラント チャールズ・ラグルズ ウォルター・カトレット

ジョゼット

  • 1938年当年公開
  • 出演(Mlle._Josette 役)

「第7天国」「四つの恋愛」のシモーヌ・シモン、「シカゴ」「天晴れ着陸」のドン・アメチ、「生みの若人」「仇敵」のロバート・ヤングが主演する映画で、ラディスラウス・ヴァドナイの小説に基ずいたポール・フランク、ジョージ・フレイザー合作の喜劇からジェームズ・エドワード・グラントが脚本を書き、「ハイディ」「15処女街」のアラン・ドワンが監督に当り、「天晴れ着陸」のジョン・メスールが撮影したもの。助演者は「大学3人男」「氷上舞台」のジョーン・ヴィス、「高飛び成層圏」のバート・ラール、「新妻はタイピストから」のタラ・ビレル、「スタアと選手」のウィリアム・コリアー・シーニア、ポール・ハースと等である。

監督
アラン・ドワン
出演キャスト
ドン・アメチ シモーヌ・シモン ロバート・ヤング ジョーン・デイヴィス
1937年

ギャングの罠

  • 1937年当年公開
  • 出演(Stephanie_Duval 役)

「罪と罰」「海を嫌う船長」のタラ・ビレル、「情無用ッ」「15処女街」のシーザー・ロメロ、「呪われた女」のウォルター・ピジョン、「地獄への挑戦」のウォルター・ブレナンが共演する映画で、マレイ・ロスとベン・ライアンが書卸し、「大都会の戦慄」のライオネル・ハウザーがアルバーアト・R・パーキンスと協力脚色し、短編監督者脚本者から昇進したルイス・R・フォスターと編集者から昇進したミルトン・カルースとが共同監督し、「大陸間諜戦」のミルトン・クラスナーが撮影した。助演者は「暗黒街の弾痕」のウォーレン・ハイマー、ジョナサン・ヘイル、フランクリン・バングボーン等。

監督
ルイス・R・フォスター ミルトン・カルース
出演キャスト
タラ・ビレル セザール・ロメロ ウォルター・ピジョン ウォルター・ブレナン

新妻はタイピストから

  • 1937年当年公開
  • 出演(Princes_Cherry_Bouladoff 役)

「明朗色時代」「結婚劇場」のドリス・ノーランと「クレイグの妻」「ロジタ(1936)」のジョン・ボールズが主演する映画で、ノーマン・クラスナの原作を「コリーン」のF・ヒュー・ハーバートと「久遠の誓い」のシルヴィア・サルバーグが脚色し、「令嬢見学」と同じくエドワード・バゼル監督、メリット・B・ガースタッドの撮影のもとに成った。「呪われた女」のウォルター・ピジョン、「四つの恋愛」のアラン・モープレイ、「罪と罰」のタラ・ピレル、「日かげの女」のキャサリン・アレクサンダー、「彼氏と女秘書」のドロシア・ケント、「楽天伯爵」のアーネスト・コサート、「支那ランプの石油」のウォルター・パイロン等が共演している。

監督
エドワード・バゼル
出演キャスト
ジョン・ボールズ ドリス・ノーラン ウォルター・ピジョン タラ・ビレル
1935年

今宵も楽しく

  • 1935年当年公開
  • 出演(Countess 役)

「私と女王様」「生ける人形」のリリアン・ハーヴェイが「恋の一夜」「ムーラン・ルージュ」のチュリオ・カルミナチと共に主演する映画で、「恋の一夜」のヴィクター・シェルツィンゲルが監督に当たったもの。原作は「フープラ」「地獄特急」の脚色者ブラッドリー・キングが書き下ろし「真夜中の処女」「紅唇罪あり」のジーン・マーキーが脚色した。助演者は「曲芸団」のジャネット・ビーチャー、「南欧横断列車」のタラ・ビレル、「恋の一夜」のルイ・アルバーニ、新人アーサー・トリーチャー等で、撮影は「恋の一夜」「或る夜の出来事」のジョゼフ・ウォーカーの担任である。

監督
ヴィクター・シェルツィンゲル
出演キャスト
リリアン・ハーヴェイ チュリオ・カルミナチ ジャネット・ビーチャー ヒュー・ウィリアムズ

空の殺人光線

  • 1935年当年公開
  • 出演(Renee 役)

「八点鐘」「空軍の覇者」のラルフ・ベラミーと「今宵も楽しく」「ナガナ」のタラ・ビレルが主演する映画で、最近墜死した世界早廻り飛行記録樹立者のウィリー・ポストが特別出演したもの。監督は「国境飛行隊」「突進大飛行船」のアルバート・S・ロージェルが当たり、台本はグリフィン・ジェイとグレイス・ネヴィルが共同して書き下ろしたもの。助演は「歌の翼」のダグラス・ダンブリル及びロバート・アレン「特急二十世紀」のビリー・シューワード、ロバート・ミドルマス、エドワード・ヴァン・スローン等で、撮影はハリー・フロイリヒ担当。

監督
アルバート・S・ロージェル
出演キャスト
ラルフ・ベラミー タラ・ビレル ウィリー・ポスト ダグラス・ダンブリル

罪と罰(1935・アメリカ)

  • 1935年当年公開
  • 出演(Antonia 役)

フェードル・ドストイェフスキーの名作小説の映画化で、「西班牙狂想曲」「ブロンド・ヴィナス」のジョセフ・フォンスタンバーグが監督に当たったもの。脚色には「恋の一夜」「舗道」のS.K.ローレンがジョセフ・アンソニーと協力した。主演者は「暗殺者の家」「M」のピーター・ローレ、「ダイヤモンド・ジム」「羅馬太平記」のエドワード・アーノルドで、「古城の扉」のマリアン・マーシュ、「恋をしましょう(1933)」のタラ・ビレル、「台風」のパトリック・キャンベル夫人「深夜の星」のジーン・ロックハート、舞台から来たエリザベス・リスドン、「歌の翼」のロバート・アレン及びダグラス・ダンブリル等が助演している。撮影はルシエン・バラードの担当である。

監督
ジョセフ・フォン・スタンバーグ
出演キャスト
エドワード・アーノルド ペーター・ローレ マリアン・マーシュ パトリック・キャンベル夫人
1934年

海を嫌う船長

  • 1934年当年公開
  • 出演(Greta_Klargi 役)

「犯罪都市(1931)」「雨」「風来坊」のルイス・マイルストーンが監督した作品で「火の翼」の脚色者で大衆作家のウォーレス・スミスが自作の小説を自ら脚色したもの。出演者の主なるものは「肉弾鬼中隊(1934)」のヴィクター・マクラグレン、「クリスチナ女王」「街の伊達男」のジョン・ギルバート、「その夜の真心」のヘレン・ヴィンソン、「銀鼠流線型」のアリスン・スキップワース、舞台から映画入りしたフレッド・キーティング、「或る夜の出来事」のウォルター・コノリー、「不思議の国のアリス(1933)」のレオン・エロール、「彼女の用心棒」のウィン・ギブソン、「雨」のウォルター・カトレット、「恋をしましょう(1933)」のタラ・ビレル等である。撮影は「ますらを」「青空天国」のジョセフ・オーガストの担当である。

監督
ルイス・マイルストーン
出演キャスト
ヴィクター・マクラグレン ジョン・ギルバート アリソン・スキップワース ウィン・ギブソン
1933年

恋をしましょう(1933)

  • 1933年当年公開
  • 出演(Forsell 役)

「闇に踊る(1932)」「女学生の日記」のデイヴィッド・バートンが監督した映画でハーバート・フィールズが書き下ろしたものである。主役は「暗夜行路」「晩餐八時」のエドモンド・老で、相手役は無名より抜擢されたアン・サザーンと「笑う巨人」「深夜の紳士」のミリアム・ジョーダン、「キャバレエの鍵穴」「めりけん音頭」のグレゴリー・ラトフで、「ナガナ」のタラ・ビレル、「肉体」のグレタ・マイヤー等が助演している。撮影は「恩讐」「戦時特派員」のベンジャミン・H・クラインの担任。

監督
デイヴィッド・バートン
出演キャスト
エドモンド・ロウ アン・サザーン ミリアム・ジョーダン グレゴリー・ラトフ
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > タラ・ビレル