映画-Movie Walker > 人物を探す > フランセス・ドレイク

年代別 映画作品( 1932年 ~ 1938年 まで合計13映画作品)

1938年

奥さんは嘘つき

  • 1938年公開
  • 出演(Anne_Calhoun 役)

「弾丸か投票か」「典型紳士読本」のジョーン・ブロンデルと「紅薔薇行進曲」「花嫁凱旋」のメルヴィン・ダグラスが主演する映画で、ウィルスン・コリスン作の大衆小説を「奴隷船」「深夜のマドンナ」のグラディス・レーマンが脚色し、「報道戦」「恋のナポリ」のアレクサンダー・ホールが監督に当り、「恋のみちぐさ」「ある父の横顔」のヘンリー・フロイリッヒが撮影した。助演者は「台風」「孔雀夫人(1936)」のメアリー・アスター、「ボレロ」「噫無情」のフランセス・ドレイク、「台風」のジェローム・コウアン、「酔いどれリズム」のサーストン・ホール、ロバート・ペイジ等である。

監督
アレクサンダー・ホール
出演キャスト
ジョーン・ブロンデル メルヴィン・ダグラス メアリー・アスター フランセス・ドレイク
1937年

御夫婦円満哲学

  • 1937年公開
  • 出演(Sally_Dennis 役)

「クレイグの妻」「ステラ・ダラス(1937)」のジョン・ボールズが「都会の雷鳴」のルリ・デステ及び「狂恋」「透明光線」のフランセス・ドレイクを相手に主演する映画で、エヴァリー・ストラコッシュ作の大衆小説を「奴隷船」「ガルシアの伝令」のグラディス・レーマンと「化石の森」のデルマー・デイヴスが協力脚色し、「都会の雷鳴」「ルムバ」のマリオン・ガーリングが監督し、「海の魂」「第七天国(1937)」のメリット・B・ガースタッドが撮影した。助演者は「ハイディ」「紅薔薇行進曲」のヘレン・ウェストリー、「新婚道中記」のアレクザンダー・ダーシー、アルバート・デッカー、フランクリン・バングボーン、ジャクリーン・ウェルズ等である。

監督
マリオン・ゲーリング
出演キャスト
ジョン・ボールズ ルリー・デステ フランセス・ドレイク ヘレン・ウェストリー
1936年

悪魔の疾走

  • 1936年公開
  • 出演(Berry_Winslow 役)

「薔薇はなぜ紅い」「モヒカン族の最後(1936)」のランドルフ・スコット、「過去から来た男」「結婚十分前」のフランセス・ドレイク、「さらば海軍兵学校」「森の勇者」のトム・ブラウンが主演する映画で、セオドア・リーヴスとマデレーン・ルーヴェンとが原作し、「薔薇色遊覧船」のジョセフ・モンキュア・マーチが脚色し、「最後の駐屯兵」「少年ドン・キホーテ」のチャールズ・バートンが監督し、「蒼空一万里」のアルフレッド・ギルクスが撮影した。助演は「丘の一本松」のファジー・ナイト、「姫君海を渡る」のポーター・ホール、「化石の森」のジョセフ・ソーヤー、オスカー・アッフェル等。

監督
チャールズ・バートン
出演キャスト
ランドルフ・スコット フランセス・ドレイク トム・ブラウン ファジー・ナイト

ギャングの子

  • 1936年公開
  • 出演(Mary_Reyburn 役)

「さらば海軍兵学校」のサー・ガイ・スタンディングおよびトム・ブラウンと「結婚十分前」のフランセス・ドレイクとが主要な役を勤める映画で、H・H・ヴァン・ローンとウィラード・マック合作の舞台劇をジョージ・オニールが脚色し、「仇敵」「超スピード時代」のエドウィン・L・マリンが監督。「偽者紳士」のアイラ・モーガンが撮影したもの。助演者は「薔薇はなぜ紅い」のジャネット・ビーチャー「情無用ッ」のロバート・グレックラー、ヘレン・ロウェル等である。

監督
エドウィン・L・マリン
出演キャスト
サー・ガイ・スタンディング フランセス・ドレイク トム・ブラウン ジャネット・ビーチャー

透明光線

  • 1936年公開
  • 出演(Diane_Rukh 役)

「黒猫」と同じくボリス・カーロフとベラ・ルゴシが主演する映画で、ハワード・ヒギンスとダグラス・ホッジス共作し、ジョン・カールトンが脚色、「爆弾トラック」のランバート・ヒルヤーが監督に当たり、「ダイヤモンド・ジム」のジョージ・ロビンソンが撮影した。助演者は「狂恋」のフランセス・ドレイク、「孤児ダビド物語」のフランク・ロートン、「幻の合唱」のウォルター・キングスフォード、「泉」のヴァイオレット・ケンブル・クーパー、「南風」のビューラ・ボンディ、その他である。

監督
ランバート・ヒルヤー
出演キャスト
ボリス・カーロフ ベラ・ルゴシ フランセス・ドレイク フランク・ロートン
1935年

噫無情(1935)

  • 1935年公開
  • 出演(Eponine 役)

ヴィクトル・ユーゴーの名作小説を映画化したもので、「復活(1934)」「白い蘭」のフレドリック・マーチと「白い蘭」「白い肉体」のチャールズ・ロートンが、それぞれジャン・ヴァルジャンとジャヴェールを演じる。脚色は「戦う巨象」のW・P・リプスコームが当たり、「白衣の騎士」「戦う巨象」のリチャード・ボレスラウスキーが監督し、「復活(1934)」「女優ナナ」のグレッグ・トーランドが撮影した。助演者は「虚栄の市(1935)」「月光石」のセドリック・ハードウィックを始め、「曲芸団」「模倣の人生」のロチェル・ハドソン、「ボレロ」「ラッパは響く」のフランセス・ドレイク、「小牧師(1934)」「舗道の雨」のジョン・ビール、「暴風の処女」のフローレンス・エルドリッヂ、子役マリリン・ノールデン、ジェシー・ラルフ等である。

監督
リチャード・ボレスラウスキー
出演キャスト
フレドリック・マーチ チャールズ・ロートン セドリック・ハードウィック ロチェル・ハドソン

過去から来た男

  • 1935年公開
  • 出演(Mona 役)

「暴君ネロ(1932)」「舞台に立つ妻」のエリッサ・ランディ、「わたし貴婦人よ」「銀鼠流線型」のポール・カヴァナー、「キャベツ畑のおばさん」のケント・テイラー、「お嬢様お耳拝借」のフランセス・ドレイクが共演する映画で、ローランド・パートウィー、ハロルド・ディーアドン合作の舞台劇に基づいて「白蛾」のドリス・アンダーソンがチャールズ・ブラケットと協力して脚色し、「紅はこべ」のハロルド・ヤングが監督にあたり、「戦う幌馬車」のウィリアム・C・メラーが撮影している。助演はギルバート・エメリー、レジナルド・シェフィールド、フォーレスター・ハーヴェイ、その他である。

監督
ハロルド・ヤング
出演キャスト
エリッサ・ランディ ポール・カヴァナー フランセス・ドレイク ケント・テイラー

狂恋(1935)

  • 1935年公開
  • 出演(Yvonne_Orlac 役)

「暗殺者の家」「M」のピーター・ローレが主演する映画で、モーリス・ルナール作の「オルラックの手」を「古城の妖鬼」のガイ・エンドアが改作し、「ダンシング・レディ」のP・J・ウルフソンと「フランケンシュタインの花嫁」のジョン・L・ボルダーストンが脚色し「月の宮殿」「ミイラ再生」のカール・フロイントが監督し、「シーコウヤ」のチェスター・ライオンズと「結婚十分前」のグレッグ・トーランドが撮影した。助演者は「結婚十分前」のフランセス・ドレイク、「フランケンシュタインの花嫁」のコリン・クライヴ、「死の本塁打」のテッド・ヒーリー、「紅雀」のセーラ・ヘイドンその他。

監督
カール・フロイント
出演キャスト
ペーター・ローレ フランセス・ドレイク コリン・クライヴ テッド・ヒーリー
1934年

お嬢様お耳拝借

  • 1934年公開
  • 出演(Anna_Mirelle 役)

「ローマ太平記」「ラジオは笑う」のフランク・タトルが監督した映画で、「あたしは別よ」「三日姫君」のケーリー・グラント「ボレロ」「ラッパは響く」のフランセス・ドレイク、「生活の設計」「コンチネンタル」のエドワード・エヴァレット・ホートンが主演するもの。原作はアルフレッド・サヴォアとガイ・ボルトン合作の舞台劇で「恋の手ほどき(1933)」「女難アパート」と同じくフランク・バトラーとクロード・ビニヨンが共同脚色した。助演は「若草物語(1933)」のニディア・ウェストマン、「ロイドの大勝利」のジョージ・バービア、ロジタ・モレノ、古顔のチャールズ・レイ等である。撮影は「風の接吻」のヘンリー・シャープ。

監督
フランク・タトル
出演キャスト
ケーリー・グラント フランセス・ドレイク エドワード・エヴァレット・ホートン ニディア・ウェストマン

結婚十分前

  • 1934年公開
  • 出演(Connie 役)

「私のダイナ」「蛍の光」のジョーン・クローフォード、「私のダイナ」「男の世界」のクラーク・ゲーブル、「愛の隠れ家」「台風」のロバート・モンゴメリーが顔合わせして主演する映画で、エドワード・バリー・ロバーツとフランク・モーガン・キャヴェット作の舞台劇を「男の世界」のジョセフ・L・マンキーウィッツが脚色し、「男の世界」「愛の隠れ家」のW・S・ヴァン・ダイクが監督し、「復活(1934)」のグレッグ・トーランドと「私のダイナ」のジョージ・フォルシーが撮影した。助演者は「猫と提琴」のチャールズ・バターウォース、「昨日」のビリー・バーク、「噫無情」のフランセス・ドレイク、「空の軍隊」のロザリンド・ラッセル等である。

監督
W・S・ヴァン・ダイク
出演キャスト
ジョーン・クロフォード クラーク・ゲーブル ロバート・モンゴメリー チャールズ・バターウォース
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > フランセス・ドレイク