映画-Movie Walker > 人物を探す > ズー・ズー

年代別 映画作品( 1968年 ~ 1996年 まで合計3映画作品)

1996年

愛の昼下がり

  • 1996年2月3日(土)公開
  • 出演(Chlo 役)

ヌーヴェル・ヴァーグの旗手だったエリック・ロメール監督が60年代から70年代初頭にかけて発表した恋愛喜劇の連作シリーズ「六つの教訓話」の最後の一編。製作は「ママと娼婦」のピエール・コトレル。撮影は「モード家の一夜」「クレールの膝」など70年代のロメール映画には欠かせない名匠ネストール・アンメンドロス。美術はニコール・ラシーヌで、ロメールの現代ものでは珍しく一部の屋内シーンにはスタジオ・セットが使用されている。音楽はアリエ・ジエラッカ。録音のジャン=ピエール・リュー、編集のセシル・デキュジスは「モード家の一夜」「クレールの膝」に続いての参加。出演は主人公夫婦に実生活でも夫婦の「ゴダールの決別」のベルナール・ヴェイルレイとフランソワーズ・ヴェルレイほか。

監督
エリック・ロメール
出演キャスト
ベルナール・ヴェルレー ズー・ズー フランソワーズ・ヴェルレイ ダニエル・セカルディ
1976年

スカイ・ライダーズ(1976)

  • 1976年11月3日(水)公開
  • 出演(No.6 役)

誘拐事件の人質救出にハング・グライダーをとり入れたアクション・アドベンチャー映画。製作総指揮はサンディ・ハワード、製作はテリー・モース・ジュニア、監督は「ブラニガン」のダグラス・ヒコックス、脚本はジャック・デ・ウィット、スタンリー・マン、ギャリー・マイケル・ホワイト、撮影はオウサマ・ラーウィ、音楽はラロ・シフリン、衣裳デザインはエマ・ポーティアス、メーキャップはリチヤード・ミルズ、編集はマルコム・クック、特殊効果はジョン・スティアーズ、空中撮影はグレッグ・マクギリブレーとジム・フリーマンがそれぞれ担当。出演はジェームズ・コバーン、スザンナ・ヨーク、ロバート・カルプ、シャルル・アズナブール、ウェルナー・ポカス、ズー・ズー、ケネス・グリフィス、ハリー・アンドリュース、ジョン・ベック、アーニー・オルサッティなど。

監督
ダグラス・ヒコックス
出演キャスト
ジェームズ・コバーン スザンナ・ヨーク ロバート・カルプ シャルル・アズナヴール
1968年

ヒットラーなんか知らないよ

  • 1968年8月24日(土)公開
  • 出演

一九六二年から六三年にかけて当時23歳のベルトラン・ブリエが監督した作品で、現代フランスの若者の記録とでもいうべきシネマ・ベリテの注目作である。エクレール撮影所のむきだしになった巨大なスタジオが舞台で、そこに11人の若者が一人ずつ召喚され、監督の質問に、彼らは自由に大胆に答える。別々にインタビューされたのであるが巧みなモンタージュで、あたかも彼らが一室に集って青春について討論しているかのように映画は作られている。ジェラール・エダンの原案を、ベルトラン・ブリエが脚色・台詞・監督を担当し、撮影はジャン・ルイ・ピカヴェ、音楽は「しのび逢い」のジョルジュ・ドルリューである。出演はユゲット(18歳)、ルネ(19歳)、アンドレ(22歳)、アラン(19歳)、リュシアン(21歳)、クリスチャン(18歳)、ジャン・ピエール(20歳)、ニコール(19歳)、ズーズー(19歳)、オデット(16歳)、エチエンヌ(16歳)の11人である。製作はアンドレ・ミシュラン。

監督
ベルトラン・ブリエ
出演キャスト
ユゲット ルネ アンドレ アラン
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ズー・ズー