TOP > 人物を探す > メアリー・フォイ

年代別 映画作品( 1921年 ~ 1931年 まで合計10映画作品)

1931年

北海の漁火

  • 1931年
  • 出演(Mary 役)

「砂漠の生霊」「嵐」のウィリアム・ワイラーの監督作品である。オリヴ・エデンスの原作から「蹴球大学」のデール・ヴァン・エヴァリー、「アパートの女」のジョン・B・クライマーが協力して脚色し、ジョン・ヒューストンが台詞を執筆し、「假の塒」のチャールズ・ステューマーが撮影に当たったもので、出演者は「戦争と貞操」「世界の英雄」のウォルター・フーストンを始め「ウォタルウ橋」のケント・ダグラス、「魔人ドラキュラ」のヘレン・チャンドラー、メアリー・フォイ、フランク・ハグニー、ロイド・イングレアム、チャールズ・ミドルトンなどの面々。

監督
ウィリアム・ワイラー
出演キャスト
ウォルター・ヒューストン ケント・ダグラス ヘレン・チャンドラー メアリー・フォイ

鉄窓と花束

  • 1931年
  • 出演(Mrs._Lowry 役)

「アメリカの悲劇」「市街」のシルヴィア・シドニーが主演する映画で、「暗黒街の女(1928)」のアーネスト・ブースが書き下ろした物語を、「タッチダウン」「腕白大将」と同じくウィリアム・スレヴンス・マクナットとグローヴァー・ジョーンズとが共同で脚色して台詞をつけ「二十四時間」「失われた抱擁」のマリオン・ガーリングが監督し、「鉄壁の男」「腕白大将」のデイヴィッド・エーベルが撮影した。助演者は「小間使(1931)」のジーン・レイモンド、「キック・イン」「市街」のウィン・ギブソンを始め「大西洋横断」のアール・フォックス、「影を売る男」のロックリフ・フェローズ、「暗黒街に踊る」のパーネル・プラット、フランク・シェリダン、ジョージ・アーヴィング、フリッツィ・リッジウェイ、エスター・ハワード等。

監督
マリオン・ゲーリング
出演キャスト
シルヴィア・シドニー ジーン・レイモンド ウィン・ギブソン アール・フォックス

赤新聞

  • 1931年
  • 出演(Mrs._Wilson 役)

「摩天楼の巨人」「放浪船」につぐジョージ・バンクロフトの主演映画で、「アパートの殺人」のマックス・マーシン及び「巴里選手」のヴィンセント・ローレンスの共同執筆した脚本により「唇の罪」「トム・ソーヤーの冒険(1930)」のジョン・クロムウェルが監督に当たり「空中大曲芸団」「少年軍兵士」のデイヴィッド・エーベが撮影を担任した。助演者として「桃色の盗賊」「夫無き妻」のクライヴ・ブルック、「恋の素顔」「命を賭ける男(1930)」のケイ・フランシス、「ワイオミングの男」「命を賭ける男」のレジス・トゥーミー、ルシアン・リトルフィールド、ギルバート・エメリーその他が顔出している。

監督
ジョン・クロムウェル
出演キャスト
ジョージ・バンクロフト ケイ・フランシス クライヴ・ブルック レジス・トゥーミー
1930年

ワイオミングの男

  • 1930年
  • 出演(Inspector 役)

「テキサス無宿」「七日間の休暇」と同じくゲイリー・クーパー 氏の主演する映画で原作はジョセフ・モンキュア・マーチ氏とルウ・リプトン氏の筆になったもの、それを「レヴュー結婚」のジョン・V・A・ウィーヴァー氏とアルバート・シェルビー・ル・ヴィノ氏とが脚色し「続フーマンチュー博士」「摩天楼の巨人」のローランド・V・リー氏が監督した。主演者を援けて「愛の医者」「ロマンスの河」ジューン・コリアー嬢、「愛の医者」「男の正体」のモーガン・ファーレイ氏、「青春の幻想」「アリバイ」のレジス・トゥーミー氏、E・H・カルヴァートト氏、メアリー・フォイ嬢、エドワード・ディーリング氏等が出演している。キャメラは「フーマンチュー博士の秘密」「悪魔の日曜日」のハリー・フィッシュベック氏が担任である。

監督
ローランド・V・リー
出演キャスト
ゲイリー・クーパー ジューン・コリアー レジス・トゥーミー モーガン・ファーレイ
1929年

飛び入り婿君

  • 1929年
  • 出演(Mrs._Hickson 役)

「僕の幸運日」に次ぐレジノルド・デニイ氏の主演映画で「当たって砕けろ(1929)」のアール・スネル氏の原作からグラディス・レーマン女史とアール・スネル氏が脚色し「南京豆探偵の巻」「海浜狂騒曲」のウィリアム・ジェームズ・クラフト氏が監督したもの。主演者のほかに「ブロードウェイ(1929)」「がらくた宝島」のマーナ・ケネディー嬢「夢の港」「ショーボート」のオディス・ハーラン氏、ウィリアム・オースティン氏、ヴァージニア・セール嬢等が出演している。カメラは「赤熱のスピード」「恋と山羊との話」アーサー・L・トッド氏が担当。

監督
ウィリアム・ジェームズ・クラフト
出演キャスト
レジナルド・デニー マーナ・ケネディ オーティス・ハーラン ウィリアム・オースティン
1928年

無理矢理仰天黒手組

  • 1928年
  • 出演(The_Aunt 役)

「無理矢理探訪大飛脚」「無理矢理空の大統領」と同じくモンティ・バンクス氏の主演映画で原作及び脚色はチャールズ・ホーラン氏、監督は「キートン将軍」「危険大歓迎」のクライド・ブラックマン氏が当った。主演者のほかにルース・ドワイヤー嬢、ヘンリー・バロウズ氏、アーサー・タラッソ氏その他が出演している。

監督
クライド・ブラックマン
出演キャスト
モンティ・バンクス ヘンリー・バロウズ ルース・ドワイヤー アーサー・タラッソ
1927年

モガ地獄

  • 1927年
  • 出演(Irish_Woman 役)

ニナ・ウイルコックス・ブトナム女史作の小説をウィリアム・コンセルマン氏が脚色し、「大自然の雄叫び」「嵐の翼」等と同じくジエー・ジー・ブライストン氏が監督したもので、「燃ゆる唇」「女軍撃退」等出演のオリーヴ・テル嬢、「地獄町四百丁目」「青鷲」等出演のマーガレット・リヴイングストン嬢、「放埒新療法」「極楽トンボ三人連」等出演のホームズ・ハーバート氏及びアール・フォックス氏等が共演し、新進のスー・キャロル嬢、リチャード・ウォーリング氏等も重要な役を勤めている。

監督
ジョン・G・ブライストーン
出演キャスト
オリーヴ・テル ホームズ・ハーバート アール・フォックス マーガレット・リヴィングストン
1924年

氷に閉ざされて

  • 1924年
  • 出演(Sadie_Fellows 役)

オーウェン・デイヴィス氏原作の舞台劇に基づき、クララ・S・ベランジャー女史が脚色し、「返り咲く花」「グラムピー」等と同じくウィリアム・C・デミル氏が監督した。主役は「最後の一人迄(1923)」「懐しの谿」等と同じくリチャード・ディックス氏と、ロイス・ウィルソン嬢の2人で、その他新進のヴェラ・レイノルズ嬢が共演している。

監督
ウィリアム・C・デミル
出演キャスト
リチャード・ディックス ロイス・ウィルソン ヘレン・デュボア Eina May Cliver

金に飽かして

  • 1924年
  • 出演(Auntie_Clark 役)

ロバート・ヘリック氏作の小説「クラークの土地」に基づきジョン・ラッセル氏が脚色し、「蔓里一走」と同じくフランク・タトル氏が監督したもので、「天国の罪人」「アルゼンチン情話」等出演のビービー・ダニエルス嬢と「南海の孤島」「ローマの一夜」等出演のトム・ムーア氏とが主演し、ドロレス・キャッシネリ嬢、ウィリアム・パウエル氏等の腕利きが助演している。

監督
フランク・タトル
出演キャスト
ビービー・ダニエルス トム・ムーア ウィリアム・パウエル ドロレス・キャッシネリ
1921年

星の屑

  • 1921年
  • 出演(Mrs._Beckar 役)

『ユーモレスク』『血涙に咽ぶ人々』等と同じくファニー・ハーストの原作で、「生の炎」「危険なる処女時代」等を監督したホバート・ヘンリーの監督になり、主役はホープ・ハンプトンで、対手にはドロシー・ギッシュの御亭で「亭主改造」にも出たジェームズ・レニーが出演する。

監督
ホバート・ヘンリー
出演キャスト
Edna Ross ホープ・ハンプトン Thomas Maguire メアリー・フォイ
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/7/12更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 人物を探す > メアリー・フォイ