TOP > 人物を探す > ジェームズ・マーカス

年代別 映画作品( 1919年 ~ 1972年 まで合計27映画作品)

1972年

時計じかけのオレンジ

  • 1972年4月29日(土)
  • 出演(Georgie 役)

人々は生活を賭けた労働から解放され、衣食住の心配をすることがなくなった世の中。15歳のアレックス少年は、機械的に規則正しく過ぎてゆく毎日に退屈していた。完全に管理された未来社会で、あまりあるエネルギーをもてあそぶティーン・エイジャーの理由なき反抗を描く。製作・脚本・監督は「2001年宇宙の旅」のスタンリー・キューブリック、原作は1962年に発表されたアンソニー・バージェスの同名小説。撮影はジョン・オルコット、音楽はウォルター・カーロス、編集はビル・バトラー、美術はラッセル・ハッグ、ピーター・シールズが各々担当。出演は「if もしも…」のマルコム・マクドウェル、パトリック・マギー、ウォーレン・クラーク、ジェームズ・マーカス、マッジ・ライアンなど。

監督
スタンリー・キューブリック
出演キャスト
マルコム・マクダウェル パトリック・マギー ウォーレン・クラーク ジェームズ・マーカス
1934年

恋のページェント

  • 1934年
  • 出演(Innkeeper 役)

「恋の凱歌」に次ぐマルシーネ・ディートリッヒ主演映画で「ブロンド・ヴィナス」「上海特急」のジョセフ・フォン・スタンバーグが監督したもの。マムエル・コムロフ編集のカテリナ二世の日記を素材として脚色したものでフォン・スタンバーグが脚色に当たった。撮影は「ブロンド・ヴィナス」「勝利の朝」のバート・グレノンの担当である。助演は「若草物語(1933)」のジョン・デイヴィス・ロッジ、「復活(1934)」のサム・ジャッフェ、「ゆりかごの唄」のルイズ・ドレッサー、「クレオパトラ(1934)」のC・オーブリー・スミス、「紅蘭」のルーセルマ・スティーヴンス、「風雲の支那」のギャヴィン・ゴードンその他である。

監督
ジョセフ・フォン・スタンバーグ
出演キャスト
マレーネ・ディートリッヒ ジョン・デイヴィス・ロッジ サム・ジャフェ ルイズ・ドレッサー
1933年

闘技場の王者

  • 1933年
  • 出演(Colonel_Hiller 役)

「悍馬征服」等に主演したケン・メイナードが再びユ社を通じて提供する第1回主演西部劇で、メイナード映画を監督しているアラン・ジェームズが監督に当たった。原作はハル・バーガーとレイ・ラウクが共同執筆し、脚色と台詞には監督ジェームズが自ら任じている。撮影は最近ジョン・ウェイン西部劇をクランクしていたテッド・マッコードの担任。助演者は連続映画「空中怪盗団」「冒険島」のルシル・ブラウン、「獣人島」のロバート・コートマン、「闘う隊商」のジェームズ・マーカス、「異国の母」のフランク・ライス、マイケル・ヴィサロフ、ジャック・モワー等。

監督
アラン・ジェームズ
出演キャスト
ケン・メイナード ルシル・ブラウン ジョン・セント・ポリス ロバート・コートマン
1932年

人類の戦士

  • 1932年
  • 出演(The_Old_Doctor 役)

「国際盗賊ホテル」に次ぐロナルド・コールマン主演映画で、「本町通り」「バビット」と同じくシンクレア・ルイス作の小説を「怪紳士」「曳かれゆく男」等のコールマン映画の脚色者シドニー・ハワードが脚色に当り、「大空の闘士」「餓鬼娘」のジョン・フォードが監督し、「海賊(1931)」「即興恋愛詩」のレイ・ジューンが撮影した。「マデロンの悲劇」「武器よさらば」のヘレン・ヘイズがコールマンの相手役を勤め、「百万円貰ったら」「頬は薔薇色」のリチャード・ベネット、「シンガポール航路」のA・E・アンソン、「愛に叛く者」のマーナ・ローイ、「街の風景」のラッセル・ホプトン及びデイヴィッド・ランドー、クラレンス・ブルックス、アレック・B・フランシス等助演。

監督
ジョン・フォード
出演キャスト
ロナルド・コールマン ヘレン・ヘイズ リチャード・ベネット A・E・アンソン
1931年

戦う隊商

  • 1931年
  • 出演(The_Blacksmith 役)

ゼーン・グレイの西部開拓小説を映画化した作品で脚色には「勇敢ならでは」のエドワード・E・バラモア・ジュニア、「狼の唄」のキーン・トンプソン、「拳の王者」のアグネス・ブランド・リー、監督には「国境の狼群(1930)」のオットー・ブラワーとデイヴィッド・バートンがあたり、撮影は「西部の唄」のリー・ガームス氏及び「巴里選手」のヘンリー・ジェラードとが担任した。主なる出演者は「モロッコ」「掠奪者」のゲイリー・クーパー、「藪睨みの世界」のリリー・ダミタ、「スピードウェイ」のアーネスト・トーレンス、「西部の星影(1930)」のフレッド・コーラー、「快走王」のタリー・マーシャルで、他に「テキサス無宿」のジェームズ・マーカス、「青春倶楽部(1930)」のユージーン・パレット、「曠野に叫ぶ(1930)」のロイ・スチュアート、メイ・ボーレー、イヴ・サザーンなども付き合っている。

監督
オットー・ブラワー デイヴィッド・バートン
出演キャスト
ゲイリー・クーパー リリー・ダミタ アーネスト・トーレンス フレッド・コーラー
1930年

ビリー・ザ・キッド

  • 1930年
  • 出演(Donovan 役)

「ハレルヤ」「活動役者」と同じくキング・ヴィダー監督作品で、ウォルター・ノーブル・バーンズ作の「ビリー・ザ・キッドの伝説」に基づいて、前記2映画のワンダ・タショックが脚色し、ローレンス・ストーリングスが台詞を書いた。主役は「妻呼ぶ怒涛」「恋多き女」のジョン・マック・ブラウンが勤め、「ビッグ・ハウス」「ロマンスの河」のウォーレス・ビアリー、「略奪者」「マダム・サタン」のケイ・ジョンソンをはじめ、カール・デーン、ウィンダム・スタンディング、ラッセル・シンプソン、ジェームズ・マーカス等が助演している。カメラは「ハレルヤ」のゴードン・エイヴィルが担任した。

監督
キング・ヴィダー
出演キャスト
ジョン・マック・ブラウン ウォーレス・ビアリー ケイ・ジョンソン カール・デーン

テキサス無宿

  • 1930年
  • 出演(John_Brown 役)

「七日間の休暇」「勇者ならでは」に次ぐゲイリー・クーパー氏の主演映画で、オー・ヘンリー作の短篇を「命を賭ける男(1930)」の原作者オリヴァー・H・P・ギャレット氏が改作しダニエル・N・ルービン氏が脚色し、「巨人」「命を賭ける男(1930)」のジョン・クロムウェル氏が監督、「ロマンスの河」「撮影所殺人事件」のヴィクター・ミルナー氏が撮影したもの。相手役は「恋の素顔」「サンダーボルト(1929)」主演のフェイ・レイ嬢が勤め、「導火線」のエマ・ダン嬢「半分天国」のオスカー・アッフェル氏「エヴァンジェリン(1929)」のジェームズ・マーカス氏等が助演している。

監督
ジョン・クロムウェル
出演キャスト
ゲイリー・クーパー フェイ・レイ エマ・ダン オスカー・アッフェル
1929年

懐しのアリゾナ

  • 1929年
  • 出演(Blacksmith 役)

100パーセントのフォックス・ムーヴィートーン発声映画で、戯曲家として知られたトム・バリー氏が原作を書卸し、あわせて台詞をも執筆したものにより、「栄光」「紅の踊」のラウール・ウォルシュ氏と「暗黒街のローマンス」「闇より光へ」のアーヴィング・カミングス氏とが協力して監督完成したものである。主役を演ずるのは「ある男の一生」「三罪人」のウォーナー・バタスター氏、「栄光」「闇より光へ」のエドモンド・ロウ氏、それと舞台から来たドロシー・バージェス嬢とこの三人であるが、それを助けて「3悪人」で共演したトム・サンチ氏、ジェー・J・ファーレル・マクドナルド氏、フランク・カンポー氏を始めとし、アイヴァン・リノウ氏、ジェームズ・ブラッドベリー・ジュニアー氏、その他の人々が出演している。

監督
ラウール・ウォルシュ アーヴィング・カミングス
出演キャスト
エドモンド・ロウ ドロシー・バージェス ワーナー・バクスター J・ファーレル・マクドナルド

エヴァンジェリン(1929)

  • 1929年
  • 出演(Basil 役)

「黄金の世界へ」「紅の踊」と同じくドロレス・デル・リオ嬢主演の映画でロングフェローの有名な叙事詩よりフィニス・フォックス氏が脚色し「復活(1927)」「ラモナ(1927)(1927)」のエドウィン・カリュー氏が監督したもの。俳優としては主演者の他に「ラモナ(1927)(1927)」のローアンド・ドルウ氏「悲恋の楽聖」のアレック・ビー・フランシス氏、ドナルド・リード氏、ポール・マッカリスター氏、ジェームズ・マーカス氏その他が助演している。カメラは「四枚の羽根」「ラモナ(1927)」のロバート・カール氏が担当。

監督
エドウィン・カリュー
出演キャスト
ドロレス・デル・リオ ローランド・ドリュー アレック・B・フランシス ドナルド・リード
1928年

熊馴らしの娘

  • 1928年
  • 出演(Costa 役)

「復活(1927)」「ラモナ(1927)」に次ぐドロレス・デル・リオ嬢主演のエドウィン・ケリー氏監督作品である。原作はコンラッド・ベルコビィッチ氏の小説「熊馴らしの娘」で、それを前二作品と同じくフェニス・フォックス氏が脚色した。デル・リオ嬢の相手役を演ずるのは、エドウィン・ケリー氏の娘リタ・ケリーの夫ルロイ・メイソン氏である。その他、リタ・ケリー嬢や「港の女」出演のジェームズ・マーカス氏、ホセ・クレスポ氏、サム・アッペル氏、等も出演

監督
エドウィン・カリュー
出演キャスト
ドロレス・デル・リオ ジェームズ・マーカス Sophia Ortiga ルロイ・メイソン
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/7/10更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 人物を探す > ジェームズ・マーカス