TOP > 人物を探す > ヘレン・ファーガソン

年代別 映画作品( 年 ~ 1927年 まで合計13映画作品)

1927年

銅鉄の牙

  • 1927年
  • 出演(Mary_Warren 役)

「力走一万哩」と同じく名犬リン・テォン・ティンが主演する映画。チャールズ・R・コンドンが原案脚色したものによって「シカゴから来た女」「激流に逆いて」のレイ・エンライトが監督し、「愛欲争闘街」「恋愛飛行一万哩」のバーニー・マクギルが撮影した。主なる助演者はその昔フォックス映画に出演したヘレン・ファーガソン、「地熱」「激流に逆いて」のジェースン・ロバーズ、メアリー・ルイス・ミラー、ジャック・カーティス、バック・オコンナーなどである。

監督
レイ・エンライト
出演キャスト
リン・ティン・ティン ジェイソン・ロバーズ・Sr ヘレン・ファーガソン メアリー・ルイス・ミラー
1925年

水陸百万人力

  • 1925年
  • 出演(Dorothy_Perkins 役)

ジェームズ・ベル・スミス氏が書き卸した台本により「万病即治薬」「逆夢の吉兆」等と同じくジャック・ネルソン氏が監督したもので主役は「鉄壁突破」「巨弾霹靂」等主演のリチャード・タルマッジ氏が演じ相手薬は「無理矢理一万哩」「紅の大空」等出演のヘレン・フォーガソン嬢である。

監督
ジャック・ネルソン
出演キャスト
リチャード・タルマッジ ヘレン・ファーガソン ジェームズ・マーカス Victor Dillingham

紅の大空

  • 1925年
  • 出演(Nestina 役)

エー・ビー・ヒース氏の原作をアンソニー・ポール・ケリー氏が脚色し「怪力無双」「以外の犯人」等と同じくジョン・G・アドルフィが監督したものである。「紅椿」「煉獄の花」等出演のロバート・フレイザー氏が主演し「恋の鉄條網」等出演のクララ・ボウ嬢、「天晴れ名投手」等出演のジョニー・ウォーカー氏、「無理矢理一万哩」等出演のヘレン・ファーガソン嬢等が共演するほか、ロバート・エデソン氏、ウォルター・マッグレイル氏、ガストングラス氏、ルース・ストンハウス嬢等の助演者も好い顔振れである。インジアンのカーデランチェは米国東部の大学で新教育を受けて集落に帰って来たが彼の新思想は歓迎されなかった。彼は白人を駆遂することの不可能を説き寧ろ白人にどうかする方が得策であると教えたが頑迷な種族の人々は白人を敵視し争闘をこととした。レミントン要塞の総監キンナード将軍の令嬢は若い将校連の望みの星であったが令嬢はバークマン中尉を秘かに意中の人としていたある説き将軍一行がインジアンに襲撃された時カーデランチェが救けたので破格にも彼が中尉に任命されてから令嬢の心は美しい異人に傾いていた。バークマン中尉口論して同僚を殴打した罪で位階を取り上げられた折柄インジアンとの交渉険悪となり開戦は避け難くなった。将軍はカーデランチェを令嬢に近づけまいとし人々の彼に対する冷遇に堪えかねて彼は要塞を去った。しかしインジアンの猛襲に要塞が陥落せんとした時彼は要塞を救い令嬢をバークマン中尉に譲り集落の娘ネスティを姻ったのであった。

監督
ジョン・G・アドルフィ
出演キャスト
ロバート・フレイザー クララ・ボウ ロバート・エディソン ジョニー・ウォーカー

九秒五分の三

  • 1925年
  • 出演(Mary_Bowser 役)

短距離徒歩競走チャンピオンたるチャールズ・パドック氏をスターにした運動趣味映画でローイ・クレメンツ氏の原作により「漂泊える阿蘭陀人」等と同じくロイド・B・カールトン氏が監督したものである。ヘレン・ファーガソン嬢、ジョージ・フォーセット氏、オーティス・ハーラン氏等が対手役を勤めている。

監督
ロイド・B・カールトン
出演キャスト
チャールズ・パドック ジョージ・フォーセット Jack H. Giddings ヘレン・ファーガソン
1923年

有名なフェアー夫人

  • 1923年
  • 出演(Peggy 役)

ジェームズ・フォーブス原作の舞台劇を、フランセス・マリオンが脚色し「地と砂」「三銃士(1921)」等を監督したフレッド・ニブロが監督した。「死霊と戦う女」「白銀の群」等出演のマートル・ステッドマン、「影に怖えて」「結婚愛」等に出演のマーゲリット・ド・ラ・モット、「幸福の扇」出演のハントリー・ゴードン、「若人よ永遠に」等出演のカレン・ランディス、「最後の一瞬」等出演のカーメル・マイアース等共演という良い役割である。

監督
フレッド・ニブロ
出演キャスト
マートル・ステッドマン ハントリー・ゴードン マーゲリット・ド・ラ・モット カレン・ランディス

殺人光線

  • 1923年
  • 出演(Rush_Marsh 役)

ローランド・ウェストとカーライル・ムーア合作の舞台劇を、ローランド・ウェストとポール・ショーフィールドとが脚色し、ウェスト自ら監督して製作せる映画。主役は性格俳優として有名なヘンリー・B・ウォルソール「霊界の使者」等出演のアリス・レイク、「ゼンダ城の虜(1922)」「二国旗の下に」等出演のスチュアート・ホームズ、「結婚とは」等出演のヘレン・ファーガソン等である。

監督
ローランド・ウェスト
出演キャスト
ヘンリー・B・ウォルソール アリス・レイク スチュアート・ホームズ ヘレン・ファーガソン
1922年

憤怒の時

  • 1922年
  • 出演(Lucille_Danby 役)

フランク・メイオ氏主演のユ社映画でリリアン・チェスター女史の原作をジョージ・チェスター氏が「ファントマ」等で腕をみせたエドワード・セジウィック氏が監督した。相手役はヘレン・ファーグス嬢である。

監督
エドワード・セジウィック
出演キャスト
フランク・メイオ ヘレン・ファーガソン メルボーン・マクドウェル チャールズ・クラリー

餓えたる心

  • 1922年
  • 出演(Sara 役)

アンジア・イェジエルスカが「餓えたる心」という題で書いた短篇数篇を基として「漂泊の孤児」等と同じくジュリエン・ジョセフソンが脚色し、これを「女房征服」等と同じくE・メイソン・ホッパーが監督した。主役は「風雲のゼンダ城」「倫敦への道」等出演のブライアント・ウォッシュバーン、「涙の街」出演のローザ・ロザノヴァ、「結婚とは」等出演のヘレン・ファーガソン等である。原作者はポーランド生れの婦人で15、6年前一移民としてアメリカに来て、移民の果敢ない生活を自ら体験しただけに、その描いた物語は真実味溢れるものがある。

監督
E・メイソン・ホッパー
出演キャスト
ブライアント・ウォッシュバーン ヘレン・ファーガソン E・アリン・ウォーレン ローザ・ロザノヴァ
1921年

北国の呼声

  • 1921年
  • 出演(Elodie_Albert 役)

スチュワート・エドワード・ホワイト著の小説「魔法使の家」Conjurer's Houseからジャック・カニンガムが脚色し、「月光の縁」などを監督したジョセフ・ヘナベリー氏が監督した北国奇譚で、主役は「仮面」などで主役のジャック・ホルト、相手として「謎の女」「盲目の愛」などに出演のマッジ・ベラミーが出演し、そのほかノア・ビアリー、フランシス・マクドナルドらの凄いところが出演する。

監督
ジョセフ・ヘナベリー
出演キャスト
ジャック・ホルト マッジ・ベラミー ノア・ビアリー フランシス・マクドナルド
1920年

男子の愛

  • 1920年
  • 出演(Ann_Dytton 役)

フォックス社入社後のウィリアム・ラッセル映画で、ハロルド・タイタスのBruce of Circle Aなる小説をジョセフ・アンソニー・ローチが脚色し、監督は「西部の荒武者」と同様エメット・J・フリンである。相手役は「太陽児」そのほか出演のヘレン・ファーガソンである。

監督
エメット・J・フリン
出演キャスト
ウィリアム・ラッセル ヘレン・ファーガソン ベティー・シェード ロバート・ケイン
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/7/15更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 人物を探す > ヘレン・ファーガソン

ムービーウォーカー 上へ戻る