TOP > 人物を探す > Charles Abbe

年代別 映画作品( 1922年 ~ 1924年 まで合計3映画作品)

1924年

水塔の西

  • 1924年
  • 出演(R._N._Arnhalt 役)

1923年に出版されたホーマー・クロイ氏原著の小説を、ルシエン・ハバードシが書き改め、ドリス・シュローダー女史が脚色し、「神とその女」「運命(1919)」等と同じくローリン・スタージョン氏が監督したもの。主役は「活動のマートン」のグレン・ハンター氏、「駅馬車(1925)」のアーネスト・トーレンス氏「キック・イン」のメイ・マカヴォイ嬢等で、その他にもジョージ・フォーセット氏、ザス・ピッツ嬢等が出演している。

監督
ローリン・スタージョン
出演キャスト
グレン・ハンター メイ・マカヴォイ アーネスト・トーレンス ジョージ・フォーセット
1923年

浪吼ゆる夜

  • 1923年
  • 出演(Rufus_Brent 役)

「負けじ魂」「海の壮漢」等の原作者ピーター・B・カインの小説「風下の灯」“The Light to Leewardを、「幌馬車」を脚色したジャック・カニンガムと、「銀の翼」「神の怒り」等を脚色したポール・H・スローンの2人が共同で脚色し、ラルフ・インスが監督したもの「やくざ者(1923)」「襤褸を飾って」等と同じくトーマス・ミーアンとライラ・リーの共演である。

監督
ラルフ・インス
出演キャスト
トーマス・ミーアン ライラ・リー Charles Abbe ウィリアム・T・カールトン
1922年

襤褄を飾って

  • 1922年
  • 出演(H._H._Hornby 役)

「子煩脳」「君を思えば」等を監督したアルフレッド・E・グリーン氏が「子煩悩」「屠殺者(1922)」等主演のトーマス・ミーアン氏を主役として監督製作したもので、相手役は「灼熱の悪魔」「剣の輝き」等出演のライラ・リー嬢である。

監督
アルフレッド・E・グリーン
出演キャスト
トーマス・ミーアン ライラ・リー フレデリック・バートン シリル・リング
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/7/13更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 人物を探す > Charles Abbe