TOP > 映画監督・俳優を探す > グスタフ・モランデル

年代別 映画作品( 1938年 ~ 1980年 まで合計4映画作品)

1980年

忍冬の花のように

  • 1980年10月25日(土)
  • 原作

地方都市を巡業する1人のミュージシャンの自由放奔な生活を中心に彼をめぐる2人の女の愛と葛藤を描く。製作総指揮はシドニー・ポラック、製作はジーン・タフト、監督は「青春の暴走」のジェリー・シャッツバーグ。ゴスタ・スティーヴンとグスタフ・モランダーの原作を基にキャロル・ソビエスキー、ウィリアム・D・ウィットリフとジョン・バインダーが脚色。撮影はロビー・ミュラー、オリジナル・ソングはウィリー・ネルソン、編集はアラム・アヴァキアン、ノーマン・ゲイ、マーク・ローブ、イヴァン.ロットマンが各々担当。出演はウィリー・ネルソン、ダイアン・キャノン、エイミー・アーヴィング、スリム・ピケンズなど。日本語版監修は戸田奈津子。テクニカラー、パナビジョン。1980年作品。

監督
ジェリー・シャッツバーグ
出演キャスト
ウィリー・ネルソン ダイアン・キャノン エイミー・アーヴィング スリム・ピケンズ
1939年

一夜かぎり

  • 1939年12月23日(土)
  • 監督

イングリッド・バーグマンのスウェーデン時代の出演作品。

監督
グスタフ・モランデル
出演キャスト
エドウィン・アドルフソン オルフ・サンドボルイ イングリッド・バーグマン
1952年

別離(1939)

  • 1952年12月11日(木)
  • 原作

「風と共に去りぬ」のデイヴィッド・O・セルズニックが1939年に製作した恋愛ドラマで、監督は「コルシカの兄弟」のグレゴリー・ラトフ。原作は瑞典で映画化(バーグマン主演)されたゴスタ・スティーヴンスとグスタフ・モランダーのシナリオで、ジョージ・オニールが米国版に脚色しなおした。撮影は「魅惑」の故グレッグ・トーランド、音楽は「トム・ソーヤの冒険」のルイス・フォーブスの担当。主演は「白い恐怖」のイングリッド・バーグマン(渡米第1回)と、「風と共に去りぬ」の故レスリー・ハワード(この作品の共同製作者)で、ドナ・ベスト(「鉄のカーテン」)、セシル・ケラウェイ、(「ジェニーの肖像」)、ジョン・ハリデイ、アン・トッド(「情熱の友」)らが助演する。

監督
グレゴリー・ラトフ
出演キャスト
レスリー・ハワード イングリッド・バーグマン エドナ・ベルト ジョン・ハリデイ
1938年

女の顔(1938)

  • 1938年
  • 監督

フランスの劇“Il etait une fois”の映画化。41年には、アメリカのMGMで再映画化されている。その時のアンナ役はジョージ・クーロフォード、トルシュテン役はコンラート・ファイトで、ジョージ・クーカーが監督に当たっていた。

監督
グスタフ・モランデル
出演キャスト
イングリッド・バーグマン ヨールイ・リンデベルイ
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/10/20更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画監督・俳優を探す > グスタフ・モランデル

ムービーウォーカー 上へ戻る