映画-Movie Walker > 人物を探す > ジョン・ボールズ

年代別 映画作品( 1924年 ~ 1937年 まで合計37映画作品)

1931年

フランケンシュタイン(1931)

  • 1931年当年公開
  • 出演(Victor_Moritz 役)

メアリー・W・シェリーの執筆した小説を基にして「魔人ドラキュラ」「二つの顔(1930)」のギャレット・フォートと「鉄青年」「犯罪王リコ」のフランシス・エドワーズ・ファラガーの二人が脚色し、「ウォタルウ橋」のジェームズ・ホエールが監督し、「再生の港」「ビッグ・トレイル」のアーサー・エディソンが撮影した映画で主演者は「旅路の終り」で一躍名をなしたコリン・クライヴ、助演者とし「ウォタルウ橋」のメイ・クラーク、「母性」「天国の一夜」のジョン・ポールス、「海魔」のポリス・カーロフ、フレデリック・カー、エドワード・ヴァン・スローン等が出演している。

監督
ジェームズ・ホエール
出演キャスト
コリン・クライヴ メイ・クラーク ジョン・ボールズ フレデリック・カー

金貨狂想曲

  • 1931年当年公開
  • 出演(Boyce_Cameron 役)

ウィリアム・ハールバット執筆の脚本を基にして「蜘蛛の怪」「街の令嬢」のケネス・マッケンナが監督にあたり、「アナベル情事」「愛の暴風」のチャールズ・クラークがクランクしたもので、主なる出演者は舞台出のリンデ・ワトキンス、「母性」「リオ・リタ」のジョン・ボールズ、「大西洋横断」「各国の女」のグレタ・ニッセン、ミナ・ゴンベル、ヘッダ・ホッパー、「餓鬼娘」のアラン・ダインハート、クレア・メイナード、エセル・ケニヨン、ルイス・ビーヴァース、サリー・ブレーン、ベティー・フランシスコ、ジョイス・コンプトン、イネズ・ノートン、ジョーン・カーなどである。

監督
ケネス・マッケンナ
出演キャスト
リンダ・ワトキンス ジョン・ボールズ グレタ・ニッセン ミナ・ゴンベル

天国の一夜

  • 1931年当年公開
  • 出演(Mirko 役)

ライト・オペラのスターとして知られているイヴリン・レイと「母性」「リオ・リタ」のジョン・ボールズとが共演する映画。ルイス・ブロムフィールドの筆になる原作から「怪紳士」「新版結婚読本」のシドニー・ハワードが脚色し「激流恋をのせて」「愛欲の人魚」のジョージ・フィッツモーリスがメガフォンをとり、「怪紳士」と同じくジョージ・バーンズとグレッグ・トーランドの両人が撮影を受け持った。助演者は「悪魔が跳び出す」のリリアン・タッシュマン、「脱線泥棒」のレオン・エロール、ヒュー・キャメロン、マリアン・ロード、ライオネル・ベルモアその他である。

監督
ジョージ・フィッツモーリス
出演キャスト
イヴリン・レイ ジョン・ボールズ レオン・エロール リリアン・タッシュマン

復活(1931)

  • 1931年当年公開
  • 出演(Dmitri_Nekhludof 役)

以前にも手がけたことのあるトルストイ伯の有名な小説『復活』を再びエドウィン・カリューが監督したもので、当時と同じ脚色者フィニス・フォックスが台本及び台詞を執筆し「リオ・リタ」「エヴァンジェリン(1929)」のロバート・カールが撮影した。主役は「リオ・リタ」「キング・オブ・ジャズ」のジョン・ボールズと「嵐」「激流恋をのせて」のルーペ・ヴェレスでウィリアム・ケイリー、ナンス・オニール、ローズ・タップレイ、マイケル・マークが助演している。

監督
エドウィン・カリュー
出演キャスト
ジョン・ボールズ ルーペ・ヴェレス ウィリアム・ケイリー ナンス・オニール

母性

  • 1931年当年公開
  • 出演(Bart_Carter 役)

チャールズ・ノーリス作の小説「種」に基づいて「猫は這い寄る」「飛び入り婿君」のグラディス・レーマンが脚色、台詞を書き、「囁きの小道」「恋人」のジョン・M・スタールが監督し、「嵐に咲く花」「高速度尖端娘」のジャクソン・J・ローズが撮影したものである。主なる出演者は「復活(1931)」「キング・オブ・ジャズ」のジョン・ボールズ、舞台から招へいされたジュヌヴィエーヴ・トバン、「世話女房」「或る男の一生」のロイス・ウィルソンで、助演者は「モンテカルロ」「ハニー」のザス・ピッツ「猫は這い寄る」「マダムX」のレイモンド・ハケット、舞台から来たベティ・デイヴィス「屠殺者(1930)」「令嬢暴力団」のリチャード・タッカー及び子役ディッキー・ムーアの面々。

監督
ジョン・M・スタール
出演キャスト
ジョン・ボールズ ジュヌヴィエーヴ・トバン ロイス・ウィルソン レイモンド・ハケット
1930年

キング・オブ・ジャズ

  • 1930年当年公開
  • 出演

米国ジャズ・ミュージック界の大立者ポール・ホワイトマンとその率いるバンドを招聘して作ったレヴュー映画で、ジャック・エーレンが作詞し、ミルトン・エーガー氏が作曲したものを基としそれにジョージ・ガーシュウィン、メイベル・ウェイン、ビリー・ローズ、ジェームズ・ディートリッヒ等の作曲を付加し、舞台出の新人ジョン・マレイ・アンダーソンが演出の任に当たった。撮影を担任したのは「ブロードウェイ(1929)」のハル・モーア「仮の塒」のジェローム・アシュ、「放浪の王者(1930)」のレイ・レナハンが舞台方面を指揮しハーマン・ロスがセット及び意匠をデザインしている。主なる出演者はホワイトマン・ジャズ・バンドの人々を始め「リオ・リタ」のジョン・ボールズ、「高等恋愛術」のスタンリー・スミス、ジャネット・ロフ、ヴォードヴィル界の花形ジェニー・ラング、ビリー・ケント、アル・ノーマン、ドン・ローズ、マリオン・スタトラー、その他著名の芸人揃いで、日本語版には特に邦人俳優の駒井哲、山岡アイリスが司会者の役をつとめている。

監督
ジョン・マレイ・アンダーソン
出演キャスト
Paul Whiteman and his band ジョン・ボールズ スタンリー・スミス ジャネット・ロフ
1929年

うわさ

  • 1929年当年公開
  • 出演(Maurice_Greer 役)

「娘一人に婿百人」「最後の警告」のローラ・ラ・プラント嬢が主演した映画。原作はアデラ・ロジャース・セント・ジョン女史がコスモポリタン誌上に発表した小説で、それをポール・ショーフィールド氏が潤色、あわせて撮影台本を執筆し、「娘一人に婿百人」「法螺吹き靴屋大当たり」と同じくウェズリー・ラッグルズ氏が監督したものである。「他言は御無用」のハントリー・ゴードン氏、「最後の警告」のジョン・ポールス氏、「港々の女難想」のジェーン・ウィントン嬢、等が助演する。キャメラは「都会の哀愁」「笑う男」のギルバート・ウォーレントン氏。

監督
ウェズリー・ラッグルズ
出演キャスト
ローラ・ラ・プラント ハントリー・ゴードン ジョン・ボールズ ジェーン・ウィントン

砂漠の歌

  • 1929年当年公開
  • 出演(Pierre_Birbeau 役)

最初に発声映画化されたオペレッタで原作はオットー・ハーバッハ氏、ローレンス・シュヴォブ氏、オスカー・ハマースタイン第二世、シグモンド・ロンバーグ氏、フランク・マンデル氏が合作したものでかつてブロードウェイで好評を博した。「未熟の人」「特急黒ダイヤ」のハーヴェイ・ゲイツ氏がこれを脚色し「恋の勝馬」「紐育狂想曲」のロイ・デル・スース氏が監督、「ノアの箱船」「栄光」のバリトーン歌手ジョン・ポールズ氏と舞台出のカーロッタ・キング嬢で、「速成離婚術」のジョニー・アーサー氏、「コンサート」のジョン・ミルジャン氏等が助演している。

監督
ロイ・デル・ルース
出演キャスト
ジョン・ボールズ カーロッタ・キング ルイズ・ファゼンダ ジョニー・アーサー

リオ・リタ

  • 1929年当年公開
  • 出演(Captain_Jim_Stuart 役)

R・K・Oラジオ映画中の超特作品で有名なジークフェルトの当り狂言を映画化したものである。原作はガイ・ボルトン氏、フレッド・トンプソン氏合作、ジョセフ・マッカーシー氏が歌詞を執筆、ハリー・ティファニー氏が作曲したオペレッタで、「夜会服」「上海目指して」のルーサー・リード氏が脚色並びに監督し、「復活(1927)」「四枚の羽根」のロバート・カール氏が撮影主任を勤めた。主役は「娘十八」物を名残にパラマウントを去って入社したビービー・ダニエルス嬢で、「最後の警告」「暗黒街のローマンス」のジョン・ボールス氏が相手役を演じ「男女の戦い」「巴里のアパッシュ」のドン・アルヴァラド氏、新進花形ドロシー・リー嬢、舞台で喜劇俳優として著名なバート・ウイーラー氏とロバート・ウールジー氏、エヴァ・ロジタ嬢、ヘレン・カイザー嬢、ニック・デ・ルイス氏、タイニー・サンドフォード氏等が助演している。

監督
ルーサー・リード
出演キャスト
ビービー・ダニエルス ジョン・ボールズ ドン・アルヴァラド ドロシー・リー
1928年

新人の天地輝く

  • 1928年当年公開
  • 出演(Hugh_Bradleigh 役)

ミルトン・ハーバート・グロッパー氏とマックス・シーゲル氏との合作した舞台劇を「我れ世に誇る」「降伏」と同じくエドワード・スローマン氏が監督した映画。エドワード・ジェー・モンターニュ氏監修の下にアルフレッド・A・コーン氏が脚色しあわせて撮影台本をつくった。「法螺吹き靴屋大当り」出演のジョージ・ルイス氏、「南京豆小僧大空の巻」のパッシー・ルス・ミラー嬢、「與太成功記」のジョージ・シドニー氏、「五つの魂を持つ女」のジョン・ボールズ氏、その他エディ・フィリップス氏、ジョセフィン・ダン嬢、キャスリン・ウィリアムス嬢、エドワード・マーティンデル氏などが出演している。ちなみにこの映画は米国では「我等アメリカ人」We Americansで発表された。

監督
エドワード・スローマン
出演キャスト
ジョージ・シドニー ベリル・マーサー ジョージ・ルイス パッシー・ルス・ミラー
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ジョン・ボールズ