映画-Movie Walker > 人物を探す > マイケル・ウィナー

年代別 映画作品( 1968年 ~ 1994年 まで合計19映画作品)

1994年

ダーティ・ウィークエンド

  • 1994年9月24日(土)公開
  • 監督、製作、脚本

男たちの有形無形の暴力に追い詰められた平凡な女が、狂気に駆られて男たちを次々に抹殺していく姿を描いた、異色サスペンス。女性作家ヘレン・ザハーヴィの同名小説(新潮文庫)を、「狼よさらば」「スーパー・マグナム」のマイケル・ウィナーの監督で映画化。脚本はザハーヴィとウィナーの共同。製作はロバート・アールとウィナー、撮影はアラン・ジョーンズ、音楽はデイヴィッド・ファンショウ。主演はリア・ウィリアムス。共演はTV『ナポレオン・ソロ』のデイヴィッド・マッカラム、ルーファス・スェールほか。

監督
マイケル・ウィナー
出演キャスト
リア・ウィリアムス ルーファス・シーウェル デイヴィッド・マッカラム マイケル・クルー
1992年

ダブルチェイス 俺たちは007じゃない

  • 1992年1月21日(火)公開
  • 監督、製作、原作

自分たちにそっくりの科学者になりすまして大金を狙った2人が、政府がらみの大混乱に巻き込まれるアドベンチャー・コメディ。監督および製作はマイケル・ウィナー、エグゼクティヴ・プロデューサーはメナヘム・ゴーラン、脚本はレスリー・ブリッカス、ローレンス・マークス、モーリス・グラン。原作はレスリー・ブリッカス、マイケル・ウィナー、ニック・メード、音楽はジョン・デュプレが担当。

監督
マイケル・ウィナー
出演キャスト
マイケル・ケイン ロジャー・ムーア サリー・カークランド Deborah Barrymore
1988年

死海殺人事件

  • 1988年5月28日(土)公開
  • 監督、製作、脚色

死海のほとりでアメリカの富豪の末亡人が殺された事件の謎を、名探偵ポアロが解明する。製作・監督・編集(別名義)はマイケル・ウィナー。エグゼクティヴ・プロデューサーはメナヘム・ゴランとヨラム・グローバス。アガサ・クリスティーの『死との約束』(早川書房)をウィナーとアンソニー・シェーファー、ピーター・バックマンが脚色。撮影はデイヴィッド・ガーフィンケル、音楽はピノ・ドナジオが担当。出演はピーター・ユスチノフ、ローレン・バコールほか。

監督
マイケル・ウィナー
出演キャスト
ピーター・ユスティノフ ローレン・バコール ジョン・ギールグッド パイパー・ローリー
1986年

スーパー・マグナム

  • 1986年4月26日(土)公開
  • 監督、製作

チャールズ・ブロンソン主演、マイケル・ウィナー監督のコンビによる、アクション復讐劇“デス・ウィッシュ”シリーズ第3弾[第1作「狼よさらば」(74)、第2作「ロサンゼルス」(82)]。旧友を惨殺したストリート・ギャングに敢然と立ち向かう主人公の活躍を描く。監督は「狼よさらば」のマイケル・ウィナー、製作はメナヘム・ゴーラン、マイケル・ウィナー、マイケル・カーガン、原作とキャラクター創造はブライアン・ガーフィールド、脚本はマイケル・エドマンズ、撮影はジョン・スタニアー、音楽はジミー・ペイジ、マイク・モウラン、編集はアーノルド・クラスト(マイケル・ウィナー)がそれぞれ担当。

監督
マイケル・ウィナー
出演キャスト
チャールズ・ブロンソン マーティン・バルサム デボラ・ラフィン エド・ローター
1982年

ロサンゼルス

  • 1982年3月20日(土)公開
  • 監督

娘を強姦された父親が犯人を自力で探し出して復讐するというアクション映画。74年の「狼よさらば」の後日譚に当り、マイケル・ウィナー監督、主演のチャールズ・ブロンソンが再びコンビを組んでいる。製作は「グローイング・アップ」シリーズでおなじみのイスラエル出身のメナハム・ゴランとヨーラム・グローバス。キャノンとは2人が買収したロサンゼルスに本拠をおく映画会社。製作総指揮はハル・ランダースとボビー・ロバーツ。デイヴィッド・エンゲルバックとマイケル・ウィナーが脚色。撮影はリチャード・H・クライン、トーマス・デル・ルース、音楽は元レッド・ツェッペリンのジミー・ペイジが各々担当。出演はブロンソンの他に、彼の妻ジル・アイアランド、ヴィンセント・ガーディニア、ロビン・シャーウッド、トーマス・ダフィなど。

監督
マイケル・ウィナー
出演キャスト
チャールズ・ブロンソン ジル・アイアランド ヴィンセント・ガーディニア J・D・キャノン
1979年

リベンジャー(1979)

  • 1979年5月26日(土)公開
  • 監督、製作、原案

ニューヨーク、ワシントン、マイアミ、カリブを舞台に、世界的な犯罪組織や、賞金稼ぎの一匹狼、謎の美女などがからむアクション映画。製作・監督は「狼よさらば」のマイケル・ウィナー。ビル・カービーとマイケル・ウィナーの原案をジェラルド・ウィルソンが脚色。撮影はロバート・ペインター、ディック・クラティーナ、リチャード・H・クライン、音楽はガトー・バルビエリが各々担当。出演はソフィア・ローレン、ジェームズ・コバーン、O・J・シンプソン、イーライ・ウォラック、アンソニー・フランシオサ、ジョージ・グリザード、ヴィンセント・ガーディニア、ビクター・マチュアなど。

監督
マイケル・ウィナー
出演キャスト
ソフィア・ローレン ジェームズ・コバーン O・J・シンプソン イーライ・ウォラック
1977年

センチネル

  • 1977年6月11日(土)公開
  • 監督、製作、脚本

悪魔の番人を運命づけられた女をめぐる恐怖を描く。製作・脚本はマイケル・ウィナーとジェフリー・コンビッツ、監督は「名犬ウォン・トン・トン」のM・ウイナー、原作はJ・コンビッツの「悪魔の見張り」(早川書房刊)、撮影はディック・クラティーテ、音楽はジル・メレが各々担当。出演はクリス・サランドン、クリスチテ・レインズ、マーティン・バルサム、ジョン・キャラディン、エヴァ・ガードナー、アーサー・ケネディ、バージェス・メレディス、イーライ・ウォラックなど。

監督
マイケル・ウィナー
出演キャスト
クリス・サランドン クリスティーナ・レインズ マーティン・バルサム ジョン・キャラダイン
1976年

名犬 ウォン・トン・トン

  • 1976年12月25日(土)公開
  • 監督、製作

1924年、無声映画華やかなりしハリウッドを舞台に、スターの座を獲得した名犬ウォン・トン・トンと、犬に振り廻される人間たちを描いた喜劇。製作はデイヴィッド・V・ピッカーとアーノルド・シュルマン、監督は「狼よさらば」のマイケル・ウィナー、脚本はアーノルド・シュルマンとサイ・ハワード、撮影はリチャード・クライン、音楽はニヒル・ヘフティ、美術はワード・プレストンが各々担当。出演はマデリーン・カーン、ブルース・ダーン、アート・カーニー、ロン・リーブマンなど。他にゲストとして往年のハリウッド・スターが特別出演している。

監督
マイケル・ウィナー
出演キャスト
マデリーン・カーン ブルース・ダーン アート・カーニー ロン・リーブマン
1974年

狼よさらば

  • 1974年11月2日(土)公開
  • 監督

犯罪の温床ニューヨークを舞台に、妻子を殺されたビジネスマンの復讐を描く。製作総指揮はディノ・デ・ラウレンティス、製作はハル・ランダースとボビー・ロバーツ、監督は「シンジケート」のマイケル・ウィナー、脚本はウェンデル・メイス、原作はブライアン・ガーフィールド、撮影はアーサー・J・オーニッツ、音楽はハービー・ハンコックが各々担当。出演はチャールズ・ブロンソン、ホープ・ラング、ヴィンセント・ガーディニア、スティーヴン・キーツ、ウィリアム・レッドフィールド、キャサリン・トーラン、、スチュアート・マーゴリン、ジェフ・ゴールドブラム、グレゴリー・ロザキス、クリストファー・ローガンなど。

監督
マイケル・ウィナー
出演キャスト
チャールズ・ブロンソン ホープ・ラング ヴィンセント・ガーディニア ウィリアム・レッドフィールド
1973年

シンジケート

  • 1973年12月15日(土)公開
  • 監督

“マフィア戦争”をめぐり、ニューヨークとロサンゼルスで相前後して起きた殺人事件の背後に隠された大量殺人計画を追う刑事の執念を描く。製作はディノ・デ・ラウレンティス、監督は「スコルピオ」のマイケル・ウィナー、ジョン・ガードナーの原作をジェラルド・ウィルソンが脚本、撮影はリチャード・ムーア、音楽はロイ・バッドは各々担当。出演はチャールズ・ブロンソン、マーティン・バルサム、テビッド・シャイナー、ラルフ・ウェイト、ジャック・コルヴィン、ケリー・マイルズ、ポール・コスロ、スチュアート・マーゴリン、ノーマン・フェル、リザベス・ハッシュなど。

監督
マイケル・ウィナー
出演キャスト
チャールズ・ブロンソン マーティン・バルサム デイヴィッド・シェイナー ラルフ・ウェイト
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > マイケル・ウィナー