映画-Movie Walker > 人物を探す > Leonard Thomas

年代別 映画作品( 1991年 ~ 1999年 まで合計3映画作品)

1999年

交渉人

  • 1999年7月3日(土)
  • 出演(Allen 役)

人質交渉人(ネゴシエーター)のふたりの男が、人質犯と彼に指名された交渉人という立場で対峙するサスペンス・アクション。「ジャック」のジェームズ・デ・モナコとケヴィン・フォックスのオリジナル脚本を、「セット・イット・オフ」のF・ゲーリー・グレイが監督。製作は「ジャングル・ジョージ」のデイヴィッド・ホーバーマンと「L.A.コンフィデンシャル」のアーノン・ミルチャン、製作総指揮は「チカチーロ」のロバート・ストーンとウェブスター・ストーン、「フラバー」のデイヴィッド・ニックセイ。撮影は「タイタニック」のラッセル・カーペンター、音楽は「チャイニーズ・ボックス」のグレアム・レヴェル、美術は「ブロークン・アロー」のホルガー・グロス、編集は「フェイス/オフ」の、クリスチャン・ワグナー、衣裳はフランシーヌ・ジェイミソン=タンチャック。主演は「スフィア」のサミュエル・L・ジャクソンと「真夜中のサバナ」のケヴィン・スペイシー。共演は「コンタクト」のデイヴィッド・モース、「L.A.コンフィデンシャル」のロン・リフキン、「コップランド」のジョン・スペンサー、「戦火の勇気」のレジーナ・テイラー、そして本作が遺作となった「ブレーキ・ダウン」のJ・T・ウォルシュほか。

監督
F・ゲイリー・グレイ
出演キャスト
サミュエル・L・ジャクソン ケヴィン・スペイシー デヴィッド・モース ジョン・スペンサー
1994年

バッド・ルーテナント 刑事とドラッグとキリスト

  • 1994年6月25日(土)
  • 出演(CopTtwo 役)

ニューヨーク・インディーズ派のアベル・フェラーラ監督がマーティン・スコセッシ作品の常連男優としてデビューした後も確実にキャリアを積んでいるハーヴェイ・カイテルと組んで撮ったニューヨーク刑ことの人間ドラマ。アベル・フェラーラは、これまでに「キング・オブ・ニューヨーク」「チャイナ・ガール」『ボディースナッチャーズ』とセンセーショナルな作品を撮り続けている個性派監督。製作は「運命の逆転」の敏腕プロデューサー、エドワード・R・プレスマンとフェラーラ監督の右腕のメリー・ケイン。音楽にジョー・デリア。撮影にケン・ケルシュ。脚本はゾーイ・ルンドが担当している。出演は「ピアノ・レッスン」のハーヴェイ・カイテル。その他、尼僧にフランキー・ソーン、そして共同脚本を執筆しているゾーイ・ルンドが主人公LTの愛人のゾーイで重要な役を演じている

監督
アベル・フェラーラ
出演キャスト
ハーヴェイ・カイテル ゾーイ・ルンド フランキー・ソーン ヴィクター・アルゴ
1991年

スーパーフライ(1990)

  • 1991年9月2日(月)
  • 出演

麻薬を巡る犯罪組織の抗争をブラック・ミュージックで飾ったアクション作品。シグ・ショア製作、ゴードン・パークス・ジュニア監督、ロン・オニール主演の「スーパーフライ(1972)」の現代版リメイク。監督はシグ・ショア、製作はショアとアンソニー・ウィズダム、エグゼクティヴ・プロデューサーはジョン・ゴールドウォーターとルディ・コーエン、脚本はウィズダム、撮影はアンゲル・デッカ、音楽はカーティス・メイフィールド、編集はジョン・マリン、美術はジェレミー・フランクがそれぞれ担当。

監督
シグ・ショア
出演キャスト
ネイサン・パーディ マーガレット・エヴリー Leonard Thomas クリストファー・カレー
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
一度死んでみた
一度死んでみた

父親が嫌いな娘が父親の死の真相を巡り巻き込まれる騒動を広瀬すず主演で描くコメディ

ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY
ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY

DCコミックスの人気キャラクター、ハーレイ・クインを主人公に描くアクション

三島由紀夫VS東大全共闘 50年目の真実
三島由紀夫VS東大全共闘 50年目の真実

1969年の東大全共闘との討論会を通して作家・三島由紀夫の生き様を浮き彫りにする

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > Leonard Thomas