映画-Movie Walker > 人物を探す > マイク・ドンリン

年代別 映画作品( 1923年 ~ 1934年 まで合計12映画作品)

1934年

狂恋のつばさ

  • 1934年
  • 出演(Mike 役)

「消えゆく国境」「ブラウン野球虎の巻」のエヴァリン・ナップが「キック・イン」のジェームズ・マレイと「恋の手ほどき(1933)」のアーサー・ピアソンを相手として主演する映画で「バアミー・デイス」のキース・トンプソンが書き下ろした物語をミルトン・レイソンが脚色し、「熱沙の騎士」「怒号する天地(1932)」のアルバート・S・ロージェルが監督にあたり、「たそがれの女」「アメリカの狂乱」のジョセフ・ウォーカーが撮影したもの。助演者は「御冗談でしョ」のセルマ・トッド、「春を讃えよ」のJ・M・ケリガン、「裏町」のジェーン・ダーウェル等。

監督
アルバート・S・ロージェル
出演キャスト
エヴァリン・ナップ ジェームズ・マレイ アーサー・ピアソン ジェーン・ダーウェル
1931年

都会の世紀末

  • 1931年
  • 出演(Micky 役)

「民衆の敵」に次ぐウィリアム・A・ウェルマンの作品で「夜の大統領」「マルタの鷹(1931)」のルシエン・ハバードが書き下ろした脚本によって監督したもの。主なる出演者はヴォードビルでその名を知られたチャールズ・チック・セール老人、「女は嘘つき」「ヴァージニアン(1929)」のウォルター・ヒューストン、「犯罪王リコ」のラルフ・インス、舞台出のグラント・ミチェル、「尖端足化粧」のサリー・ブレーン、エディー・ヌージェント、ジョージ・アーネスト、「マルタの鷹(1931)」「無冠の帝王」のロバート・エリオット、ディッキー・ムーア、マイク・ドンリン、ナット・ベンドルトン、ラッセル・ホプトン、トム・デューガン等である。

監督
ウィリアム・A・ウェルマン
出演キャスト
チャールズ・チック・セール ウォルター・ヒューストン フランセス・スター サリー・ブレーン

鉄青年

  • 1931年
  • 出演(McNeil 役)

「西部戦線異状なし」「泥人形」のルウ・ルー・エイヤース主演映画で、W・R・バーネット作の小説に基づいてフランシス・エドワーヅ・ファラゴーが台本及び台詞を執筆、「法の外(1930)」「ザンジバルの西」のトッド・ブラウニングが監督、「悪漢の唄」「有頂天時代(1930)」のパーシー・ヒルバーンが撮影した。相手役はジーン・ハーロウ、「脱走兵物語」のロバート・アームストロングで、「ハリウッド盛衰記」のジョン・ミルジャンをはじめ、エドワード・ディロン、マイク・ドンリン、ネッド・スパークス、メアリー・ドーラン等が助演している。

監督
トッド・ブラウニング
出演キャスト
ルー・エイヤース ロバート・アームストロング ジーン・ハーロウ ジョン・ミルジャン
1930年

ハア・マン

  • 1930年
  • 出演(Bartrnder 役)

「空中大曲芸団」のヘレン・トウェルヴトウリース、舞台出のマージョリー・ランボー、「イバニエズの激流」のリカルド・コルテス、「悪魔の日曜日」のフィリップス・ホームスの主演映画。「脱走兵」「波乗り越えて」のハワード・ヒギンと「旅役者」のテイ・ガーネットが同時に監督している。撮影はエドワード・スナイダー。その他、ジェームズ・グリースン、ハリー・スウィート、フランクリン・パングボーン、マシュー・ベッツ、セルマ・トッド等が助演している。

監督
ティー・ガーネット
出演キャスト
ヘレン・トゥウェルヴトゥリーズ マージョリー・ランボー リカルド・コルテス フィリップス・ホームス

悪に咲く華(1930・アメリカ)

  • 1930年
  • 出演(Fingy_Moscovitz 役)

「藪睨みの世界」「ハッピイ・デイス」のエドモンド・ロウが主演する映画で、 ドナルド・ヘンダーソン・クラーク原作の小説から「鉄骨エロ騒動」「最後の一人」のダドリー・ニコルズが脚色し、「最後の一人」「最敬礼」のジョン・フォードが監督にあたったもの。助演者は「悪漢の唄」のキャサリン・デール・オーウェン、「巴里見るべし」のマーゲリット・チャーチル、「藪睨みの世界」「最後の一人」のウォーレン・ハイマー、「鉄骨エロ騒動」のウィリアム・ハリガン、リー・トレイシー、フランク・アルバートソンその他でカメラは「四人の息子(1928)」のジョージ・シュナイダーマンが担任している。

監督
ジョン・フォード
出演キャスト
エドモンド・ロウ キャサリン・デール・オーウェン リー・トレイシー マーゲリット・チャーチル
1928年

野球王

  • 1928年
  • 出演(Jim_Higgins 役)

リチャード・ディックス氏主演のスポーツ劇で「蹴球王」の姉妹篇と称すべきもの。サム・ミンツ氏が書卸した物語を「蹴球王」の脚色者レイ・ハリス氏、監督者フレッド・ニューメイヤー氏、撮影者エドワード・クロンジェガー氏が協力して製作した。ニューメイヤー氏作品には「ロイドの人気者」「私のパパさん」等がある。ディックス氏の相手女優は「弱虫運動療法」「幸運馬蹄騒動記」出演のジーン・アーサー嬢が選ばれて演じ、クロード・キング氏フィロ・マッカロー氏、ウェード・ボトラー氏ロスコー・カーンス氏、マイク・ドンリン氏等が助演するほか職業野球団の選手及び審判者が特に出演している。

監督
フレッド・ニューメイヤー
出演キャスト
リチャード・ディックス ジーン・アーサー フィロ・マッカロー クロード・キング

人生の乞食

  • 1928年
  • 出演(Bill 役)

彼自身ホーポーだった米国小説家ジム・タリー氏の有名な小説を映画化したもので、「罪の街」「乙女よ純なれ」「第七天国(1927)」等と同じくベンジャミン・グレイザー氏が脚色し、「空行かば」「暗黒街の女(1928)」に次いでウィリアム・A・ウェルマン氏が勤め、「港々に女あり」「百貨店」出演のルイズ・ブルックス嬢、「暗黒街の女(1928)」「つばさ」出演のリチャード・アーレン氏が助演するほか、「野球王」のロスコー・カーンス氏、エドガー・ブルー・ワシントン氏、ロバート・ペリー氏等も出演している。

監督
ウィリアム・A・ウェルマン
出演キャスト
ウォーレス・ビアリー ルイズ・ブルックス リチャード・アーレン エドガー・ブルー・ワシントン

赤毛布恋の渦巻

  • 1928年
  • 出演(Crook 役)

「四人の息子(1928)」「血涙の志士」と同じくジョン・フォード氏の監督作品で、「アビーの白薔薇」「お針娘バーサ」のJ・ファーレル・マクドナルド氏が主演する映画である。フレッド・スタンリー氏とジェームズ・グルーエン氏とが協力して書卸したシナリオによったものである。「速成恋愛術」のルイズ・ファゼンダ嬢、「青春万歳(1928)」のデイヴィッド・ローリンス氏、「光明の彼岸へ」のナンシー・ドレクセル嬢が、助演するほか、トム・ウィルスン氏、ビリー・ビーヴァン氏、等も出演している。

監督
ジョン・フォード
出演キャスト
J・ファーレル・マクドナルド ルイズ・ファゼンダ ナンシー・ドレクセル デイヴィッド・ローリンス
1926年

海の野獣(1926)

  • 1926年
  • 出演(Flash 役)

ハーマン・メルヴィル氏作の小説『モービー・ディック』に基いてベス・メレディス女史が脚色し「子を忘れし母」「涙の海路」等と同じくウォーナー社最年少監督ミラード・ウェッブ氏が監督したもので、主役は「ボー・ブラムメル」「シャーロック・ホームズ(1922)」等主演のジョン・バリモア氏で相手役はモーリス・コステロ氏の息女たる新進のドロレス・コステロ嬢が演じ、「闘争の熱血」等出演のジョージ・オハラ氏、「バグダッドの盗賊(1924)」等出演の上山草人氏等が助演している。

監督
ミラード・ウェッブ
出演キャスト
ジョン・バリモア ドロレス・コステロ ジョージ・オハラ ジェームズ・バーロウズ
1925年

五番街のモデル

  • 1925年
  • 出演(Crook's_Henchman 役)

「ロジタ(1923)」のセットを設計したデンマークの美術家スヴェンド・ガーダ氏(ユ社の通信によるとガーデでなくガーダと発音するのだそうである)がユ社に監督として入社した第一回作品。原作はミュリエル・ハイン女史の小説で、これをオルガ・プリンツロウ女史が脚色した。主役は「パリの薔薇」「ゲイティーの踊子」等主演のメアリー・フィルビン嬢、「バタフライ」「メアリー・ゴー・ラウンド」等出演のノーマン・ケリー氏である。五番街とはニューヨーク市の流行の中心地の名である。

監督
スヴェント・ガーデ
出演キャスト
メアリー・フィルビン ノーマン・ケリー ジョセフ・スウィッカード ウィリアム・コンクリン
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
サーホー
サーホー

『バーフバリ』シリーズのプラバースが主演を務めたインド発のクライムアクション

ジョン・F・ドノヴァンの死と生
ジョン・F・ドノヴァンの死と生

人気俳優の死の真相に迫る物語を描いた『マイ・マザー』のグザヴィエ・ドラン監督作

弥生、三月 -君を愛した30年-
弥生、三月 -君を愛した30年-

遊川和彦監督・脚本×波瑠&成田凌W主演で30年に及ぶ男女の愛を紡ぐラブストーリー

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > マイク・ドンリン