TOP > 映画監督・俳優を探す > トム・ウィルソン

年代別 映画作品( 1920年 ~ 1921年 まで合計27映画作品)

1933年

豚児売り出す

  • 1933年
  • 出演(Blink 役)

かつて喜劇俳優として、最近はラジオ界に人気あるエド・ウィンが主演する映画で、放送でも好評の「消防隊長」をトーキー化したもの。脚色には「劇場王ブラウン」のアーサー・シーザーがロバート・E・ホプキンスと共同してあたり、監督は「僕の自叙伝」「進め女性軍」のチャールズ・F・ライズナーで、撮影はエドワード・ポールの担当。助演者は「心の青空」のドロシー・マッケール、「僕の武勇伝」のチャールズ・チック・セール、「地方検事」のウィリアム・ボイド、「胡蝶となるまで」のC・ヘンリー・ゴードン、「ニューヨーク・ハリウッド」のミッキー・ルーニー、エフィー・エルスラー等。

監督
チャールズ・F・ライズナー
出演キャスト
エド・ウィン ドロシー・マッケール チャールズ・チック・セール ウィリアム・ボイド

駄々っ子キャグニイ

  • 1933年
  • 出演(Leo 役)

「拳闘のキャグネー」「群集の喚呼」のジェームズ・キャグニイが主演する映画で、ダニー・エハーンの原作に基づいて「拳骨大売出し」「爆走する悪魔」のアレン・リヴキン、P・J・ウルフソンの2人組が脚色し、「四十二番街」「劇場王ブラウン」のロイド・ベーコンが監督に当たり、カメラは「四十二番街」「仮面の米国」のソル・ポリートの担任。助演者は「たそがれの女」「大空の闘士」のラルフ・ベラミー、1933年度のワンパス・ベビイ・スターの1人パトリシア・エリス、「豪華船」のアリス・ホワイト、「ブロンド・ヴィナス」のロバート・エメット・オコナー、「拳闘のキャグネー」のラルフ・ハロルド等である。

監督
ロイド・ベーコン
出演キャスト
ジェームズ・キャグニー ラルフ・ベラミー パトリシア・エリス アリス・ホワイト
1931年

スーキー

  • 1931年
  • 出演(Officer_Duncan 役)

「スキピイ」「王様ごっこ」と同じくノーマン・タウログが監督に当たった映画でストオリイは「スキピイ」の原作者パーシー・クロスビーの筆になるもの、それを「いんちき商売」「タッチ・ダウン」の監督者ノーマン・マクロードが「スキピイ」の時と同様にサム・ミンツ、ジョセフ・L・マンキーウィッツと協力して脚色し、「タッチ・ダウン」「いんちき商売」のアーサー・L・トッドが撮影を受け持った。主なる出演者は前作と同一、ジャッキー・クーパー、ロバート、クーガン始めジャッキー・サール、ヘレン・ジェローム・エディー、エニッド・ベネット、ウィラード・ロバートソン等である。

監督
ノーマン・タウログ
出演キャスト
ジャッキー・クーパー ロバート・クーガン ジャッキー・サール ウィラード・ロバートソン

影を売る男

  • 1931年
  • 出演(Court_Attendant 役)

「非常線(1928)」「命を賭ける男(1930)」の原作者として、また「市街」の脚色者として知られたオリヴァー・H・P・ギャレットが組み立てられた脚本により「トム・ソーヤーの冒険」のジョン・クロムウェルが監督し、「愛する権利(1930)」「サラアと其の子」のチャールズ・ラングが撮影した映画で、主演者は「市街」「愛する権利(1930)」のポール・ルーカス。助演者として「赤新聞」「戦争と貞操」のケイ・フランシス、依然ヘレン・ジョンソンの名で「百貨店」に出たことのあるジュディス・ウッド、ウィリアム・B・デイヴィッドソン、ロックリフ・フェローズ、ジュリエット・コンプトン、エスター・ハワード。などが顔を並べている。

監督
ジョン・クロムウェル
出演キャスト
ポール・ルーカス ケイ・フランシス ジュディス・ウッド ウィリアム・B・デイヴィッドソン
1930年

ビッグ・ハウス

  • 1930年
  • 出演(Sandy 役)

「愛すればこそ(1929)」「アリバイ」のチェスター・モリス、「人生の乞食」「支那街の夜」のウォーレス・ビアリー、「マダムX」のルイス・ストーン、「キートンのエキストラ」のロバート・モントゴメリー、「キートンの結婚狂」のリーラ・ハイアムス「海魔」のジョージ・マリオン、J.C.ヌジェントの共演映画。「アンナ・カレニナ」「風」のフランセス・マリオンの原作台詞に基づき、「コサック(1928)」「大飛行艦隊」のジョージ・ヒルが監督し、ハロルド・ウェンストロムが撮影した。助演者は、カール・デーン、デウィット・ジェニングスその他である。

監督
ジョージ・ヒル
出演キャスト
チェスター・モリス ウォーレス・ビアリー ルイス・ストーン ロバート・モンゴメリー
1929年

名物三羽烏

  • 1929年
  • 出演(Baggage_Master 役)

「大河の奇賊」「港々の女難想」と同じくヴィクター・マクラグレン氏の主演する映画で、フレデリック・ハズリット・ブレナン氏の原作により「赤毛布恋の渦巻」「四人の息子(1928)」と同じくジョン・フォード氏が監督したものである。マクラグレン氏の相手役は「ダニューブの漣」のリートリス・ジョーイ嬢が演じているが、そのほかに「港々の女難想」のクライド・クック氏、「赤毛布恋の渦巻」のJ・ファーレル・マクドナルド氏、近頃ではフートギブスンの活に携っている古い喜劇俳優のスリム・サマービル氏、等も出演している。キャメラは「無実の罪」「田舎娘」と同じくジョセフ・オーガスト氏。

監督
ジョン・フォード
出演キャスト
ヴィクター・マクラグレン リートリス・ジョーイ J・ファーレル・マクドナルド クライド・クック
1928年

先駆者時代

  • 1928年
  • 出演(Hook_Anderson 役)

「ジェス・ジェームス」に次いで製作されたフレッド・トムソン氏第2回主演西部劇で、同じくフランク・M・クリフトン氏が原作を執筆し、ロイド・イングレアム氏がアルフレッド・L・ワーカー氏と共同して監督したものである。助演者もやはり「ジェス・ジェームス」に出演したノラ・レーン嬢及びシルヴァー・キングを始め、トム・ウィルソン氏、ウィリアム・コートライト氏、ジョージ・マリオン氏で並びに監督のロイド・イングレアム氏も出演している。

監督
ロイド・イングレアム アルフレッド・L・ワーカー
出演キャスト
フレッド・トムソン シルヴァー・キング ノラ・レーン トム・ウィルソン

赤毛布恋の渦巻

  • 1928年
  • 出演(Sergeant 役)

「四人の息子(1928)」「血涙の志士」と同じくジョン・フォード氏の監督作品で、「アビーの白薔薇」「お針娘バーサ」のJ・ファーレル・マクドナルド氏が主演する映画である。フレッド・スタンリー氏とジェームズ・グルーエン氏とが協力して書卸したシナリオによったものである。「速成恋愛術」のルイズ・ファゼンダ嬢、「青春万歳(1928)」のデイヴィッド・ローリンス氏、「光明の彼岸へ」のナンシー・ドレクセル嬢が、助演するほか、トム・ウィルスン氏、ビリー・ビーヴァン氏、等も出演している。

監督
ジョン・フォード
出演キャスト
J・ファーレル・マクドナルド ルイズ・ファゼンダ ナンシー・ドレクセル デイヴィッド・ローリンス
1927年

戦線膝栗毛

  • 1927年
  • 出演(Ham 役)

「赤毛布恋の渦巻」「名物三羽烏」のトム・ウィルソン氏と「妖怪屋敷」「焼き餅騒動絹の靴下」のヘイニー・コンクリン氏の主演する映画で原作は「紐育狂想曲」「怪獣征服」のダリル・フランシス・ザナック氏、それをロバート・ディロン氏とジェームズ・A・スター氏が脚色し「紐育狂想曲」「恋の勝馬」ロイ・デル・ルース氏が監督し、「踊るカレッジ」「假面の男」のチャールズ・G・クラーク氏が撮影に当たった。助演者として「スコール」「ノアの箱船」のマーナ・ローイ嬢、ウィリアム・アーヴィング氏、ノア・ヤング氏等が出演している。

監督
ロイ・デル・ルース
出演キャスト
トム・ウィルソン ヘイニー・コンクリン マーナ・ローイ ウィリアム・アーヴィング
1926年

太平洋横断

  • 1926年
  • 出演(Tom 役)

「突飛大将恋の初陣」「鉄拳飛行」と同じくロイ・デル・ルース氏が監督したモント・ブルー氏主演映画で、チャールズ・E・ブラニー氏作の舞台劇に依ってダリル・フランシス・ザナック氏が台本を書いたものである。助演者はジェーン・ウィントン嬢、マーナ・ローイ嬢を始めチャールズ・スティーヴンス氏、ウォルター・マッグレイル氏、トム・ウィルソン氏及び上山草人氏である。

監督
ロイ・デル・ルース
出演キャスト
モント・ブルー ジェーン・ウィントン マーナ・ローイ チャールズ・スティーヴンス
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/10/21更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画監督・俳優を探す > トム・ウィルソン

ムービーウォーカー 上へ戻る