映画-Movie Walker > 人物を探す > ジェス・ハーン

年代別 映画作品( 1957年 ~ 1990年 まで合計17映画作品)

1990年

獅子座

  • 1990年12月8日(土)公開
  • 出演(ピエール・ヴァセルラン 役)

自称作曲家の中年ボヘミアンが、浮き沈みの激しい獅子座の運勢にもてあそばれ、不運と幸運の間を駆けめぐる様を描いた心理ドラマ。「緑の光線」のエリック・ロメールの35ミリ長編処女監督作であり、同じ年に製作された「勝手にしやがれ」や「大人は判ってくれない」と並ぶヌーヴェル・ヴァーグの記念碑的作品である。製作はクロード・シャブロル。伯母の遺産でプロダクションを興したシャブロルの逸話が、この作品にヒントを与えたとも言われている。台詞は「いとこ同志」「太陽がいっぱい」なども手掛けたポール・ジェゴフ。撮影は、クルーゾーの「密告(1943)」やコクトーの「オルフェ」などのニコラ・エイエ。主演のジェス・ハーンは、B級映画に数多く出演していたがこれが初主演作。この作品はゴダール、トリュフォーらのヌーヴェル・ヴァーグのスターの陰に隠れ、製作されてから3年後の1962年5月2日にパリ1館でしかロードショー公開されなかったという不遇の道を歩んだが、同年のカイエ・デュ・シネマ誌ではベスト5に選ばれ批評的には決して悪くなかった。

監督
エリック・ロメール
出演キャスト
ジェス・ハーン ヴァン・ドード ミシェル・ジラルドン ステファーヌ・オードラン
1976年

ミステリー島探検 地底人間の謎

  • 1976年8月7日(土)公開
  • 出演(Pencroff 役)

「海底二万哩」で、潜水鑑ノーチラス号に乗ったまま北極海のうずの中に消え去ったネモ艦長が、太平洋の孤島にひっそり暮していたという設定の「海底二万哩」の後日譚。製作はジャック・バール、監督はファン・アントニオ・バルデムとアンリ・コルピの共同、脚本はジャック・シャンプルーとファン・アントニオ・バルデム、撮影はエンツォ・セラフィン、ギイ・デルクルーズ、ジュリオ・オルタス、音楽はジャンニ・フェリオ、編集はポール・カイヤットとオーロール・カンプとフェデリーク・ミショーが各々担当。出演オマー・シャリフ、フィリップ・ニコー、ジェラール・ティチー、ジェス・ハーン、ラファエル・ヴァルデム、アンブロワーズ・ムビア、ガブリエレ・ティンティなど。

監督
ファン・アントニオ・バルデム アンリ・コルピ
出演キャスト
オマー・シャリフ フィリップ・ニコー ジェラール・ティチー ジェス・ハーン
1973年

狼どもの報酬

  • 1973年3月31日(土)公開
  • 出演(Congo 役)

莫大な宝石を追って展開する、ギャングと刑事の追撃戦を描くフィルム・ノアール。製作はアラン・ポワレ、監督は「渚の果てにこの愛を」のジョルジュ・ロートネル。ベルトラン・ブリエの原案ストーリーをロートネルとブリエが共同脚本、撮影はモーリス・フェルー、音楽はレ・クリニックが各々担当。出演はジャン・イアンヌ、ミレーユ・ダルク、ミシェル・コンスタンタン、ベルナール・ブリエ、ナンニ・ロイ、ベナンティノ・ベナンティーニ、ジェス・ハーン、ジョルジュ・クライス、リュフュなど。

監督
ジョルジュ・ロートネル
出演キャスト
ジャン・イアンヌ ミレーユ・ダルク ミシェル・コンスタンタン ベルナール・ブリエ
1972年

パリは気まぐれ

  • 1972年11月23日(木)公開
  • 出演(The American 役)

修道院から抜けだした若い尼僧が、あこがれのパリで演じる大冒険をコミカルに描く。製作はアンドレ・ジェノーヴェ、監督・脚本は「ある日アンヌは」のギイ・カザリル。撮影はクロード・ルコント、音楽はフランソワ・ド・ルーベ、編集はニコル・ガードゥションが各々担当。出演はブリジット・バルドー、アニー・ジラルド、ジェス・ハーン、ジャン・カルメ、ジャック・ジュアノー、ジャック・デュビー、ドミニク・ザルディなど。

監督
ギイ・カザリル
出演キャスト
ブリジット・バルドー アニー・ジラルド ジェス・ハーン ジャン・カルメ
1970年

スピードは俺の嫁業

  • 1970年9月12日公開
  • 出演(The Others 役)

国際的陰謀にからむ米ソ諜報員の暗躍と、それに巻き込まれたレーサーの活躍を描くアクション。製作はエドモンド・アマティ、監督は「077連続危機」のテレンス・ハサウェイ。アレッサンドロ・コンティネンツァとロベルト・ジァンビティのストーリーを、作者二人と「夜の刑事」のアルベルト・シルヴェストリ及びフランコ・ヴェルッチが脚色。撮影はステルヴィオ・マッシ、音楽は「星空の用心棒」のアルマンド・トロバヨーリがそれぞれ担当。出演は「077連続危機」のケン・クラーク、ほかにベバ・ロンカー、ジェス・ハーン、リンカーン・テイト、パオロ・ゴツリーノなど。テクニカラー、テクニスコープ

監督
テレンス・ハサウェイ
出演キャスト
ケン・クラーク ベバ・ロンカー ジェス・ハーン リンカーン・テイト
1969年

私は誘拐されたい

  • 1969年12月14日公開
  • 出演(Friendly 役)

ライオネル・ホワイトの『強奪者たち』をヒューバート・コーンフィールドとロバート・フィッペニーが脚色、テレビ出身のヒューバート・コーンフィールドが製作・監督した。撮影はウィリー・クラント、音楽はモダン・ジャズを生かしてスタンリー・マイヤーズが担当している。出演は「禁じられた情事の森」のマーロン・ブランド、「大将軍」のリチャード・ブーン、「肉体のすきま風」のリタ・モレノ、「首のない馬」のパメラ・フランクリン「トプカピ」のジェス・ハーン、「シャレード」のジャック・マラン、他にジェラール・ビュアー、ヒューグ・ワナーなど。

監督
ヒューバート・コーンフィールド
出演キャスト
マーロン・ブランド リチャード・ブーン リタ・モレノ パメラ・フランクリン

国際泥棒組織

  • 1969年10月14日公開
  • 出演(Boris 役)

数億円の宝石を狙う国際泥棒団の物語。監督は「南から来た用心棒」のミケーレ・ルーポがあたり、アレッサンドロ・コンティネンツァ、エルネスト・ガスタルディ、パオロ・レビ、ファビオ・カルピが共同で脚色を担当。撮影はステルヴィオ・マッシ、フランコ・ビラの二人、音楽は「女王陛下の大作戦」のフランチェスコ・デ・マジ。出演は「大進撃」のクラウディオ・ブルック、「ドクター・コネリー キッド・ブラザー作戦」のダニエラ・ビアンキ、「シシリー結社」のシドニー・チャップリン、「新・黄金の七人 7×7」のジェス・ハーン、「テキサス」のティナ・マルカン。製作は「黄金の三悪人」のエドモンド・アマティ。テクニカラー、テクニスコープ。

監督
ミケーレ・ルーポ
出演キャスト
クラウディオ・ブルック ダニエラ・ビアンキ シドニー・チャップリン ジェス・ハーン
1967年

トリプルクロス

  • 1967年4月28日公開
  • 出演(Commander_Braid 役)

フランク・オーエンの小説『エディ・チャップマン物語』をレネ・ハーディが脚色、「007/サンダーボール作戦」のテレンス・ヤングが監督したスパイ・アクション。撮影はアンリ・アルカン、音楽はジョルジュ・ガルバランツが担当した。出演は「サウンド・オブ・ミュージック」のクリストファー・プラマー、「王様と私」のユル・ブリンナー、「パリは燃えているか」のゲルト・フレーベ、「007/サンダーボール作戦」のクローディーヌ・オージェほか。総指揮はフレッド・フェルドカンプ、製作はジャック・ポール・ベルトラン。

監督
テレンス・ヤング
出演キャスト
クリストファー・プラマー ユル・ブリンナー ロミー・シュナイダー クローディーヌ・オージェ
1966年

地獄のランデブー

  • 1966年12月3日公開
  • 出演(Baby_Face 役)

「荒野の1ドル銀貨」の監督カルビン・J・パジェットの原作をビル・コールマン、マイク・ミッチェル、レミジオ・デルグロッソ、ロベルト・アモロソが共同で脚色し、カルビン・J・パジェットが監督したスパイ・スリラー。撮影はトニー・セッツィ、音楽はベネデット・ジグリアが担当した。出演はレイ・ダントン、マリサ・メル、マーガレット・リー、ジェス・ハーンなど。製作はロベルト・アモロソ。

監督
カルヴィン・J・パジェット
出演キャスト
レイ・ダントン マリサ・メル マーガレット・リー ジェス・ハーン

カトマンズの男

  • 1966年5月14日公開
  • 出演(Cornelius Ponchabert 役)

ジュール・ヴェルヌの小説『中国での中国人の苦難』(Tribulations of a Chinese in China)をダニエル・ブーランジェとフィリップ・ド・ブロカが脚色、「リオの男」のフィリップ・ド・ブロカが監督したアクション編。撮影はエドモン・セシャン、音楽は「柔らかい肌」のジョルジュ・ドルリューが担当した。出演は「リオの男」のジャン・ポール・ベルモンド、「何かいいことないか子猫チャン」のウルスラ・アンドレスのほかに舞台出身のジャン・ロシュフォール、ヴァレリー・インキジノフなど。製作はアレクサンドル・ムヌーシュキンとジョルジュ・ダンシジェール。

監督
フィリップ・ド・ブロカ
出演キャスト
ジャン・ポール・ベルモンド ウルスラ・アンドレス ジャン・ロシュフォール マリア・パコーム
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ジェス・ハーン