映画-Movie Walker > 人物を探す > マリサ・メル

年代別 映画作品( 1963年 ~ 1970年 まで合計7映画作品)

1970年

スタントマン(1969)

  • 1970年5月公開
  • 出演(Gloria 役)

命しらずのスタントマンを主人公にしたアクション。製作はツーリ・ヴァシール、監督はマルチェロ・バルディ。脚本はマルチェロ・バルディとサンドロ・コンティネンザ、台詞をデニス・ホールが担当。撮影はカルロ・カリン、スタント・シーンをレミー・ジュリアンと彼のスタント・チームが担当している。出演は「さらば恋の日」のジーナ・ロロブリジーダ、「黄金の眼」のマリサ・メル、「戦うンパンチョビラ」のロバート・ヴィハーロ。他にポール・ミュラー、ジャン・クロード・ベルク、ジュゼッペ・ラウリセーラ、クラウディオ・ペローネ、ベニート・ボッギーノなど。テクニカラー、スタンダード。1969年作品。

監督
マルチェロ・バルディ
出演キャスト
ジーナ・ロロブリジーダ マリサ・メル ロバート・ヴィハーロ ポール・ミュラー
1968年

黄金の眼

  • 1968年10月15日公開
  • 出演(Eva 役)

イタリアで人気爆発のコミックの映画化で超スーパーマンの物語。アンジェラ・ジュッサーニ、ルシアン・ジュッサーニ、ディノ・マイウリ、アドリアーノ・バラッコのストリーを、ディノ・マイウリ、ブライアン・ディガス、チューダー・ゲイツ、マリオ・バーヴァの四人が脚色、「白い肌に狂う鞭」のマリオ・バーヴァが監督したアクション篇。撮影はアントニオ・リナルディ、音楽はエンニオ・モリコーネが担当した。出演は「バーバレラ」のジョン・フィリップ・ロー、「潜行」のマリサ・メル、「めざめ」のミシェル・ピッコリ、アドルフォ・チェリほか。製作は「バーバレラ」のディノ・デ・ラウレンティス。

監督
マリオ・バーヴァ
出演キャスト
ジョン・フィリップ・ロー マリサ・メル ミシェル・ピッコリ アドルフォ・チェリ
1966年

地獄のランデブー

  • 1966年12月3日公開
  • 出演(Charity_Farrel 役)

「荒野の1ドル銀貨」の監督カルビン・J・パジェットの原作をビル・コールマン、マイク・ミッチェル、レミジオ・デルグロッソ、ロベルト・アモロソが共同で脚色し、カルビン・J・パジェットが監督したスパイ・スリラー。撮影はトニー・セッツィ、音楽はベネデット・ジグリアが担当した。出演はレイ・ダントン、マリサ・メル、マーガレット・リー、ジェス・ハーンなど。製作はロベルト・アモロソ。

監督
カルヴィン・J・パジェット
出演キャスト
レイ・ダントン マリサ・メル マーガレット・リー ジェス・ハーン
1965年

ゴールデンハンター

  • 1965年10月2日公開
  • 出演(Thelma 役)

「禁じられた抱擁」のトニーノ・グエッラ、「山猫」のスーゾ・チェッキ・ダミーコ、ジョルジョ・サルヴィオーニ、マリオ・モニチェリ、アージェ・スカルペッリの共同脚本を「戦争 はだかの兵隊」のマリオ・モニチェリが監督したセックス・コメディ。撮影は「鎖の大陸」のアルド・トンティ、音楽は「あゝ結婚」のアルマンド・トロバヨーリが担当した。出演は「あゝ結婚」のマルチェロ・マストロヤンニ、「女房の殺し方教えます」のヴィルナ・リージ、「潜行」のマリサ・メル、「可愛い悪女」のミシェル・メルシェ、ほかにセイナ・セイン、ヨランダ・モディオ、ローズマリー・デクスターなど。製作はカルロ・ポンティ。

監督
マリオ・モニチェリ
出演キャスト
マルチェロ・マストロヤンニ ヴィルナ・リージ ミシェル・メルシェ マリサ・メル

潜行

  • 1965年8月21日公開
  • 出演(Sophie 役)

ヴィクター・キャニングの小説『ミネルバ城』を、ウィリアム・ゴールドマンとマイケル・レルフ(製作も担当)が共同脚色、「わらの女」のバジル・ディアデンが監督したサスペンス・ドラマ。撮影は「わらの女」のオットー・ヘラー、音楽は「黒い狼」のフィリップ・グリーンが担当した。出演は「ニューヨークの休日」のクリフ・ロバートソン、「バタシの鬼軍曹」のジャック・ホーキンスのほかに、新人マリサ・メル、イギリス劇団の名子役クリストファー・ウィッティなど。

監督
バジル・ディアデン
出演キャスト
クリフ・ロバートソン ジャック・ホーキンス マリサ・メル ミシェル・ピッコリ
1963年

零戦突破

  • 1963年公開
  • 出演(Irona 役)

ピーター・ウェルベックが書き下したストーリーを、彼自身が脚色、マックス・ボーンが台詞に手を加えたものを新鋭ピーター・ベゼンセネットが監督したスパイ・アクション。撮影はマーティン・カーティス、音楽はジョニー・ダグラスが担当した。出演は新人ポール・マックスウェル、「黒い拍車」のテリー・ムーア、「潜行」のマリサ・メル、「ナバロンの要塞」のアルバート・リーヴェンほか。

監督
ピーター・ベゼンセネット
出演キャスト
ポール・マックスウェル テリー・ムーア マリサ・メル アルバート・リーヴェン

フレンチ・ドレッシング(1963)

  • 1963年公開
  • 出演(F._F. 役)

イギリスのリゾート地で計画された映画祭が、街ぐるみの大騒動に発展していく様子を描くコメディ。「ボンデージ」のケン・ラッセル監督による初の劇場映画作品で、製作はケネス・ハーパー、ピーター・マイヤーズとロナルド・カスの原案を基にマイアーズ、カス、ピーター・ブレットが脚本、撮影はケネス・ヒギンズ、音楽は「ビリー・バスゲイト」のジョルジュ・ドルリューが担当。

監督
ケン・ラッセル
出演キャスト
ジェームズ・ブース ロイ・キニアー マリサ・メル アリタ・ノートン
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > マリサ・メル