TOP > 映画監督・俳優を探す > ブレット・ハルゼー

年代別 映画作品( 1955年 ~ 1989年 まで合計5映画作品)

1989年

女狐の欲望

  • 1989年7月1日(土)
  • 出演(Paul 役)

最低の男を愛した美貌の小説家の、幻想と現実の入り交じった世界を描くラブ・サスペンス。新鋭のビンセント・サルビアーニが製作・監督・原案・脚本の一人四役を担当。主演は、男性誌『プレイボーイ』の86年度プレイメイト・オブ・ザ・イヤーに選出された、「テネシー・バック/首狩り族の秘宝」のカティ・シャワー。共演は、TVシリーズ『フォロー・ザ・サン』などの60年代の二枚目スターで知られるブレット・ハルゼー。

監督
ヴィンセンツォ・サルヴィアーニ
出演キャスト
カティ・シャワー ブレット・ハルゼー アリシア・モロ Ezio Prosperi
1961年

青春の旅情

  • 1961年11月21日(火)
  • 出演(Ted 役)

かつて映画化されたグレイス・メタリアス原作のベストセラー小説「青春物語」の続編。同じ原作者の小説をロナルド・アレクサンダーが脚色し、「生き残った2人」のホセ・ファラーが監督した。撮影担当はチャールズ・G・クラーク。音楽はフランツ・ワックスマン。出演するのは「ゆきすぎた遊び」のキャロル・リンレイ、故ジェフ・チャンドラー、エレノア・パーカー、メアリー・アスター、ロバート・スターリングなど。前篇とは異なるキャストが組まれている。

監督
ホセ・フェラー
出演キャスト
キャロル・リンレイ ジェフ・チャンドラー エレノア・パーカー メアリー・アスター

潜水艦シーホーク号 機動部隊撃沈せよ!

  • 1961年4月5日(水)
  • 出演(David_Shore 役)

第2次大戦中対日本戦に活躍した潜水艦シーホーク号を舞台とした海戦ドラマ。ルー・ラソフとオーウェン・ハリスが共同してかいた脚本を、スペンサー・ゴードン・ベネットが監督している。撮影に当ったのはギルバート・ウォーレントン。音楽はアレクサンダー・ラズロ。出演するのは「真昼の脱走」のジョン・ベントリー、ブレット・ハルセイ、ジャン・ブルックスなど。製作アレックス・ゴードン。

監督
スペンサー・ゴードン・ベネット
出演キャスト
ジョン・ベントリー ブレット・ハルゼー ウェイン・ヘフレイ スティーヴ・ミッチェル
1960年

大都会の女たち

  • 1960年1月8日(金)
  • 出演(Eddie 役)

ロナ・ジャッフェのベスト・セラー小説を「ある微笑」のジーン・ネグレスコ監督が映画化した作品。ニューヨークの出版社を舞台にビジネス・ガール達の生態が描かれる。脚色はエディス・ソマーとマン・ルビン。撮影は「アンネの日記」のウィリアム・C・メラー、音楽はアルフレッド・ニューマン。出演者は「大戦争」のホープ・ラング、スージー・パーカー、マーサ・ハイヤー、スティーブン・ボイドなど。製作ジェリー・ウォルド。

監督
ジーン・ネグレスコ
出演キャスト
ホープ・ラング スティーブン・ボイド スージー・パーカー マーサ・ハイヤー
1955年

地獄の戦線

  • 1955年10月14日(金)
  • 出演(Sauders 役)

第二次大戦に歩兵として参加したオーディ・マーフィの自伝にもとづき「サスカチワンの狼火」のジル・ダウドが脚色、ジェシー・ヒッブスが監督(彼の作品は本邦初公開)、「タンガニイカ」のモウリイ・ガーツアンが撮影を担当した。主なる出演者は「テキサスから来た男」のオーディ・マーフィ、「戦場(1949)」のマーシャル・トンプソン、「グレン・ミラー物語」のチャールズ・ドレイク、「二十四時間の恐怖」のジャック・ケリーなど。音楽は「奥様はジャズがお好き」のジョセフ・ガーシェンソン。「もず」のアーロン・ローゼンバーグが製作するテクニカラー1955年作品。

監督
ジェシー・ヒッブス
出演キャスト
オーディ・マーフィ マーシャル・トンプソン チャールズ・ドレイク グレッグ・パーマー

ブレット・ハルゼーの関連人物

Maria Luque  Daniel Kenelly  Lucia De Sousa  Gisele Echevarria  Susana Egea 
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/9/21更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画監督・俳優を探す > ブレット・ハルゼー

ムービーウォーカー 上へ戻る