TOP > 映画監督・俳優を探す > クラーク・マーシャル

年代別 映画作品( 1920年 ~ 1931年 まで合計4映画作品)

1932年

地獄のサーカス

  • 1932年
  • 出演(Don 役)

「恋愛古典風景」「恋愛戦線」のアリオン・デーヴィスが主演する映画で、「太平洋爆撃隊」「男性の血潮」のクラーク・ゲーブルが相手役を勤める。原作はマーガレット・メイヨの古い舞台劇で、「やくざ者(1930)」「彼の捕えし女」のケイリー・ウィルソンが脚色し、「陽炎の春」「肉と霊」のアルフレッド・サンテルが監督し、「国際盗賊ホテル」「天国の一夜」のジョージ・バーンズが撮影している。助演者は「類人猿ターザン」のC・オープリイ・スミス「七万人の目撃者」のデイヴィッド・ランドー、「砂漠の生霊」のレイモンド・ハットン、ルース・セルウィン、モード・エバーン、ギン・ウィリアム等である。

監督
アルフレッド・サンテル
出演キャスト
マリオン・デイヴィス クラーク・ゲーブル C・オーブリー・スミス レイモンド・ハットン
1931年

光に叛く者

  • 1931年
  • 出演(Runch 役)

マーティン・フレーヴィン作の舞台劇を映画化したもので、「暁の偵察」の監督者はワード・ホークスが監督に当たっている。脚色は同じく「暁の偵察」のシートン・I・ミラーとフレッド・ニプロ・ジュニアとが共同担任し、カメラは「乗合馬車」のテディー・テヅラスと「赤熱の抱擁」のジェームズ・ウォン・ホウが受持っている。主演者は「戦争と貞操」「都会の世紀末」のウォルター・ヒューストンと「アメリカの悲劇」「女学生の日記」のフィリップス・ホームで、映画初出演のコンスタンス・カミングス、「恋愛放送局」のメアリー・ドーラン、「蝙蝠は囁く」のデウィット・ジェニングス、ポリス・カーロフ、アーサー・ホイト、エセル・ウェールスス、ジョン・シーハン等が助演している。

監督
ハワード・ホークス
出演キャスト
ウォルター・ヒューストン フィリップス・ホームス コンスタンス・カミングス メアリー・ドーラン

紐育の歩道

  • 1931年12月31日(木)
  • 出演(Lefty 役)

「決死隊」「恋愛指南番」に次ぐバスター・キートン主演喜劇で、ジョージ・ランディーとポール・ジェラルド・スミスとが共同して書き下ろした台本により、短編喜劇の監督のジュールス・ホワイトとザイオン・マイヤースとが共同監督したもの。助演者は「決死隊」「有頂天時代(1930)」のクリフ・エドワーズ、「エロチック艦隊」「キートンのエキストラ」のアニタ・ペイジ、ノーマン・フィリップス・ジュニア、フランク・ロワーン、オスカー・アッフェル等である。キャメラは「エキストラ」以来のキートン喜劇全部と同じくレナード・スミスの擔任である。

監督
ジュールス・ホワイト ザイオン・マイヤース
出演キャスト
バスター・キートン アニタ・ペイジ クリフ・エドワーズ フランク・ローワン
1920年

輝く小羊

  • 1920年
  • 出演(Harry_Dean 役)

ジョン・フォックス氏の同名の小説より脚色せるもので、劇の時代は南北戦争の頃、カムバーランドの山の中に物語は展げられて行く、ジャック・ピックフォード氏が主役チャッドに、ポーリン・スターク嬢が彼の恋人メリッサに、その他クララ・ホートン嬢やクラーク・マーシャル氏が共演している。監督はウォーレス・ウォースリー氏。本年2月下旬に発売になった映画である。

監督
ウォーレス・ウォースリー
出演キャスト
ジャック・ピックフォード クララ・ホートン ポーリン・スターク J. Park Jones
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/10/23更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画監督・俳優を探す > クラーク・マーシャル

ムービーウォーカー 上へ戻る