映画-Movie Walker > 人物を探す > アンジェラ・ランズベリー

年代別 映画作品( 1947年 ~ 2019年 まで合計29映画作品)

2019年

メリー・ポピンズ リターンズ

実写とアニメーションを合成したユニークな映像などが評価され、第37回アカデミー賞で5部門に輝いた名作ミュージカルの続編。前作から20年後の大恐慌時代のロンドンを舞台に、母を亡くし悲しみにくれるバンクス家のピンチを、魔法使いのメリー・ポピンズが魔法の力で救う。エミリー・ブラントがメリー・ポピンズを演じる。

監督
ロブ・マーシャル
出演キャスト
エミリー・ブラント リン=マニュエル・ミランダ ベン・ウィショー エミリー・モーティマー
2010年

美女と野獣 ディズニー デジタル 3D

  • 2010年10月9日(土)公開
  • 出演(声)(ポット夫人 役)

1991年に公開されたディズニーの名作アニメが19年の時を経て3D化。美女と醜い野獣との純粋な愛を描き、当時、アニメーション映画として初めてアカデミー賞最優秀作品賞にノミネートされ大ヒットを記録した。最新技術により、美女と野獣が愛を誓うかのように踊るダンスシーンのほか、可愛らしくてユニークなキャラクターたちが復活。

監督
ゲイリー・トルースデール カーク・ワイズ
出演キャスト
ペイジ・オハラ ロビー・ベンソン リチャード・ホワイト レックス・エヴァーハート
2006年

ナニー・マクフィーの魔法のステッキ

  • 2006年4月15日(土)公開
  • 出演(アデレード 役)

クリスチアナ・ブランドによる児童文学「ふしぎなマチルダばあや」に惚れこんだエマ・トンプソンがみずから脚本を手掛けたファンタジー。とある一家に訪れる奇跡を描く。

監督
カーク・ジョーンズ
出演キャスト
エマ・トンプソン コリン・ファース ケリー・マクドナルド アンジェラ・ランズベリー
2002年

美女と野獣 ラージ・スクリーン・フォーマット版

  • 2002年1月1日(火)公開
  • 出演(Mrs.Potts 役)

魔法によって恐ろしい姿に変えられてしまった醜い野獣と、美しい娘とのラブストーリー。1991年に公開されたオリジナル版を、約10倍の面積をもつジャイアント・スクリーン用に新たに仕上げた。監督はゲイリー・トズルースデイルとカーク・ワイズの共同。2人は本作のオリジナル版の後、「ノートルダムの鐘」、「アトランティス/失われた帝国」も共同で監督している。製作総指揮・作詞は「アラジン」のハワード・アシュマン。製作は「ライオン・キング」のドン・ハーン。作曲・作詞は「アラジン」のアラン・メンケン。

監督
ゲイリー・トゥルースデイル カーク・ワイズ
出演キャスト
ペイジ・オハラ ロビー・ベンソン リチャード・ホワイト レックス・エヴァーハート
2000年

ファンタジア/2000

  • 2000年7月15日(土)公開
  • 出演(Host 役)

 ディズニーの名作「ファンタジア」の続編とも言うべき作品が、ついに完成。音楽の世界を、イマジネーションに豊かなアニメーションで表現した、華麗な映像絵巻だ。

監督
ジェームズ・アルガー ゲイトン・ブリッツィ ポール・ブリッツィ ヘンデル・ブトイ
出演キャスト
ペン・ジレット ジェームズ・アール・ジョーンズ クインシー・ジョーンズ スティーヴ・マーティン
1998年

アナスタシア

  • 1998年8月29日(土)公開
  • 出演(声)(Dowager Empress Marie 役)

20世紀初頭、帝政ロシア最後の皇帝の末裔アナスタシアの冒険を描いたアニメーション大作。監督・製作はディズニー出身で「リトルフットの大冒険 謎の恐竜大陸」のドン・ブルースとゲーリー・ゴールドマンのコンビ。製作総指揮は「トイ・ストーリー」に参加したモーリーン・ドンリー。脚本はスーザン・ゴーシエ、ブルース・グラハム、「ノートルダムの鐘」のボブ・ズディカーとノニ・ホワイト、アニメーション脚色はエリック・タックマン。オリジナル・スコアは「ナッティ・プロフェッサー クランプ教授の場合」のデイヴィッド・ニューマンが手掛け、劇中の歌は作詞をリン・アハーンズ、作曲をスティーヴン・フラハーティ。声の出演は「恋におぼれて」のメグ・ライアン、「真夜中のサバナ」のジョン・キューザック、「バードケージ」のハンク・アザリア、「美女と野獣」の名優アンジェラ・ランズベリー、「アダムス・ファミリー」のクリストファー・ロイドほか。

監督
ドン・ブルース ゲイリー・ゴールドマン
出演キャスト
メグ・ライアン ジョン・キューザック ケルシー・グラマー クリストファー・ロイド
1992年

美女と野獣(1991)

  • 1992年9月23日(水)公開
  • 主題歌、出演(声)(Mrs.Potts 役)

ギリシャ神話以来親しまれてきた、美女と野獣のロマンティックなラヴ・ストーリーをアニメ化した作品。18世紀のフランスの作家ボーモン&ヴィルヌーヴが発表した版を原作としている。製作は「リトル・マーメイド」のドン・ハーン、エグゼクティヴ・プロデューサーはハワード・アシュマン、監督はゲイリー・トゥルースデイルとカーク・ワイズの共同、脚本はリンダ・ウールヴァートン、作曲のアラン・メンケン、作詞のハワード・アシュマンも「リトル・マーメイド」のコンビで、91年度アカデミー作曲賞と主題歌賞を受賞している。

監督
ゲイリー・トゥルースデイル カーク・ワイズ
出演キャスト
ペイジ・オハラ ロビー・ベンソン リチャード・ホワイト レックス・エヴァーハート
1985年

狼の血族

  • 1985年6月22日(土)公開
  • 出演(Granny 役)

中世の村に狼人間が徘徊する夢をみる少女。夢と現実を交錯して描くファンタジー。製作はスティーブン・ウーリーとクリス・ブラウン。エグゼキュティヴ・プロデューサーはスティーブン・ウーリーとニック・パウエル。監督は「エンジェル」(82)のニール・ジョーダン。アンジェラ・カーターの原案に基づいて彼女とジョーダンが脚色。撮影はブライアン・ロフタス、音楽はジョージ・フェントン、特殊メイクはクリストファー・タッカーが担当。出演はアンジェラ・ランズベリー、サラ・パターソンほか。テレンス・スタンプが特別出演している。

監督
ニール・ジョーダン
出演キャスト
アンジェラ・ランズベリー サラ・パターソン デイヴィッド・ワーナー スティーヴン・レイ
1980年

クリスタル殺人事件

  • 1980年公開
  • 出演(Miss_Jane_Marple 役)

ロンドン郊外の静かな町を舞台に起こった殺人事件をアガサ・クリスティがポアロ探偵と共に創造したミス・ジューン・マープルが解くサスペンス映画。製作はジョン・ブラボーンとリチャード・グッドウィン、監督は『007/黄金銃を持つ男』のガイ・ハミルトン。クリスティの原作(『鏡は横にひび割れて』/早川書房刊)を基にジョナサン・ホールズとバリー・サンドラーが脚色。撮影はクリストファー・チャリス、音楽はジョン・キャメロン、製作デザインはマイケル・ストリンジャー、衣装はフィリス・ダルトンが各々担当。出演はアンジェラ・ランズベリー、ジェラルディン・チャップリン、トニー・カーティス、エドワード・フォックス、ロック・ハドソン、キム・ノヴァク、エリザベス・テイラー、ウェンディ・モーガン、モーリン・ベネットなど。

監督
ガイ・ハミルトン
出演キャスト
アンジェラ・ランズベリー ジェラルディン・チャップリン トニー・カーティス エドワード・フォックス

レディバニッシュ 暗号を歌う女

  • 1980年3月1日(土)公開
  • 出演(Miss Froy 役)

第2次大戦勃発直前の30年代のヨーロッパを背景に、ドイツからロンドンに向うSL特急内で展開されるある英国婦人をめぐる政治的陰謀に巻き込まれたアメリカ娘と青年記者の活躍を描く、アルフレッド・ヒッチコックの「バルカン超特急」(38年)のリメイク。製作はトム・サックス、監督はTV出身のアンソニー・ペイジ。エセル・リナ・ホワイトの原作を基にジョージ・アクセルロッドが脚色。撮影はダグラス・スローカム、音楽はリチャード・ハートレイが各々担当。出演はエリオット・グールド、シビル・シェパード、アンジェラ・ランズベリー、ハーバート・ロム、アーサー・ロウ、イアン・カーマイケル、ジェラルド・ハーパー、ジーン・アンダーソンなど。

監督
アンソニー・ペイジ
出演キャスト
エリオット・グールド シビル・シェパード アンジェラ・ランズベリー ハーバート・ロム

関連ニュース

C・ゼタ・ジョーンズ、ブロードウェイ・デビュー!
C・ゼタ・ジョーンズ、ブロードウェイ・デビュー!(2009年10月2日)

キャサリン・ゼタ・ジョーンズが、12月13日から公演が始まる“A Little Night Music”でブロードウェイ・デビューを果たすことになったらしい。 …

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > アンジェラ・ランズベリー