映画-Movie Walker > 人物を探す > ランス・フール

年代別 映画作品( 1977年 ~ 2004年 まで合計10映画作品)

2004年

マイ・ボディガード

  • 2004年12月18日(土)公開
  • エグゼクティブプロデューサー

名優デンゼル・ワシントンが入魂の演技を披露するバイオレンス映画。固い絆で結ばれた少女を犯罪組織にさらわれた男の復しゅう劇が、激しくも感動的に描かれる。

監督
トニー・スコット
出演キャスト
デンゼル・ワシントン ダコタ・ファニング クリストファー・ウォーケン ジャンカルロ・ジャンニーニ
2001年

クロコダイル・ダンディー in L.A.

  • 2001年6月30日(土)公開
  • 製作

カルチャーギャップ・コメディの人気シリーズが、13年ぶりに復活。大都会LAを舞台に、次から次へと騒動を巻き起こす田舎者のワニハンターの活躍をつづる痛快作だ。

監督
サイモン・ウィンサー
出演キャスト
ポール・ホーガン リンダ・コズラウスキー Jere Burns ジョナサン・バンクス
1996年

フリッパー(1996)

  • 1996年8月3日(土)公開
  • 製作総指揮

青い海を背景に、少年とイルカの友情と成長を描いた冒険物語。日米で好評を博し、2本の劇場用映画も作られた往年のTVドラマ『わんぱくフリッパー』のリメイク。調教を受けた3頭のバンドウイルカの人間顔負けの演技が見どころで、水中撮影の第一人者であるカメラマンのピート・ロマノと『ナショナル・ジオグラフィック』誌や『オムニ』誌で知られる著名な野生生物写真家のボブ・タルボットの協力を得て、美しさと透明感溢れる水中撮影シーンが実現した。監督は「ダリアン」のアラン・シャピロ。製作はジェームズ・J・マクナマラと、コロンビア映画、ユニヴァーサル映画で過去17年間マーケッティング部門で500本以上の作品に係わり、これが初プロデュース作となるペリー・カッツ。エグゼクティヴ・プロデューサーはランス・フール。撮影は「ベートーベン2」のビル・バトラー、音楽はジョエル・マクニーリー、美術はトーマス・A・ウォルシュ、編集はペック・プライアー、衣裳はマシュー・ジェイコブソンが担当。主演は「8月のメモワール」のイライジャ・ウッドと「クロコダイル・ダンディー」のポール・ホーガン。共演は「ラスト・ボーイスカウト」のチェルシー・フィールド、「あなたに降る夢」などで俳優としても活躍するソウル界の大物アイザック・ヘイズほか。

監督
アラン・シャピロ
出演キャスト
イライジャ・ウッド ポール・ホーガン ジョナサン・バンクス Bill Kelley
1994年

アクセル 爆走マッハ428

  • 1994年10月14日(金)公開
  • 製作総指揮

命知らずのドライバーたちが公道で繰り広げる違法レースで連戦連勝を重ねる、天才レーサーの明日なき青春像を描いたカー・アクション。マスタング、デュース・クーペ、シボレー・シェベルなど、十数台に及ぶカーマニア垂涎のV8の名車が続々登場し、本物の迫力に満ちた走行シーンを繰り広げるのが見どころ。演出に当たり、ブルース・スプリングスティーンの名曲Born to Run(邦題『明日なき暴走』)にインスパイアされたという監督は「プリンス パープル・レイン」のアルバート・マグノーリ。脚本はランドール・M・バダットとフランク・ビテット。製作はブルース・ビンコウと「フラットライナーズ」のピーター・マクレヴィーの共同。エグゼクティヴ・プロデューサーは「ガンメン」「アフリカン・ダンク」のランス・フール。撮影はトビアス・シュライスラー、音楽はサイモン・フラングレン、スタント・コーディネーターはトニー・モレリが担当。主演はモデル出身で「モブスターズ 青春の群像」『ティーン・エージェント』(V)のリチャード・グリーコ。彼のモデル仲間で『ファースト・ゲッタウェイ』(V)のシェリー・レザーがグラマラスな肢体も披露して本格的に映画デビューを飾ったほか、「殺しのイリュージョン」のジョー・コルテーゼらが共演。

監督
アルバート・マグノーリ
出演キャスト
リチャード・グリーコ シェリー・レザー ジョー・コルテーゼ ジェイ・エイコヴォーン

ガンメン

  • 1994年5月14日(土)公開
  • 製作総指揮

4億ドルのありかを巡り、2人のタフガイが南米の麻薬組織と死闘を繰り広げる冒険アクション。監督は「ブルージーン・コップ」「バック・イン・ザ・USSR」のデラン・サラフィアン。脚本はスティーヴン・ソマーズ、製作は「ワーキング・ガール」のローレンス・マーク、「シュワルツェネッガー プレデター」のジョン・デイヴィス、「フォートレス」のジョン・フロック。撮影は「ネバー・クライ・ウルフ」のヒロ・ナリタ、音楽は「ジェットソンズ」のジョン・デブニーがそれぞれ担当。主演は「フォートレス」のクリストファー・ランバートと「黒豹のバラード」のマリオ・ヴァン・ピーブルズ。共演は「デモリションマン」のデニス・レアリー、「ホット・ショット2」のブレンダ・バッキーほか。監督の実父で「クライシス2050」の監督リチャード・C・サラフィアンがカメオ出演している。

監督
デラン・サラフィアン
出演キャスト
クリストファー・ランバート マリオ・ヴァン・ピーブルズ デニス・レアリー パトリック・スチュワート
1989年

スティール・ドーン 太陽の戦士

  • 1989年12月2日(土)公開
  • 監督、製作

核戦争で荒廃した地球を舞台に、巨大な悪に立ち向かう選ばれた戦士の戦いを描くSFアクション。製作・監督はランス・フール、脚本はダグ・レフラー、撮影はジョージ・ティアール、音楽はブライアン・メイがそれぞれ担当。

監督
ランス・フール
出演キャスト
パトリック・スウェイジ ジョン・フジオカ リサ・ネイミ クリストファー・ニーメ
1985年

地獄のヒーロー

  • 1985年6月22日(土)公開
  • 製作総指揮、原案

ヴェトナムに幽閉されているアメリカ人捕虜を救出する一匹狼を描く。製作はメナヘム・ゴーランとヨーラム・グローバス。エグゼクティヴ・プロデューサーはランス・フール。監督は「13日の金曜日 完結篇」のジョセフ・ジトー。ランス・フールとジェームズ・クローザーの原案に基づきジェームス・ブルーナーが脚色。撮影はジョアオ・フェルナンデス、音楽はジェイ・チャタウェイが担当。出演はチャック・ノリスほか。フィリピンでロケ撮影。

監督
ジョセフ・ジトー
出演キャスト
チャック・ノリス M・エメット・ウォルシュ レノーレ・カスドーフ ジェームス・ホン

地獄で眠れ

  • 1985年2月9日(土)公開
  • 製作総指揮

生体実験を繰り返す恐ろしい科学者を抹殺するため殺し屋が乗り込んでいく。製作はパンチョ・コーナー。エグゼクティヴ・プロデューサーはランス・フール。アソシエート・プロデューサーはジル・アイアランドとデイヴィッド・ブリングル。監督は「誕生日はもう来ない」(81)のJ・リー・トンプソン。R・ランス・ヒルの同名原作に基づいて、デイヴィッド・リー・ヘンリー、ジョン・クローザーが脚色。撮影はヤヴィア・ルヴァルカバ・クルーズ、音楽はケン・ソーンが担当。出演はチャールズ・ブロンソン、ジョセフ・メイハーなど。原題はシェークスピア作『ジュリアス・シーザー』第3幕2場のアントニーの台詞から引用したもの。トライスター映画提供。

監督
J・リー・トンプソン
出演キャスト
チャールズ・ブロンソン テレサ・サルダナ ジョセフ・メイハー ホセ・フェラー
1981年

太陽のエトランゼ

  • 1981年1月24日(土)公開
  • 製作

1940年代末のペルーの港町カボブランコを舞台に、海底に沈んだ財宝をめぐって地元の警察、元ナチSS隊の指導者、謎のフランス女性、そして地元に住みついた前科者などがからむアクション映画。製作はランス・フールとポール・A・ジョゼフ、監督はJ・リー・トンプソン、脚本はミルトン・ジェルマンとモートン・ファイン、撮影はアレックス・フィリップス・ジュニア、音楽はジェリー・ゴールドスミスが各々担当。出演はチャールズ・ブロンソン、ジェイソン・ロバーズ、ドミニク・サンダ、フェルナンド・レイ、サイモン・マッコーキンデールなど。

監督
J・リー・トンプソン
出演キャスト
チャールズ・ブロンソン ジェイソン・ロバーズ ドミニク・サンダ フェルナンド・レイ
1977年

ドッグ

  • 1977年5月14日(土)公開
  • 出演(Robbie 役)

犬の集団が人間達を襲い、都市がパニック状態におちいるさまを描く。製作はアラン・F・ボドーとブルース・コーン、監督はバート・ブリンカーロフ、脚本はオブライアン・トーマリン、撮影はボブ・ステッドマン、音楽はアラン・オールドフィールドが各々担当。出演はデイヴィッド・マッカラム、ジョージ・ウィナー、サンドラ・マッケーブなど。

監督
バート・ブリンカーロフ
出演キャスト
デイヴィッド・マッカラム ジョージ・ウィナー Eric Server サンドラ・マッケーブ
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ランス・フール