映画-Movie Walker > 人物を探す > グレイム・クリフォード

年代別 映画作品( 1976年 ~ 2008年 まで合計8映画作品)

2008年

クリストファー・リーとフランク・ザッパのこわがることをおぼえようと旅に出た男

  • 2008年8月2日(土)公開
  • 監督

'82~'87年にアメリカのテレビで放映された伝説のドラマ・シリーズをスクリーンで上映。気鋭の監督と豪華出演陣の組み合わせで、古今東西の名作童話を大胆に映像化している。

監督
グレーム・クリフォード
出演キャスト
クリストファー・リー ピーター・マクニコル フランク・ザッパ
1999年

地球に落ちて来た男 完全版

  • 1999年1月16日(土)公開
  • 編集

地球文明のなかで生きる異星人の愛と葛藤を描いたSF映画の名作の完全版(最初の日本公開版は119分)。正式な劇場公開は今回が初めてとなる。ウォルター・テヴィスの同名小説の映画化で、ポール・マイアーズバーグが脚本を担当。監督は「パフォーマンス」「赤い影」の映像派ニコラス・ローグ。撮影はアンソニー・リッチモンド。音楽はジョン・フィリップス。美術はブライアン・イートウェル。編集はグレアム・クリフォード。衣裳はメイ・ルース。主演は当時グラム・ロック界の貴公子として一世を風靡したロックアーティスト、デイヴィッド・ボウイ(「ツイン・ピークスローラ・パーマー最期の七日間」)。共演は「バッフィ バンパイア・キラー」のキャンディ・クラーク、「ヘラクレス」(声の出演)のリップ・トーンほか。2016年7月16日より再上映。

監督
ニコラス・ローグ
出演キャスト
デイヴィッド・ボウイ リップ・トーン キャンディ・クラーク バック・ヘンリー
1992年

ルビー・カイロ

  • 1992年12月12日(土)公開
  • 監督

謎に包まれた夫の正体を探り、旅する妻の姿を描く。監督は「ローラー・ボーイズ」のグリーム・クリフォード、製作はロイド・フィリップス、エグゼクティヴ・プロデューサーは「幕末純情伝」の角川春樹、脚本・原案はロバート・ディロン、共同脚本はマイケル・トーマス、撮影は「ラジオ・フライヤー」のラズロ・コヴァックス、音楽は「ダンス・ウィズ・ウルブズ」のジョン・バリーが担当。

監督
グレイム・クリフォード
出演キャスト
アンディ・マクドウェル リーアム・ニーソン ヴィゴ・モーテンセン オリンピア・デュカキス
1990年

ローリングキッズ

  • 1990年11月3日(土)公開
  • 監督

スケートボードを駆使して殺された兄の復讐に立ち上がる少年の活躍を描く青春アクション。監督は「女優フランシス」のグレアム・グリフォード、製作はローレンス・ターマンとデイヴィッド・フォスター、脚本はマイケル・トールキン、撮影はリード・スムース、音楽はジェイ・ファーガソン、編集はジョン・ライト、美術はジョン・ムトーがそれぞれ担当。

監督
グレイム・クリフォード
出演キャスト
クリスチャン・スレーター スティーヴン・バウアー エド・ローター ミコール・メルキュリオ
1986年

女優フランシス

  • 1986年1月17日(金)公開
  • 監督

実在のハリウッド女優フランセス・ファーマーの数奇な半生を描く。製作はジョナサン・サンガー、監督はこれがデビュー作のグリーム・クリフォード、脚本はエリック・バーグレン、クリストファー・デ・ボア、ニコラス・カザン、撮影はラズロ・コヴァックス、音楽はジョン・バリー、編集はジョン・ライトが担当。出演はジェシカ・ラング、サム・シェパードなど。

監督
グレイム・クリフォード
出演キャスト
ジェシカ・ラング サム・シェパード キム・スタンレイ バート・バーンズ
1983年

赤い影

  • 1983年8月19日(金)公開
  • 編集

自分の葬送を目撃した男の異様な体験を描くオカルト映画。製作はピーター・カッツ。エグゼキュティヴ・プロデューサーはアンソニー・B・アンガー。監督は「ジェラシー(1979)」のニコラス・ローグ。ダフネ・デュ・モーリアの『真夜中すぎでなく』(三笠書房)をアラン・スコットとクリス・ブライアントが脚色、アンソニー・リッチモンドが撮影、ピノ・ドナジオが音楽を担当している。出演はジュリー・クリスティ、ドナルド・サザーランド、ヒラリー・メイソン、クレリア・マタニア、マッシモ・セラートなど。イタリアでの題は“A Veneziaun dicembre rosso shocking”。

監督
ニコラス・ローグ
出演キャスト
ジュリー・クリスティ ドナルド・サザーランド ヒラリー・メイソン クレリア・マタニア
1981年

郵便配達は二度ベルを鳴らす(1981)

  • 1981年12月21日(月)公開
  • 編集

1930年代のロサンゼルスを舞台に暗うつな時代に生きる男と女の情欲と運命を描く。製作総指揮はアンドリュー・ブラウンズバーク、製作はチャールズ・マルベヒルとボブ・ラフェルソン、監督は「ファイブ・イージー・ピーセス」のボブ・ラフェルソン。ジェームズ・M・ケインの原作を基にデイビッド・マメットが脚色。撮影はスヴェン・ニクヴィスト、音楽はマイケル・スモール、編集はグリーム・クリフォード、製作デザインはジョージ・ジェンキンス、衣裳はドロシー・ジーキンズが各々担当。出演はジャック・ニコルソン、ジェシカ・ラング、ジョン・コリコス、マイケル・ラーナー、ジョン・P・ライアン、アンジェリカ・ヒューストン、ウィリアム・トレイラー、トム・ヒルなど。

監督
ボブ・ラフェルソン
出演キャスト
ジャック・ニコルソン ジェシカ・ラング ジョン・コリコス マイケル・ラーナー
1976年

ロッキー・ホラー・ショー

  • 1976年8月7日(土)公開
  • 編集

SFと怪奇映画とロックン・ロールに捧げられたオリジナル・ロックン・ロール・ミュージカル。製作総指揮はルー・アドラー、製作はマイケル・ホワイト、監督はジム・シャーマン、脚本はジム・シャーマンとリチャード・オブライエン、オリジナル・ミュージカル・プレイ作詞・作曲はリチャード・オブライエン、音楽監督兼編曲はリチャード・ハートレイ、撮影はピーター・シャシスキー、フィルムと音楽編集はグレイム・クリフォード、衣裳デザインはスー・ブレーンが各々担当。出演はティム・カリー、スーザン・サランドン、バリー・ボストウィック、リチャード・オブライエン、パトリシア・クイン、リトル・ネル、ジョナサン・アダムズ、ピーター・ヒンウッド、ミートローフ、チャールズ・グレイなど。

監督
ジム・シャーマン
出演キャスト
ティム・カリー スーザン・サランドン バリー・ボストウィック リチャード・オブライエン
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > グレイム・クリフォード