映画-Movie Walker > 人物を探す > ハリー・ジョー・ブラウン

年代別 映画作品( 1926年 ~ 1967年 まで合計34映画作品)

1967年

大いなる砲火

  • 1967年11月14日公開
  • 製作

ネルソン・ウォルフォードとシャーリー・ウォルフォードの原作を、ハルステッド・ウェルズが脚色、「サイレンサー 沈黙部隊」のフィル・カールソンが監督した南北戦争を背景としたアクション篇。撮影は「アパッチ砂漠」のケネス・ピーチ、音楽はヴァン・アレクサンダーが担当した。出演は「パリは燃えているか」のグレン・フォード、「賞金に賭ける男」のジョージ・ハミルトン、「プレイラブ48章」のインガー・スティーヴンスほか。製作はショウ・ビジネスの分野で活躍してきたハリー・ジョー・ブラウン。

監督
フィル・カールソン
出演キャスト
グレン・フォード ジョージ・ハミルトン インガー・スティーヴンス Paul Pitersen
1964年

新・海賊ブラッド

  • 1964年6月12日公開
  • 製作

ケイシー・ロビンソンの脚本を「ベロと8人の子供たち」のチュリオ・デミチェリが演出した海賊冒険ドラマ。撮影はアレサンドロ・ウルア、音楽はグレゴリオ・カルシア・セグラが担当した。製作はハリー・ジョー・ブラウン。出演は「ボーイハント(1961)」のシーン・フリン、「嵐の青春」「恐怖」のアン・トッド、「亭主会議」のアレッサンドラ・パナロ、ほかにホセ・ニエトほか。

監督
チュリオ・デミチェリ
出演キャスト
ショーン・フリン アレッサンドラ・パナーロ ホセ・ニエト アン・トッド
1962年

決闘コマンチ砦

  • 1962年10月6日公開
  • 製作

「イエローストン砦」のバート・ケネディの原作を「最後の酋長」の監督バット・ボーティカーが脚色し監督した西部劇。撮影は「恋愛専科」のチャールズ・ロートン・ジュニア、音楽はミッシャ・バカライニコフ。出演者は「昼下りの決斗」のランドルフ・スコット、「早射ち2連銃」のスキップ・ホメイヤー、「ブラック・ゴールド」のクロード・エイキンズ、ナンシー・ゲイツなど。

監督
バッド・ベティカー
出演キャスト
ランドルフ・スコット スキップ・ホメイヤー ナンシー・ゲイツ クロード・エイキンズ
1960年

西部は俺に任かせろ

  • 1960年1月29日公開
  • 製作

アレックス・ゴットリーブブの原作をリチャード・アラン・シモンズとロイ・ハギンスが脚色し、「襲われた町」のアルフレッド・ワーカーが監督した西部劇。撮影は「先生のお気に入り」のチャールズ・ロートン・ジュニア、音楽をポール・ソーテルが担当。出演は「コマンチ族」のダナ・アンドリュース、「ベニイ・グッドマン物語」ノドナ・リード、他にダイアン・フォスター、スティーブン・エリオット、リチャード・クーガン、ローレンス・ヒューゴー等。製作ハリー・ジョーブラウン。

監督
アルフレッド・ワーカー
出演キャスト
ダナ・アンドリュース ドナ・リード ダイアン・フォスター ディック・クーガン
1958年

反撃の銃弾

  • 1958年2月21日公開
  • 製作

エルモア・レナードの原作を「七人の無頼漢」のバート・ケネディが脚色、「灼熱の勇者」のバッド・ボーティカーが監督した西部劇。撮影はチャールズ・ロートン・ジュニア、音楽は「赤い連発銃」のミッシャ・バカライニコフ。主演は「七人の無頼漢」のランドルフ・スコット、ターザン映画でジョイ・ワイズミューラーの相手役をつとめ、「大時計」などにも出演したモーリン・オサリヴァン。それ「星のない男」のリチャード・ブーンなど。

監督
バッド・ベティカー
出演キャスト
ランドルフ・スコット リチャード・ブーン モーリン・オサリヴァン アーサー・ハニカット
1957年

赤い連発銃

  • 1957年2月9日公開
  • 製作

サタディ・イヴニング・ポスト誌に掲載されたG・ウィリアム・ハリスンの同名小説を「敵中突破せよ」のウォルター・ドニガーが脚色、「ジャングルの決闘」のジョージ・マーシャルが監督した西部劇。撮影は「捨身の一撃」のレイ・レナハン、音楽は「世紀の謎 空飛ぶ円盤地球を襲撃す」のミッシャ・バカライニコフ。主演は「地獄の戦線」のオーディ・マーフィ、「死刑囚2455号」のキャスリン・グラント。ホープ・エマーソン、ジェフ・ドンネルらが助演。

監督
ジョージ・マーシャル
出演キャスト
オーディ・マーフィ キャスリン・グラント ホープ・エマーソン ジェフ・ドネル

捨身の一撃

  • 1957年2月2日公開
  • 製作

「10人のならず者」に続くスコット=ブラウン・プロの作品。ブラド・ワードのストーリーから「10人のならず者」のケネス・ガメットが脚色し、「地獄への脱却」のジョセフ・H・ルイスが監督した。撮影は「ミズーリ大平原」のレイ・レナハン。音楽は「10人のならず者」のポール・ソーテルの担当。主演は「10人のならず者」のランドルフ・スコット「ダニー・ケイの黒いキツネ」のアンジェラ・ランズベリー、他にワーナー・アンダーソン、ウォーレス・フォードなど。

監督
ジョセフ・H・ルイス
出演キャスト
ランドルフ・スコット アンジェラ・ランズベリー ワーナー・アンダーソン Jean Paker
1956年

10人のならず者

  • 1956年12月1日公開
  • 製作

製作者のハリー・ジョー・ブラウンと主演のランドルフ・スコットが提携したスコット=ブラウン・プロの作品。アリゾナの良民を苦しめる無法者の群れに対抗して敢然と立ち上った正義の男を中心とした西部劇。アーヴィング・ラヴェッチとハリエット・フランク・ジュニアのストーリーから「廃墟の守備隊」のケネス・ガメットが脚本を執筆、「アリゾナの決闘」のブルース・ハンバーストーンが監督した。撮影は「最初のテキサス人」のウィルフリッド・M・クライン、作曲は「動物の世界」のポール・ソーテル。出演者は「復讐に来た男」のランドルフ・スコットを中心に、「ミスタア・ロバーツ」の舞台に出演したジョスリン・ブランド、新人ドナ・マーテル、「襲われた町」のスキップ・ホメイヤー、他にリチャード・ブーン、アルフォンゾ・ベドーヤなど。

監督
ブルース・ハンバーストン
出演キャスト
ランドルフ・スコット ジョスリン・ブランド リチャード・ブーン アルフォンソ・ベドーヤ
1953年

ネバダ決死隊

  • 1953年4月20日公開
  • 製作

「海賊船長」のハリー・ジョー・ブラウンと「拳銃45」に出演したランドルフ・スコットが共同製作したテクニカラー西部活劇1952年作品。脚本と監督は新進ロイ・ハギンズ、撮影は「廃墟の守備隊」のチャールズ・ロートン・ジュニア、音楽監督はミッシャ・バカライニコフである。製作者のスコットが主演し、「大地は怒る」のドナ・リード、「リオ・グランデの砦」のクロード・ジャーマン・ジュニア、「探偵物語」のフランク・フェイレン、「永遠のアンバー」のグレン・ランガン、リチャード・デニング、リー・マーヴィンらが助演する。

監督
ロイ・ハギンス
出演キャスト
ランドルフ・スコット ドナ・リード クロード・ジャーマン・ジュニア フランク・フェイレン
1952年

海賊船長

  • 1952年11月25日公開
  • 製作

「海賊ブラッドの逆襲」と同じく、製作はハリー・ジョー・ブラウン、原作はラファエル・サバティニの小説で、監督には新進のラリフ・マーフィが当ったテクニカラー海洋活劇1952年度作品。脚色は同じく「海賊ブラッドの逆襲」のロバート・リボット、フランク・バート、それにジョン・メレディス・ルーカスが協力している。撮影は「剣侠ロビン」のチャールズ・ロートン・ジュニア、作曲は「オクラホマ無宿」のジョージ・ダニングの担当。主演は「海賊ブラッドの逆襲」のルイス・ヘイワードと「ヴァレンチノ」のパトリシア・メディナで、ジョン・サットン(「戦乱の花嫁」)、チャールズ・アーウィン、ジョージ・ギヴォットらが助演。

監督
ラルフ・マーフィー
出演キャスト
ルイス・ヘイワード パトリシア・メディナ ジョン・サットン チャールズ・アーウィン
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ハリー・ジョー・ブラウン