映画-Movie Walker > 人物を探す > Blanche Davenport

年代別 映画作品( 1920年 ~ 1925年 まで合計3映画作品)

1925年

半生を母に捧げて

  • 1925年公開
  • 出演(Mrs._Powers_Sr 役)

「名優の追想」で渋い演技を見せたブランドン・タイナン氏が昨年舞台の暇に撮影したもので、ジョセフ・レヴァリング氏が監督製作した。タイナン氏を助けてジョン・ホプキンス氏、ガードナー・ジェームズ氏、ミルドレッド・アーデン嬢、アリス・マン嬢出演。

監督
ジョセフ・レヴァリング
出演キャスト
ブランドン・タイナン ガードナー・ジェームズ ミルドレッド・アーデン Blanche Davenport

悲恋の勇士

  • 1925年公開
  • 出演(Mother_Mullaney 役)

T・ハワード・ケリー氏の原作に基づいて、「歩み疲れて」「修羅の闘牛」等と同じくトム・テリス氏が監督したもので、主役は「ピンチ・ヒッター」「小さき巨人」等主演のグレン・ハンター氏が演じ、対手女優は「小さき巨人」「ニューヨークの暗黒面」等出演のエドナ・マーフィ嬢が勤め、ダグラス・ギルモア氏、コラ・ウィリアムス嬢等が助演している。

監督
トム・テリス
出演キャスト
グレン・ハンター エドナ・マーフィ ダグラス・ギルモア Gordon Begg
1920年

女性の為に

  • 1920年公開
  • 出演(Mrs._Grimm 役)

本年9月紐育で初めて公開されたジャンス会社の大作品で、規模の壯大、撮影の巧妙、真に驚くべきものがある。筋も全部時代をローマ時代にとって、予言者の語る物語で現代を見せ、再びローマに帰って終って居るのは、之と反対のものを多く見て居る眼には面白く映じる。「人間タンク」の製作者ビー・エイ・ロルフ氏監督。俳優には余り御馴染味は居ないが「ウーマン」や「不思議の人」に出たフェアー・ビンニー嬢が顔を見せる。松竹キネマ第1回輸入映画として11月1日より歌舞伎座で公開された。

監督
B・A・ロルフ
出演キャスト
Edmond Lowe エドモンド・ロウ アンダース・ランドルフ グスタフ・フォン・セイファーティッツ
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > Blanche Davenport