TOP > 映画監督・俳優を探す > フェアー・ビニー

年代別 映画作品( 1920年 ~ 1924年 まで合計4映画作品)

1924年

大速力

  • 1924年
  • 出演(Betty_West 役)

「名馬一鞭」「鞭総甜めバーンズ」等主演のジョニー・ハインズ氏主演映画で、ウィリアム・ウォーレンス・クック氏の原作、レイ・ハリス氏の脚色、チャールズ・ハインズ氏の監督で作られた。相手は「奇蹟の人」でカルバンチェ氏の相手をしたフェアー・ビニー嬢。スピードある自動車活劇で、喜劇味も多く取り入れてある。

監督
チャールズ・ハインズ
出演キャスト
ジョニー・ハインズ フェアー・ビニー エドモンド・ブリーズ ワーナー・リッチモンド

青春来る(1924)

  • 1924年
  • 出演(Helen_Remick 役)

アラン・アプデグラフ氏の小説を、ジョン・リンチ氏が脚色し「シャーロック・ホームズ(1922)」と同じくアルバート・パーカー氏が監督したもの。主役は「奮起の一戦」「大北の怪異」等と同じくアルフレッド・ラント氏で「奮起の一戦」出演のミミ・パルメリ嬢が相手役。「女から求婚すべきか?」という主題の喜劇である。

監督
アルバート・パーカー
出演キャスト
アルフレッド・ラント ミミ・パルメリ Margaret Dare チャールズ・レーン
1921年

星の奇蹟

  • 1921年
  • 出演(Hilda_Hoyt 役)

アルバート・ペイソン・ターヒューン原作で監督は「月下の囁き」「愛国熱」などと同様チャールズ・メインである。最近では「上海の壮漢」に主演したトーマス・ミーアンの主演で相手役としては「不思議の人」「ウーマン」などに出演のフェアー・ビニー嬢が出演する。ニューヨーク東部を背景とし愛によって悪人が改心する筋を取り扱っている。

監督
チャールズ・メイン
出演キャスト
トーマス・ミーアン フェアー・ビニー アルフォンズ・エティエ Florence Johns
1920年

女性の為に

  • 1920年
  • 出演(Patsy 役)

本年9月紐育で初めて公開されたジャンス会社の大作品で、規模の壯大、撮影の巧妙、真に驚くべきものがある。筋も全部時代をローマ時代にとって、予言者の語る物語で現代を見せ、再びローマに帰って終って居るのは、之と反対のものを多く見て居る眼には面白く映じる。「人間タンク」の製作者ビー・エイ・ロルフ氏監督。俳優には余り御馴染味は居ないが「ウーマン」や「不思議の人」に出たフェアー・ビンニー嬢が顔を見せる。松竹キネマ第1回輸入映画として11月1日より歌舞伎座で公開された。

監督
B・A・ロルフ
出演キャスト
Edmond Lowe エドモンド・ロウ アンダース・ランドルフ グスタフ・フォン・セイファーティッツ
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/10/25更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画監督・俳優を探す > フェアー・ビニー

ムービーウォーカー 上へ戻る