映画-Movie Walker > 人物を探す > オードリー・ヤング

年代別 映画作品( 1949年 ~ 1956年 まで合計2映画作品)

1956年

情欲の悪魔

  • 1956年5月12日(土)
  • 出演(Jingle Girl 役)

トーチソングの女王と謳われたルス・エッティングの半生を描く。製作はミュージカル映画の名手ジョー・パスターナク。ダニエル・フックスのオリジナルをフックスと「錨を上げて」のイソベル・レナートが共同脚色、監督は「アンデルセン物語」のチャールズ・ヴィダー。主演は「ミスタア・ロバーツ」のジェームズ・キャグニー、「カラミティ・ジェーン」のドリス・デイ、助演は「野郎どもと女たち」のロバート・キース、「竹の家」のキャメロン・ミッチェル。主題歌は1920年から30年代にかけて流行した14曲と、新曲2曲がドリス・デイによって歌われる。作曲はアーヴィング・バーリン、ガス・カーン、アーサー・フリード、ロジャースとハート等で、新曲の作曲はニコラス・ブロズスキーとチルトン・プライスで音楽監督はジョージ・ストール。テクニカラー、1955年作品。

監督
チャールズ・ヴィダー
出演キャスト
ドリス・デイ ジェームズ・キャグニー キャメロン・ミッチェル ロバート・キース
1949年

凸凹西部の巻

  • 1949年11月
  • 出演(Juanita_Hawkins 役)

1947年製作のバッド・アボット、ルー・コステロの共演喜劇で、ダニエル・D・ビューチャンプとウィリアム・バワース原作「凸凹お化け騒動」のロバート・リース、フレデリック・I・リナルド及びジョン・グラント共同脚本、かつてウィリアム・ウエルマンの助手だったチャールズ・T・バートンが監督、チャールズ・ヴァン・エンジャーが撮影したもの。助演は「卵と私」のマージョリー・メイン、新人オードリー・ヤングその他。

監督
チャールズ・T・バートン
出演キャスト
バッド・アボット ルー・コステロ マージョリー・メイン オードリー・ヤング
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
僕と世界の方程式
僕と世界の方程式

国際数学オリンピックで金メダルを目指す少年の姿を描く実話ベースの青春ストーリー

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > オードリー・ヤング