映画-Movie Walker > 人物を探す > ジャッキー・モラン

年代別 映画作品( 1936年 ~ 1955年 まで合計5映画作品)

1955年

原子未来戦

  • 1955年7月12日(火)公開
  • 出演

500年後に氷の中から目覚めた男が独裁者と戦うSF活劇。フィル・ノーランとディック・コールキンスの原作の映画化で、脚本はノーマン・S・ホールとレイ・トランプが共同で執筆。監督はフォード・ビーブ、ソール・A・グッドカインドが担当。出演はラリー・バスター・クラブ、コンスタンス・ムーア、ジャッキー・モーラン、アンソニー・ワードなど。

監督
フォード・ビーブ ソール・A・グッドカインド
出演キャスト
ラリー・バスター・クラブ コンスタンス・ムーア ジャッキー・モーラン アンソニー・ワード
1952年

トム・ソーヤの冒険(1937)

  • 1952年5月15日(木)公開
  • 出演(Huckleberry_Finn 役)

「レベッカ」のデヴィド・O・セルズニックが製作した1937年映画で、マーク・トウェインの著名な小説から、ジョン・V・A・ウィーヴァーが潤色、「初めか終りか」のノーマン・タウログが監督した色彩映画。トミイ・ケリイ、ジャッキー・モランの両子役を助けて、「かれらに音楽を」のウォルター・ブレナン、「晩餐八時」のメイ・ロブソン、ヴィクター・ジョリー、ヴィクター・キリアン、コーラ・スー・コリンズらが共演。

監督
ノーマン・タウログ
出演キャスト
トミイ・ケリイ ジャッキー・モラン メイ・ロブソン ウォルター・ブレナン
1937年

黎明の丘(1937)

  • 1937年当年公開
  • 出演(Freddie 役)

「浮気名女優」「クレオパトラ(1934)」のウォーレン・ウィリアムが主役を勤める映画で、フランク・R・アダムス原作、「家族一連隊」のドリス・マロイと「少年ドン・キホーテ」のドア・シャーリーとが協力脚色、「ハリウッド大通り」「撮影所の惨劇」のロバート・フローリーが監督に当たり、「ガルシアの伝令」のルドルフ・マテが撮影した。助演は「黒地獄」「テンプルの愛国者」のカレン・モーリー、「暁の爆撃機」のルイス・モートン、「山小屋の一夜」のジャッキー・モラン、「丘の一本松」のリチャード・カール、「永遠に愛せよ」のクリスチャン・ラップ、「少年ドン・キホーテ」のエスター・デール等の面々である。

監督
ロバート・フローリー
出演キャスト
ウォーレン・ウィリアム カレン・モーリー ルイス・ストーン リチャード・カール
1936年

情熱への反抗

  • 1936年当年公開
  • 出演(Paul(as_child) 役)

舞台劇“Personal Appearanceに主演して俄然有名となったグラディス・ジョージが主役を勤める映画で、バリー・ベネフィールド作の小説に基づいて「花嫁の感情」「青春の溜息」と同じくクロード・ビニヨンが脚色、同じくウェズリー・ラッグルズが監督したものである。助演者は「バーレスクの王様」のアーリン・ジャッジ、「放送豪華版」のジョン・ハワード、「支那海」のダッドリー・ディグス、「硝煙牧場」のハリー・ケイリー、「嵐の三色旗」のイザベル・シュウェル、「山小屋の一夜」のジャッキー・モラン、新顔の子役チャーリーン・ワイヤットその他で、撮影は「花嫁の感情」のレオ・トーヴァーの担任である。

監督
ウェズリー・ラッグルズ
出演キャスト
グラディス・ジョージ アーリン・ジャッジ ジョン・ハワード ダッドリー・ディグス

山小屋の一夜

  • 1936年当年公開
  • 出演(Tommy 役)

「Gウーマン」「社長は奥様がお好き」のメルヴィン・ダグラスと「国際列車第7号」「有閑火遊び」のメアリー・アスターが主役を演ずる映画で、サラ・アディントンの原作を「白蛾」のドリス・アンダーソンが「罪と罰」のジョセフ・アンソニー、A・ローリー・ビレイジーと協力脚色し、「彼女は僕を愛さない」「三角の月」のエリオット・ニュージェントが監督に当たり、「片道切符」のヘンリー・フロイリッヒが撮影した。助演者は「社長は奥様がお好き」のエディス・フェロウズ、新顔の子役ジャッキー・モラン、「俺は善人だ」のドナルド・ミーク、「月は我が家」のドロシー・スティックニー、新顔のロメーン・カレンダーの面々である。

監督
エリオット・ニュージェント
出演キャスト
メルヴィン・ダグラス メアリー・アスター エディス・フェロウズ ジャッキー・モラン
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ジャッキー・モラン