映画-Movie Walker > 人物を探す > マーサ・ハイヤー

年代別 映画作品( 1950年 ~ 1970年 まで合計25映画作品)

1970年

死刑台に接吻

  • 1970年6月20日公開
  • 出演(Lee 役)

ヒッチコック監督の「見知らぬ乗客」を現代的に翻案したサスペンス・スリラー。製作総指揮はロバート・ゴールドスタイン、製作はハロルド・A・ゴールドスタイン、監督は新鋭のロバート・スパー。「太陽がいっぱい」のパトリシア・ハイスミスの原作をフランク・ターロフとノーマン・カトコフが脚色。撮影はジャック・マルクェ、音楽はジェームズ・ファガス、編集はマージョリー・ファウラーがそれぞれ担当。出演は「屋根の上の赤ちゃん」のポール・バーク、「謀略ルート」のキャロル・リンレイ、「真昼の衝動」のマーサ・ハイヤー。その他、ピーター・リンド・ヘイズ、フィリップ・ケイリー、スティーブン・マクナリー、ウィット・ビッセル、エレーン・デヴリー、キャスリン・ギヴニーなど。

監督
ロバート・スパー
出演キャスト
ポール・バーク キャロル・リンレイ マーサ・ハイヤー ピーター・リンド・ヘイズ

大逆転(1970)

  • 1970年5月23日公開
  • 出演(Jo_Grindling 役)

広告宣伝マンと美女のおりなすロマンティック・アクション。製作はロバート・S・ベイカー、監督はアルヴィン・ラーコフ。脚本はリー・ヴァンス、撮影はブレンダン・J・スタフォード、音楽は「星空」のスタンリー・ブラック、美術はアイヴァン・キング、編集はバート・ルールがそれぞれ担当。出演はTV「セイント」のロジャー・ムーア、「真昼の衝動」のマーサ・ハイヤー。その他クラウディ・ランゲ、バーナード・リー、アレクシス・ケナー、フランシス・マシューズ、ダドリー・サットンなど。

監督
アルヴィン・ラコフ
出演キャスト
ロジャー・ムーア マーサ・ハイヤー アレクシス・ケナー クラウディ・ランゲ
1968年

真昼の衝動

  • 1968年2月14日公開
  • 出演(Monica 役)

ジェームズ・D・ブキャナンとロナルド・オースティンのストーリーからフランク・R・ピアソンとブキャナン、オースティンの3人が脚色、「キャット・バルー」のエリオット・シルヴァースタインが監督。フィリップ・ラスロップが撮影を担当し、音楽はデ・ヴォル。出演は「名誉と栄光のためでなく」のアンソニー・クイン、「南極ピンク作戦」のジョージ・マハリス、「天地創造」のマイケル・パークス、ほかにロバート・ウォーカー・ジュニア、マーサ・ハイヤー、フェイ・ダナウェイ、オスカー・ホモルカなど。製作はジャド・キンバーグ。

監督
エリオット・シルヴァースタイン
出演キャスト
アンソニー・クイン ジョージ・マハリス マイケル・パークス ロバート・ウォーカー・ジュニア
1966年

逃亡地帯(1966)

  • 1966年公開
  • 出演(Mary_Fuller 役)

原作は「ハイウェイ」のホートン・フートで「噂の二人」のリリアン・ヘルマンが脚色、「奇跡の人(1962)」のアーサー・ペンが監督したサスペンス・ドラマ。撮影は「ローラ殺人事件」のジョセフ・ラシェルで、音楽は「野性のエルザ」のジョン・バリー。出演者は「戦艦バウンティ」のマーロン・ブランド、「キャット・バルー」のジェーン・フォンダ、テレビ「弁護士プレストン」のE・G・マーシャル、「リオ・ブラボー」のアンジー・ディッキンソン、「大いなる野望」のマーサ・ハイヤー、「キング・ラット」のジェームズ・フォックスなど。製作は「アラビアのロレンス」のサム・スピーゲル。

監督
アーサー・ペン
出演キャスト
マーロン・ブランド ジェーン・フォンダ ロバート・レッドフォード E・G・マーシャル

ビッグジム

  • 1966年12月17日公開
  • 出演(Angela_Cole 役)

クリント・ウォーカーの原案を、ウォーレン・ダグラスが脚本にし、ジョセフ・ペヴニーが監督したアクション・ドラマで、グリッズリー・ベアという灰色熊が活躍する。撮影はアカデミー賞カメラマン、ロイヤル・グリグスと「パームスプリングの週末」のハロルド・リップステイン、音楽はリース・スティーヴンスが担当。主演は「メリー・ポピンズ」のクリント・ウォーカー、「逃亡地帯」のマーサ・ハイヤー、ほかにキーナン・ウィン、ジャック・エラムなど。製作はテレビ出身のバート・ダン。

監督
ジョセフ・ペヴニー
出演キャスト
クリント・ウォーカー マーサ・ハイヤー キーナン・ウィン Nancy Kulp
1965年

エルダー兄弟

  • 1965年10月1日公開
  • 出演(Mary_Gordon 役)

タルボット・ジェニングスのストーリーを、ウィリアム・ライト、アラン・ワイス、ハリー・エセックスが共同脚色、「サーカスの世界」のヘンリー・ハサウェイが監督した西部劇。撮影は「赤い崖」のルシエン・バラード、音楽はエルマー・バーンスタインが担当した。出演はジョン・ウェイン、「ねえ!キスしてよ」のディーン・マーティン、「大いなる野望」のマーサ・ハイヤー、「OK牧場の決斗」のアール・ホリマンほか。製作は「ベケット」のハル・B・ウォリス。

監督
ヘンリー・ハサウェイ
出演キャスト
ジョン・ウェイン ディーン・マーティン マーサ・ハイヤー アール・ホリマン

アパッチ砂漠

  • 1965年9月7日公開
  • 出演(Nancy_Wailer 役)

ロバート・E・ケント、マーク・ハンナのストーリーを、ロバート・E・ケントが脚色、「大酋長」のシドニー・サルコウが監督した西部劇。撮影はケネス・ピーチ、音楽はリチャード・ラサールが担当した。出演は「早射ちロジャース」のデイル・ロバートソン、マーサ・ハイヤーほか。製作はレオン・フロムケス。

監督
シドニー・サルコウ
出演キャスト
デイル・ロバートソン マーサ・ハイヤー Mendell Coray Dandy Curran

大いなる野望

  • 1965年6月5日公開
  • 出演(Jennie_Denton 役)

ハロルド・ロビンスの小説をジョン・マクケル・ヘイズが脚色、「嘆きの天使」のエドワード・ドミトリクが監督したハリウッドの内幕もの。撮影はジョー・マクドナルド、音楽はエルマー・バーンスタインが担当した。出演は「ティファニーで朝食を」のジョージ・ペパード、「シャイアン」のキャロル・ベイカー、これが遺作となったアラン・ラッドのほかにボブ・カミングス、マーサ・ハイヤー、エリザベス・アシュレーなど。製作は「軽蔑」のジョセフ・E・レヴィン。

監督
エドワード・ドミトリク
出演キャスト
ジョージ・ペパード キャロル・ベイカー アラン・ラッド ボブ・カミングス
1964年

現金お断り

  • 1964年3月4日公開
  • 出演(Lucy 役)

ビル・ブラッティとジョン・フェントン・マレイの共同ストーリーをブラッティが脚色、「底抜けオットあぶない」のフランク・タシュリンが監督したコメディ。「西13番街」のビル・ブルームの製作、「殺人地帯U・S・A」のハル・モーアの撮影、音楽はステュー・フィリップスが担当した。出演者は「替え玉作戦」のダニー・ケイ、「手錠のままの脱獄」のカーラ・ウィリアムス。「大都会の女たち」のマーサ・ハイヤー、「インターン」のテリー・サヴァラスのほかエヴェレット・スローン、ケイ・スティーヴンスなど。

監督
フランク・タシュリン
出演キャスト
ダニー・ケイ カーラ・ウィリアムス マーサ・ハイヤー テリー・サヴァラス
1960年

北海の果て

  • 1960年11月9日公開
  • 出演(Dorothy 役)

「ジャイアンツ」の原作者エドナ・ファーバー女史の、アラスカの歴史を描いた大ロマンの映画化。「カルメン(1954)」のハリー・クライナーが脚色し、「都会のジャングル」のビンセント・シァーマンが監督した。撮影はジョゼフ・ビロック、音楽はマッス・スタイナー。出演は「にがい勝利」のリチャード・バートン、「征服されざる西部」のロバート・ライアン、「聖なる漁夫」のマーサ・ハイヤーのほか、キャロリン・ジョーンズ、カール・スウェンソン、ジム・バッカス、ドーカス・ブロワーら。製作ヘンリー・ブランク。

監督
ヴィンセント・シャーマン
出演キャスト
リチャード・バートン ロバート・ライアン キャロリン・ジョーンズ マーサ・ハイヤー
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > マーサ・ハイヤー