TOP > 映画監督・俳優を探す > ザス・ピッツ

年代別 映画作品( 1919年 ~ 1963年 まで合計78映画作品)

1925年

天界への挑戦

  • 1925年
  • 出演(Blanche 役)

レディース・ホーム・ジャーナルに掲載されたクラレンス・バディントン・ケランド氏原著の小説「奇蹟」“Miracle” に基づき、エドワード・T・ロウ・ジュニア氏と、リチャード・ウォーレス氏が脚色し、「恐怖の街」等と同じくエドワード・レムル氏が監督した。主役は「女性の敵」「ユーモレスク(1920)」等出演のアルマ・ルーベンス嬢,「冬来りなば」「疑問のK」等出演のパーシー・マーモント氏である.

監督
エドワード・レムル
出演キャスト
アルマ・ルーベンス パーシー・マーモント ヒューイー・マック ジーン・ハーショルト

大分水嶺

  • 1925年
  • 出演(Polly_Jordan 役)

ウィリアム・ヴォーン・ムーディー氏作の舞台劇を映画化したものでウォルデマー・ヤング氏が脚色し、「怒涛万里」「名馬天に嘶く」等と同じくレジナルド・バーカー氏が監督した、主役は「スカラムーシュ」「アラブ」等出演のアリス・テリー嬢と「野の百合」「白蛾は舞う」等出演のコンウェイ・タール氏とでウォーレス・ビアリー氏、ハントリー・ゴードン氏、アラン・フォレスト氏、ジョージ・クーパー氏、ザス・ピッツ嬢、ウィリアム・オーラモンド氏等の腕利き連が助演している。

監督
レジナルド・バーカー
出演キャスト
アリス・テリー コンウェイ・タール ウォーレス・ビアリー ハントリー・ゴードン

大山鳴動(1925)

  • 1925年
  • 出演(Mandy_Coulter 役)

パール・フランクリン女史作の舞台劇に基づいてイヴ・アンセル女史が脚色し「廻る小車」「サイベリア」等と同じくブィクター・シュルツィンガー氏が監督したもので、主役は「サンディー」「踊り狂う人々」等出演のマッヂ・ベラミー嬢で、対手役は「サンディー」「なまけ者」等出演のレスリー・フェントン氏が演じ、ザス・ピッツ嬢、アレック・B・フランシス氏、アーサー・ハウスマン氏、エミリー・フィッツローイ嬢、オーティス・ハーラン氏、ラッセル・シンプソン氏、ジェーイ・ハント氏、ポール・パンザー氏等の腕利き連が助演している。

監督
ヴィクター・シェルツィンゲル
出演キャスト
マッジ・ベラミー レスリー・フェントン アレック・B・フランシス ポール・パンザー

勝利者(1925)

  • 1925年
  • 出演(A_Factory_Girl 役)

「十誡(1923)」に続くセシル・B・デミル氏の監督作品で、原作はサタデイ・イヴニングポースト誌上に連載されたメイ・エジントン女史の小説、これを例のジャニー・マクファースン女史が脚色したもので、主役は「十誡(1923)」現代篇と同じくリートリス・ジョーイ嬢とロッド・ラ・ロック氏、それにハンガリー生れの新進俳優ヴィクター・ヴァルコニ氏が加わり、その他贅澤なオール・スター・キャストである。

監督
セシル・B・デミル
出演キャスト
リートリス・ジョーイ ロッド・ラロック ヴィクター・ヴァルコニ チャールズ・オーグル

喧嘩両成敗

  • 1925年
  • 出演(Luella_Logan 役)

ガイ・ボルトン氏作の舞台劇に基いてケネス・B・クラーク氏が脚色し、「なまけ者」「秘密」等と同じくフランク・ボーゼージ氏が監督したもので、俳優は「サンキュー」等出演のジャクリーン・ローガン嬢を始めクレイトン・ヘール氏、ザス・ピッツ嬢、アール・フォックス氏、クロード・ギリングウォーター氏、デイヴィッド・バトラー氏、マーガレット・リヴィングストン嬢、マーガレット・セドン嬢及びダン・メーソン氏等の賑やかな顔振れである。

監督
フランク・ボーゼージ
出演キャスト
ジャクリーヌ・ローガン クレイトン・ヘール ザス・ピッツ アール・フォックス

グリード(1925)

  • 1925年
  • 出演(Trina 役)

フランク・ノリス氏作の有名な小説『マックティーグ』を映画化したもので、エリッヒ・フォン・シュトロハイム氏とジューン・メイシス女史とが映画脚色し、「愚なる妻」「アルプス嵐」「悪魔の合鍵」等と同じくフォン・シュトロハイム氏が監督した。主役は「赤熱の十字架」「アルプス嵐」等で端役を演じていたギブソン・ガウランド氏で、「ジョアンの嘆き」等出演のザス・ピッツ嬢と「ステラ・ダラス(1925)」等出演のジーン・ハーショルト氏とが対手役を演じ「愚なる妻」「メアリー・ゴー・ラウンド」等に出演したデイル・フラー嬢を始めチェスター・コンクリン氏、シルヴィア・アッシュトン嬢、ジョーン・スタンディング嬢、オースティン・ジュエル氏等が重要なる役を演ずる。

監督
エリッヒ・フォン・シュトロハイム
出演キャスト
ギブソン・ゴーランド ザス・ピッツ ジーン・ハーショルト チェスター・コンクリン
1924年

水塔の西

  • 1924年
  • 出演(Dessie_Arnhalt 役)

1923年に出版されたホーマー・クロイ氏原著の小説を、ルシエン・ハバードシが書き改め、ドリス・シュローダー女史が脚色し、「神とその女」「運命(1919)」等と同じくローリン・スタージョン氏が監督したもの。主役は「活動のマートン」のグレン・ハンター氏、「駅馬車(1925)」のアーネスト・トーレンス氏「キック・イン」のメイ・マカヴォイ嬢等で、その他にもジョージ・フォーセット氏、ザス・ピッツ嬢等が出演している。

監督
ローリン・スタージョン
出演キャスト
グレン・ハンター メイ・マカヴォイ アーネスト・トーレンス ジョージ・フォーセット

疑惑の夜(1924)

  • 1924年
  • 出演(Celia_Stebbine 役)

ガイ・ボルトン氏とマックス・マーシン氏合作の物語を、エドワード・モンテーグ氏が脚色し、「奮起の青年」「出世俄成金」等と同じくハーバート・ブラッシュ氏が監督した。主役は「干潮」「人類の破滅」等出演のジェームズ・カークウッド氏「愛国の喇叭」「巨象怒れば」等出演のマッジ・ベラミー嬢で、ザス・ピッツ嬢、トム・ウィルスン氏等が共演している。ミステリー・ドラマとして興味深いものである。

監督
ハーバート・ブラッシュ
出演キャスト
ジェームズ・カークウッド マッジ・ベラミー ザス・ピッツ ローズマリー・セビー

金魚娘

  • 1924年
  • 出演(Amelia_Pugsley 役)

マージョリー・ラムボオ夫人が当たりを取ったグラディス・アンガー女史作の舞踏劇からガードナー・サリヴァン氏が脚色し「起てよ!戦士」「アラビアの恋」等と同じくジェローム・ストーム氏が監督したもので、主役は「桃色の夜は更けて」「ダルシー」等出演のコンスタンス・タルマッジ嬢が演じ、相手役は「騒擾の巷」「ダルシー」等出演のジャック・マルホール氏で、ジーン・ハーショルト氏、ザス・ピッツ嬢、エドワード・コネリー氏、ウィリアム・コンクリン氏等が助演している。

監督
ジェローム・ストーム
出演キャスト
コンスタンス・タルマッジ ジャック・マルホール フランク・エリオット ジーン・ハーショルト

浮気征伐

  • 1924年
  • 出演(Mona 役)

フレディリック・ロンスデール氏作の舞台劇をクララ・べランジャー女史が脚色し「返り咲く花」「グラムピー」等と同じくウィリアム・C・デミル氏が監督したもので、「駅馬車(1925)」「性の敵」等出演のベティー・カンプソン嬢と「子の心親知らず」「禁断の楽園」等出演のアドルフ・マンジュウル氏と「ステラ・マリス」「自由結婚」等出演のエリオット・デクスター氏とが共演し、ザス・ピッツ嬢、クレア・アダムス嬢等が助演している。

監督
ウィリアム・C・デミル
出演キャスト
ベティー・カンプソン アドルフ・マンジュウ エリオット・デクスター ザス・ピッツ
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/10/28更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画監督・俳優を探す > ザス・ピッツ

ムービーウォーカー 上へ戻る