TOP > 映画監督・俳優を探す > ザス・ピッツ

年代別 映画作品( 1919年 ~ 1963年 まで合計78映画作品)

1932年

心のふるさと

  • 1932年
  • 出演(Mrs._Truesdale 役)

「林檎の頬」「女性に捧ぐ」のアン・ハージングが主演する映画でマーガレット・エア・バーンズ作の小説を「フープラ(1933)」のブラッドリー・キングが脚色し、「恋の素顔」のロバート・ミルトンが、監督に当たり、「トパーズ(1933)」のルシエン・アンドリオが撮影した。助演は「貞操切符」のローレンス・オリヴィア、「暴風の処女」のアーヴィング・ピチェル、「裏町」のザス・ピッツ、「キートンの決闘王」のアイリーン・パーセル、「悪魔と深海」のジュリエット・コンプトン、子役ボニタ・グランヴィル等。

監督
ロバート・ミルトン
出演キャスト
アン・ハーディング ローレンス・オリヴィエ ザス・ピッツ アーヴィング・ピチェル

拳骨大売出し

  • 1932年
  • 出演(Florrie 役)

「進めオリンピック」のジャック・オーキーが主演する映画で、トムソン・バーティスの原作をP・J・ウルフソンとアレン・リヴキンが共同で脚色し、ケン・エイナード西部劇の監督者だったハリー・ジョ・ブラウンが監督に当たり、「偽りのマドンナ」のヘンリー・シャープが撮影したもの。「拳闘のキャグネー」のマリアン・ニクソン、「摩天楼の悲劇」のトーマス・ミーアン、「偽りのマドンナ」のウィリアム・ボイド、「河上の別荘」のウォーレン・ハイマー及びウィリアム・コリアー・シニア、「七万人の目撃者」のルー・コディー・ロバート・エリオット、ザス・ピッツ等が助演するほか、有名なスポーツ記者、引退した名ボクシング家連中が大勢出演している。

監督
ハリー・ジョー・ブラウン
出演キャスト
ジャック・オーキー マリアン・ニクソン トーマス・ミーアン ウィリアム・ボイド

消えゆく国境

  • 1932年
  • 出演(Aunt_Sylvia 役)

「緑の処女地」「秘密の6」のジョン・マック・ブラウンが主演する映画で、「氷原の彼方」「夜の大統領」のエヴァリン・ナップ、「ハリウッドは大騒ぎ」のザス・ピッツ、「海底二千尺」のウォーレス・マクドナルド、「地獄のサーカス」「異国の母」のレイモンド・ハットン、ベン・アレクサンダー、J・ファーレル・マクドナルド等が助演している。監督は古くから活劇物を手がけているフィリップ・E・ローゼンで、脚本も西部劇専門のスチュアート・アンソニーがものし、撮影はジェームズ・S・ブラウンが受持っている。

監督
フィリップ・E・ローゼン
出演キャスト
ジョン・マック・ブラウン エヴァリン・ナップ ザス・ピッツ レイモンド・ハットン

裏町(1932)

  • 1932年
  • 出演(Mrs._Dol 役)

「母性」のジョン・M・スタールが監督する作品。原作はファニー・ハースト筆になる小説で、それを「母性」「猫は言い寄る」のグラディス・レーマンが脚色し、リン・スターリングが台詞執筆、「魔人ドラキュラ」「小間使(1931)」のカール・フロイントが撮影した。主なる出演者はRKO映画「シマロン(1931)」で売り出したアイリーン・ダンを始め「母性」のジョン・ポールス、「突端脚化粧」のジョーン・ックライド、ジョージ・ミーカー・ウォルター・カトレット、ポール・ウェイゲル、ザス・ピッツ、ウィリアム・ベイクウェル等である。

監督
ジョン・M・スタール
出演キャスト
アイリーン・ダン ジョン・ボールズ ジョージ・ミーカー ジューン・クライド
1931年

母性

  • 1931年
  • 出演(Jenny 役)

チャールズ・ノーリス作の小説「種」に基づいて「猫は這い寄る」「飛び入り婿君」のグラディス・レーマンが脚色、台詞を書き、「囁きの小道」「恋人」のジョン・M・スタールが監督し、「嵐に咲く花」「高速度尖端娘」のジャクソン・J・ローズが撮影したものである。主なる出演者は「復活(1931)」「キング・オブ・ジャズ」のジョン・ボールズ、舞台から招へいされたジュヌヴィエーヴ・トバン、「世話女房」「或る男の一生」のロイス・ウィルソンで、助演者は「モンテカルロ」「ハニー」のザス・ピッツ「猫は這い寄る」「マダムX」のレイモンド・ハケット、舞台から来たベティ・デイヴィス「屠殺者(1930)」「令嬢暴力団」のリチャード・タッカー及び子役ディッキー・ムーアの面々。

監督
ジョン・M・スタール
出演キャスト
ジョン・ボールズ ジュヌヴィエーヴ・トバン ロイス・ウィルソン レイモンド・ハケット

滅びゆく凱歌

  • 1931年
  • 出演(Fritzie 役)

ホレース・ジャクスン及びジェームズ・グリースン両氏がストーリーを組み立て脚色したものによって「船出の朝」「夜襲」のジョン・S・ロバートソンが監督し、「海の荒鷲(1933)」「赤ちゃん母さん」のノーバート・ブロディンが撮影した映画で、主なる出演者は「脱走兵物語」「非常警戒」のビル・ボイド、「モンテカルロ」のザス・ピッツ、「ハア・マン」のジェームズ・グリースン、ラッセル・グリースン、新進マリオン・シリング、「毒瓦斬」のリシー・アルナ、ルー・コディー、フレッド・スコット、メアリー・カー、ウェード・ボトラー、セオドア・フォン・エルツなどである。

監督
ジョン・S・ロバートソン
出演キャスト
ビル・ボイド ザス・ピッツ ルー・コディ マリオン・シリング

新版結婚読本

  • 1931年
  • 出演(Ada 役)

シドニー・ハワード作の戯曲をエドウィン・H・ノッフが改作し台詞をつけ、「サブマリン」のウィニフレッド・ダンが脚色したものに基づいて「女は嘘つき」「チウインガム行進曲」のホバート・ヘンリーが監督した作品である。舞台から来たジュネヴィエーヴ・トバンと「接吻」「ホリウッド・レビュー」のコンラッド・ネーゲルが主演し、モンロー・オーズリー、ベルサ・マン、イルカ・チェイス、ジョージ・アーヴィング、ザス・ピッツ嬢、スリム・サマーヴィル、リチャード・タッカー等が助演。「ブロードウェイ(1929)」「キング・オブ・ジャズ」のハル・モーアが撮影を担任している。

監督
ホバート・ヘンリー
出演キャスト
ジュヌヴィエーヴ・トバン コンラッド・ネーゲル モンロー・オーズリー ベルサ・マン

姉妹小町

  • 1931年
  • 出演(Minnie 役)

紐育ブロードウェイの舞台女優として知られているシドニー・フォックス及びベティ・デイヴィスと「ホリウッド・レビュー」「接吻」のコンラッド・ネーゲルが主演する映画で原作はブース・ターキントンの小説。それをエドウィン・H・ノッフ、レイモンド・シュロック、トム・リードの三氏が共同でっ脚色し、ノッフが台詞を付し、「河宿の夜」「チウインガム行進曲」のホバート・ヘンリーが監督し「最後の人」「新聞街の殺人」のカール・フロイントが撮影にあたったもの。助演者は「哄笑の世界」のハンフリー・ボガート、「モンテカルロ」のザス・ピッツ、チャールズ・ウィニンジャー、エマ・ダン、スリム・サマーヴィル、デイヴィッド・デュランド、バート・ローチ等。

監督
ホバート・ヘンリー
出演キャスト
コンラッド・ネーゲル シドニー・フォックス ベティ・デイヴィス ザス・ピッツ

少年時代(1931)

  • 1931年
  • 出演(Mrs._Bassett 役)

「少年世界」と同じくレオン・ジャニー主演、ウィリアム・ボーディン監督になる映画である。原作はブース・ターキントンの小説で、それを「戦争」「摩天楼の巨人」のウォルデマー・ヤングが脚色した。助演者は「盗んだ結婚」「氷原の彼方」のジュニアー・コーラン、「導火線」のマット・ムーア、「王様ごっこ」のザス・ピッツ、マーガレット・マーキスその他でカメラは「法の外(1930)」「近代恋愛帖」のローイ・オヴァーボーが担任。

監督
ウィリアム・ボーディン
出演キャスト
レオン・ジャニー マット・ムーア ドロシー・ピーターソン Junior Goghlan

近衛兵

  • 1931年
  • 出演(Liesl 役)

ニューヨークシアター・ギルドを背負って立つアルフレッド・ラント及びリン・フォンテンがその当たり狂言たるフェレンク・モルナール作の「近衛兵」のトーキー化に主演するもの。脚色には「永遠に微笑む」「私の殺した男」のエルネスト・ヴァイダが当たり、「夫婦戦線」「永遠に微笑む」のクローディン・ウェストが撮影台本を作製し、上2映画と同じくシドニー・A・フランクリンが監督し、「街の野獣(1932)」「キートンの決闘狂」のノーバート・ブロディンが撮影に当たった。助演者は「君とひととき」「その夜」のローランド・ヤング、「裏町」「突貫赤ん坊」のザス・ピッツ、モード・エバーン、ハーマン・ビングの面々である。

監督
シドニー・A・フランクリン
出演キャスト
アルフレッド・ラント リン・フォンテン ローランド・ヤング ザス・ピッツ
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/10/28更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画監督・俳優を探す > ザス・ピッツ

ムービーウォーカー 上へ戻る