映画-Movie Walker > 人物を探す > ザス・ピッツ

年代別 映画作品( 1919年 ~ 1963年 まで合計78映画作品)

1963年

スリルのすべて

  • 1963年10月26日公開
  • 出演(Ooiva 役)

マスコミの怪物TVを明るく風刺したロマンチック・コメディ。「タミーとドクター」のロス・ハンターとマーティン・メルチャーの製作、「40ポンドのトラブル」のテレビ出身ノーマン・ジュイソンが演出した。カール・ライナーが脚本、ラッセル・メティが撮影を、ジョセフ・ガーシェンソンが音楽を、夫々担当している。出演者は「先生のお気に入り」「ミンクの手ざわり」のドリス・デイ、「噂の二人」「大脱走」のジェームズ・ガーナー、ほかにザス・ピッツ、ルーシー・ランドウ、エリオット・リード、エドワード・アンドリュース、ブライアン・ナッシュなど、TV界の人気タレントの大挙出演。

監督
ノーマン・ジュイソン
出演キャスト
ドリス・デイ ジェームズ・ガーナー アーリン・フランシス エリオット・リード
1951年

腰抜けと原爆娘

  • 1951年4月24日公開
  • 出演(CorneliaPigeon 役)

フレッド・コールマー「幸福の森」が製作、シドニー・ランフィールド「腰抜け顔役」が監督した1943年作品。ドロシーとハーバートのフィールズ兄弟と、コール・ポーター「夜も昼も」の共作楽劇よりハリー・テュゲンド「ブルースの誕生」が脚色、ライオネル・リンドン「夜霧の誘惑」が撮影、ロバート・エメット・ドーラン「南米珍道中」が作曲に当たる。主演は「姫君と海賊」のボブ・ホープと「ハリウッド宝船」のベティ・ハットンで、ドナ・ドレイク「モロッコへの道」、イヴ・アーデン、マージョリー・ウィーヴァーらが助演する。

監督
シドニー・ランフィールド
出演キャスト
ボブ・ホープ ベティ・ハットン ドナ・ドレイク Cully Richards
1936年

航空十三時間

  • 1936年公開
  • 出演(Miss_Harkins 役)

「春を手さぐる」「花嫁の感情」のフレッド・マクマレイと「ミシシッピ」「今宵は二人で」のジョーン・ベネットが主役を勤める映画で、「鷲と鷹(1933)」のボガード・ロジャースがフランク・ミッチェル・デイジーと共作した物語をケニオン・ニコルソンが潤色し、「春を手さぐる」「我が妻を見よ」のミチェル・ライゼンが監督に当たり、「最後の駐屯兵」生命の雑踏」のテオドル・スパリクールが撮影した。助演者は「人生は四十二から」のザス・ビッツ、「さらば海軍兵学校」のジョン・ハワード、「Gウーマン」のアラン・バクスター、「バーバリー・コースト」のブライアン・ドンレヴィ、「上海」のフレッド・キーティング、新人エイドリアン・マーデン、「春を手さぐる」のルース・ドネリー、子役ベニー・バートレット、「海は桃色」のグレイス・ブラッドリー、「女罠」のディーン・ジャガー等の面々である。

監督
ミッチェル・ライゼン
出演キャスト
フレッド・マクマレイ ジョーン・ベネット ザス・ピッツ ジョン・ハワード
1935年

人生は42から

  • 1935年公開
  • 出演(Mrs._Judson 役)

米国で愛読されたハリー・レオン・ウィルソン作の小説を映画化したもので、「カレッジ・リズム」のウォルター・デレオンと「接吻とお化粧」のハーラン・トンプソンが共同脚色し、「罪じゃないわよ」「我輩はカモである」のレオ・マッケリーが監督に当たり、「銀鼠流線型」のアルフレッド・ギルックスが撮影した。なお小説改作には「舞台に立つ妻」のハンフリー・ピアソンが任じた。主役は「噫無情」「白い蘭」のチャールズ・ロートンが勤め、「ママはパパが好き」「風の接吻」のメアリー・ボーランド及びチャールズ・ラグルズ、「キャベツ畑のおばさん」のザス・ピッツ、「わが胸は高鳴る」のローランド・ヤング、「獣人島」のリーラ・ハイアムス、モード・エバーン、ルシアン・リトルフィールド等が助演している。なおこれには日本語ダビング版も用意されている。

監督
レオ・マッケリー
出演キャスト
チャールズ・ロートン メアリー・ボーランド チャールズ・ラグルズ ザス・ピッツ
1934年

キャベツ畑のおばさん

  • 1934年公開
  • 出演(Miss_Hazy 役)

「恋と胃袋」「恋の手ほどき(1933)」のノーマン・タウログが監督に当たった映画で、アリス・ヒーガン・ライスとアン・クローフォード・フレックスナー競作の舞台劇を「ボクは芸人」「ベンガルの槍騎兵」のウィリアム・スレイヴンス・マクナットと「風の接吻」「坊やが盗まれた」のジェーン・ストームと共同脚色した。主役は映画初出演の舞台女優ポーリン・ロードが勤め、「かぼちゃ太夫」のW・C・フィールズ、「泥酔夢」のザス・ピッツ、「明日なき抱擁」のイヴリン・ヴェネブル及びケント・テイラー、「ますらを」のジミー・バトラー及びジョージ・ブレイクストン、「絢爛たる殺人」のチャールズ・ミドルトン、ドナルド・ミーク、子役ヴァージニア・ワイドラー等が助演している。撮影は「ベンガルの槍騎兵」「恋と胃袋」のチャールズ・ラングの担任。

監督
ノーマン・タウログ
出演キャスト
ポーリン・ロード W・C・フィールズ ザス・ピッツ イヴリン・ヴェネブル

嫌疑者

  • 1934年公開
  • 出演(Miss_Coates 役)

「女難アパート」「麦畑を奪うもの」と同じくラルフ・マーフィーが監督したチャールズ・R・ロジャースの作品で、ヴィエラ・キャスパリイ戸ブルース・マニングが共作し、「紐育の仇討ち」「七万人の目撃者」のギャレット・フォートが脚色に当たった。出演者は「駄法螺男爵」「やりくり客船」のザス・ピッツ、「七万人の目撃者」「宿命の窓」のフィリップス・ホームス、「ビール万歳」「月の宮殿」のメアリーブライアンを始め、「唄へ!踊れ!(1933)」のネッド・スパークス、「めりけん音頭」の故ルー・コディ、ジューン・ブルースター、チャールズ・セロン、オリーヴ・チル等で、撮影は「めりけん音頭」「麦畑を奪うもの」のミルトン・クラスナーの担当である。

監督
チャールズ・R・ロジャース
出演キャスト
ザス・ピッツ フィリップス・ホームス メアリー・ブライアン ネッド・スパークス

スピード花嫁

  • 1934年公開
  • 出演(Mirabelle 役)

「特急20世紀」「恋と胃袋」のキャロル・ロンバードと「水兵がんばれ」「麦畑を荒らす者」のチェスター・モリスが主演する映画で、チャールズ・フランシス・コー作の短編をベラ・スペワックとサミュエル・スペワックが共同脚色し、「奇傑パンチョ」「旅客機の怪盗」のジャック・コンウェイが監督に当たり「宝島(1934)」「台風」のレイ・ジューンが撮影した。助演は「キャベツ畑のおばさん」のザス・ピッツ、「男の世界」のレオ・カリーロ、「死の本塁打」のナット・ペンドルトン、「三角の月」のサム・ハーディ、ウォルター・ウォーカー等である。

監督
ジャック・コンウェイ
出演キャスト
キャロル・ロンバード チェスター・モリス ザス・ピッツ レオ・カリーロ

泥酔夢

  • 1934年公開
  • 出演(Mathilda 役)

「フットライト・パレード」「ゴールド・ディガース」と同じくジョーン・ブロンデル、ディック・バウエル、ルビー・キーラー及びガイ・キッピーが共演するミュージカル映画で、「駄法蝶男爵」のザス・ビッツ、「フットライト・パレード」のヒュー・ハーバートが共演する。「餓ゆるアメリカ」のロバート・ロードが「ロシア探訪飛脚」のデルマー・デイヴズと共同して書き卸した物語をデーヴィスが脚色し、「ブラウンのサーカス」のレイ・エンライトが監督に当たり、「笑う巨人」のシド・ヒコックス、「フットライト・パレード」のソル・ポリートが撮影した。レビュー場面は例によってバスビー・バークレーが創案演出した。

監督
レイ・エンライト
出演キャスト
ジョーン・ブロンデル ディック・パウエル ルビー・キーラー ザス・ピッツ
1933年

からくり珍裁判

  • 1933年公開
  • 出演(Connie 役)

「ナイヤガラ珍婚旅行」「結婚はしたけれど」「突貫赤ん坊」と同じくスリム・サマーヴァル、ザス・ピッツ共演喜劇で、原作はハワード・リンゼイとバートランド・ロビンソンが合作した舞台喜劇。監督はかつて短編喜劇監督であったエドワード・バゼルで、脚色にはバッゼルが「アフリカは笑ふ」のノーマン・クラスナと共同してあたった。カメラは「蹴球大学」「全米軍」のジョージ・ロビンソンで、助演者は、「ママはパパが好き」「お化け大統領」のジョージ・バービア、「令女学」のルシル・グリーソン、「豪華船」のヴェリー・ティーズデール、「女は真平(1924)」のドナルド・ミーク、パーネル・プラット、エイドリアン・ドレ等である。

監督
エドワード・バゼル
出演キャスト
スリム・サマーヴィル ザス・ピッツ ジョージ・バービア ルシル・グリーソン

結婚はしたけれど

  • 1933年公開
  • 出演(Molly 役)

「鉄血士官校」「大空の闘士」のスリム・サマーヴィルと「裏町」「結婚行進曲」のザス・ピッツが主演する喜劇で、シリル・ハーコート作の舞台喜劇を映画化したもの。脚色は「裏町」「母性」のグラディス・レーマン女史がH・M・ウォーカーと共同して当たり、新進のエドワード・ルドウィグが監督し、「ペインテッド・デザート」「ハア・マン」のエドワード・スナイダーが撮影した。助演者は「その夜」「ニュウ・ムーン」のローランド・ヤング、「摩天楼の狼」のヴェリー・ティーズデール、「親爺は若い」「パリよいとこ」のフィフィ・ドルセイ、「極楽特急」「類猿人ターザン(1932)」のC・オーブリー・スミス、「大空の闘士」「ルンペン紳士」のデイヴィッド・ランドー、「今宵ひととき」のロバート・グリーグ、「楽園の大河」のエリザベス・パターソン、「夫を殺すまで」のコーラ・スー・コリンズ、ヘンリー・アーメッタ等である。

監督
エドワード・ルドウィグ
出演キャスト
スリム・サマーヴィル ザス・ピッツ ローランド・ヤング ヴェリー・ティーズデール
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ザス・ピッツ