映画-Movie Walker > 人物を探す > ジョン・グレイソン

年代別 映画作品( 1932年 ~ 1997年 まで合計3映画作品)

1997年

百合の伝説 シモンとヴァリエ

  • 1997年8月16日(土)公開
  • 監督

ミシェル・マーク・ブシャルドによる世界的ベストセラー『リリーズ』を原作に、女性役も含めすべて男性の俳優により映画化された一編。監督は「ゼロ・ペイシェンス」のジョン・グレイソン。製作はアンナ・ストラットンほか。脚本はブシャルド本人で、英語版脚本はリンダ・ガボリオー。撮影はダニエル・ジョビン。音楽は「カーマ・スートラ」のマイケル・ダンナ。美術はマリー=キャロル・ド・ボーモン。編集はアンドレ・コリヴォ。衣裳はリンダ・ミューア。出演は、ジェイソン・カデュー、ダニー・ギルモア、マシュー・ファーガソン、ブレント・カーヴァーほか。96年ロカルノ映画祭ヤング・シネマ・コンペティション最優秀作品賞、96年ジニー賞4部門などを受賞。

監督
ジョン・グレイソン
出演キャスト
ジェイソン・カデュー ダニー・ギルモア マシュー・ファーガソン ブレント・カーヴァー
1995年

ゼロ・ペイシェンス

  • 1995年2月25日(土)公開
  • 監督、脚本

世界初のエイズに関するミュージカル映画。87年に、北米に初めてエイズを持ち込んだ男として新聞を賑わせた実在のカナダ人をモデルにして、彼が死者の国から、現代に自らの汚名を晴らしにくるという設定で、エイズを取り巻くメディアへの批判が描かれている。監督のジョン・グレイソンはこれまでヴィデオ・アーティストとして活躍しており、数々の受賞歴を誇っているが、長編映画として88年に『Urinal』を監督し、91年のベルリン映画祭出ゲイ・テディベア最優秀長編映画賞を受賞している。製作はルイス・ガーフィールド、アンナ・ストラットン。脚本もグレイソン。撮影はミロスロフ・バスザック、「世界中のポピュラー・ミュージックを引用する」ことが意図された音楽を『Urinal』も手掛けたグレン・シェレンベルグがグレイソン監督とのコンビで手掛けている。93年に死去したエイズ活動家であるシンガー、ミシェル・ケイリンを始め、シャワー・ボーイズ、ACT-UPなどがナンバーをこなしている。編集はミウメ・ジャン。美術はサンドラ・キバルタス、衣装をジョイス・シューレ。出演はブロードウェイでアル・パチーノと共演した経験も持つジョン・ロビンソン、バレエ団での公演やパフォーミングを行い、テレビ・シリーズにも数多く出演しているノルマン・フォトウなど。

監督
ジョン・グレイソン
出演キャスト
ジョン・ロビンソン ノルマン・フォトウ Dianne Heatherington Richardo Keens Dougras
1932年

獣面

  • 1932年公開
  • 出演(Butler 役)

バッド・ポラードが監督した作品で、脚本はベジル・スミスの原作からポラードがスミスと協力して作成した。主演者はレスリー・キングで、ニリダ・マンテス、リード・ブラウン、アイリーン・マイヤース、等が助演している。撮影はダル・クラウスンの担任。

監督
バッド・ポラード
出演キャスト
レスリー・キング ニリダ・マンテス リード・ブラウン アイリーン・マイヤース
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ジョン・グレイソン