映画-Movie Walker > 人物を探す > H・M・ワイナント

年代別 映画作品( 1957年 ~ 1970年 まで合計8映画作品)

1970年

かわいい女(1969)

  • 1970年12月8日(火)公開
  • 出演(Steelgrave 役)

アメリカの代表的ハードボイルド作家レイモンド・チャンドラーのベストセラー小説の映画化。製作はガブリエル・カッカとシドニー・ベッカーマン、監督はポール・ボガート。脚色は「まごころを君に」のスターリング・シリファント、撮影は「脱走特急」のウィリアム・ダニエルス、音楽はピーター・マッツがそれぞれ担当。出演は「夕陽に立つ保安官」のジェームズ・ガーナー「野良犬の罠」のゲイル・ハニカット、「殺しの分け前 ポイント・ブランク」のキャロル・オコナー、「ウエスト・サイド物語」のリタ・モレノ、「ボディガード(1968)」のシャロン・ファレル。他にH・M・ワイナント、ポール・スティーヴンスなど。メトロカラー、メトロスコープ。1969年作品。

監督
ポール・ボガート
出演キャスト
ジェームズ・ガーナー ゲイル・ハニカット キャロル・オコナー リタ・モレノ
1969年

グランド・レース

  • 1969年4月15日(火)公開
  • 出演(Maxwell_Carstairs 役)

モーリス・J・ヒルの脚本をTV出身のジョセフ・ケインが監督した。撮影はアラン・ステンスボルド、音楽はジョン・ケーパー・ジュニアが担当。出演は、「うっかり博士の大発明 フラバァ」のトミー・カーク、「秘めたる情事」のレイ・ストリックリン、「ハレム万才」のブレンダ・ベネット、ほかにH・M・ワイナント、フェイス・ドマーグなど。製作はE・スタンリー・ウィリアムソン。

監督
ジョセフ・ケイン
出演キャスト
トミー・カーク レイ・ストリックリン H・M・ワイナント ブレンダ・ベネット
1966年

いのちの紐

  • 1966年10月8日(土)公開
  • 出演(Doctor 役)

ライフ誌に掲載されたシャナ・アレクサンダーの「死の決意」という実話から、TV「ルート66」のスターリング・シリファントが脚色、同じくTV出身のシドニー・ポラックが処女作品として監督した。撮影は「シェーン」のアカデミー賞カメラマン、ロイヤル・グリグス、音楽はクインシー・ジョーンズが担当した。出演は「奇跡の人(1962)」のアン・バンクロフトと、「野のユリ」のシドニー・ポワチエのアカデミー賞コンビに「偉大な生涯の物語」のテリー・サヴァラス、TV出身のスティーヴン・ヒルなど。製作は原作者の夫で新聞記者から芸能界に入り、これが第1回作品のスティーブン・アレクサンダー。

監督
シドニー・ポラック
出演キャスト
シドニー・ポワチエ アン・バンクロフト テリー・サヴァラス スティーヴン・ヒル
1963年

ヤング・ヤング・パレード

  • 1963年12月3日(火)公開
  • 出演(Vince_Bradley 役)

ワールド・フェアの世界博覧会を舞台にサイ・ローズとシーマン・ジャコブスの共同シナリオを「ガール!ガール!ガール!」など一連のノーマン・タウログの演出したプレスリーの青春もの。「恋の手ほどき(1958)」のジョセフ・ルッテンバーグが撮影、「インターン」のリース・スティーヴンスが音楽を担当している。出演者はプレスリーの他に「底抜け棚ボタ成金」のジョーン・オブライエン、「フォロー・ザ・ザン(TV)」のゲイリー・ロックウッド「フラワー・ドラム・ソング」のカム・トンなど。

監督
ノーマン・タウログ
出演キャスト
エルヴィス・プレスリー ジョーン・オブライエン ゲイリー・ロックウッド Vicky Tiu
1959年

最後の一人まで(1958)

  • 1959年4月25日(土)公開
  • 出演(Yellow_Bull 役)

史実として名高いカスター将軍に指揮された第七騎兵隊の全滅を背景に、インディアンの若者と、彼の愛する1頭の馬の運命を描いた西部劇。デイヴィッド・アッペルの小説「コマンチ」にもとづいて、「快傑ゾロ(1958)」のルイス・R・フォスターとリリー・ヘイワードの共同。撮影は「十戒(1957)」のロイヤル・グリグス。音楽オリヴァー・ウォーレス。ジョージ・ブルンスとギル・ジョージが主題歌「トンカ・ウェイカン」の作詞・作曲をしている。出演するのは「ジャイアンツ」のサル・ミネオ、フィリップ・ケイリー、ラファエル・カンポス、ジェローム・コートランド、ブリット・ロモンド、H・M・ワイナント、ジョン・ペイジ、ジョン・ウォイーグル、ハーバート・ランドリー、シドニー・スミス等。製作ジェームズ・プラット、総指揮ウォルト・ディズニー。テクニカラー・スタンダードサイズ。1958年作品。

監督
ルイス・R・フォスター
出演キャスト
サル・ミネオ フィリップ・ケイリー ジェローム・コートランド ラファエル・カンポス
1958年

深く静かに潜航せよ

  • 1958年5月30日(金)公開
  • 出演(Hendrix 役)

「成功の甘き香り」につぐヘクト=ヒル=ランカスター・プロ作品。米海軍中佐エドワード・L・ビーチの体験にもとづく原作を、TVで活躍しているジョン・ゲイが脚色、「重役室」「悪人への貢物」のロバート・ワイズが監督した対日本軍海戦映画。「炎の人ゴッホ」のラッセル・ハーランが撮影し、音楽は「青春物語」のフランツ・ワックスマン。「成功の甘き香り」のバート・ランカスター、「南部の反逆者」クラーク・ゲーブルの男性2スターが顔を合わせて競演。唯一の女性役として新人メリイ・ローシュが顔を見せる他、ジャック・ウォーデン、ブラッド・デクスター、ドン・リックルス等の男優陣が連なっている。製作ハロルド・ヘクト。

監督
ロバート・ワイズ
出演キャスト
クラーク・ゲーブル バート・ランカスター ジャック・ウォーデン ブラッド・デクスター

決戦オレゴン街道

  • 1958年3月7日(金)公開
  • 出演(Black_Eagle 役)

ゴードン・D・シャレフスの原作を「波止場の鼠」の共同脚色者の1人、ジャック・デヴィッドが脚色、「荒野の無頼漢」のポール・ランドレスが監督、「縮みゆく人間」のエリス・W・カーターが撮影した西部劇。音楽は「ドラゴン砦の決戦」のポール・ダンラップ。主演は「日本人の勲章」のジョン・エリクソン、「赤い河の逆襲」のローラ・オルブライト、新進女優トニー・ゲリー。

監督
ポール・ランドレス
出演キャスト
ジョン・エリクソン ローラ・アルブライト トニー・ゲリー エドワード・プラット
1957年

赤い矢

  • 1957年9月23日(月)公開
  • 出演(Crazy_Wolf 役)

アクション映画を得意とするサミュエル・フラー(「東京暗黒街・竹の家」監督)が創設した独立プロ、グローブ・エンタープライジズ・プロの第1作としてフラー自ら製作・監督・原作・脚色を担当した異色西部劇。撮影監督は「攻撃」のジョセフ・バイロック、「八十日間世界一周」の故ヴィクター・ヤングの曲をオードレイ・グランヴィルが編曲した。主演は「地獄の翼」のロッド・スタイガー、「ヴェラクルス」のサリタ・モンティール、「ミスタア・ロバーツ」のブライアン・キース、「裸の拍車」のラルフ・ミーカー。

監督
サミュエル・フラー
出演キャスト
ロッド・スタイガー サリタ・モンティール ブライアン・キース ラルフ・ミーカー
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > H・M・ワイナント