映画-Movie Walker > 人物を探す > ジェフリー・タンバー

年代別 映画作品( 1980年 ~ 2018年 まで合計13映画作品)

2018年

スターリンの葬送狂騒曲

  • 2018年8月3日(金)公開
  • 出演(マレンコフ 役)

1953年に急死したソビエト連邦の最高権力者にして独裁者のスターリン。その国葬の準備の傍ら、最高権力者の座を巡る男たちの駆け引きの行方を描く、実話を基にしたブラック・コメディ。中央委員会第一書記のフルシチョフを演じたスティーヴ・ブシェミら、個性派俳優たちの熱演がユニークな物語を盛り上げる。

監督
アーマンド・イアヌッチ
出演キャスト
スティーヴ・ブシェミ サイモン・ラッセル・ビール ジェフリー・タンバー マイケル・ペイリン
2009年

モンスターVSエイリアン

  • 2009年7月11日(土)公開
  • 出演(声)(カール・マーフィー 役)

突然、体が巨大化したあげく、地球のピンチに立ち向かうはめになった世界一不幸なヒロインの活躍を描くコメディ。彼女と一緒にエイリアンと戦う個性的なモンスター軍団の活躍に注目!

監督
ロブ・レターマン コンラッド・ヴァーノン
出演キャスト
リース・ウィザースプーン セス・ローゲン ヒュー・ローリー ウィル・アーネット

ヘルボーイ ゴールデン・アーミー

  • 2009年1月9日(金)公開
  • 出演(トム・マニング 役)

全米初登場1位のヒットを記録した、アメコミ原作の人気ヒーロー・アクションの続編。魔物でありながら人類の味方であるヘルボーイが、地上界征服を企む魔界の王子と激突!

監督
ギレルモ・デル・トロ
出演キャスト
ロン・パールマン セルマ・ブレア ダグ・ジョーンズ ジョン・アレクサンダー
2006年

スポンジ・ボブ スクエアパンツ

  • 2006年4月22日(土)公開
  • 出演(声)(ネプチューン王(声) 役)

全米で大人気のテレビアニメの劇場版が登場。海底に住む海綿のスポンジ・ボブが、盗まれた王冠を奪還するため、シニカル&ナンセンスなギャグ満載の冒険を展開する!

監督
ステファン・ヒーレンバーグ
出演キャスト
トム・ケニー ビル・ファッガーパケ クランシー・ブラウン ロジャー・バンパス
2004年

ヘルボーイ(2004)

  • 2004年10月1日(金)公開
  • 出演(Tom Manning 役)

地獄から生まれた正義のヒーローの活躍を描く、アメコミ原作のアクション。ユニークなキャラクターや最新VFXによる魔人同士のバトルに目が離せない快作!

監督
ギレルモ・デル・トロ
出演キャスト
ロン・パールマン ジョン・ハート セルマ・ブレア ルパート・エヴァンス
2000年

17歳のカルテ

  • 2000年9月2日(土)公開
  • 出演(Dr.Potts 役)

 精神病院を舞台に、自己の内面を探るナイーブな少女の苦悩を描いた青春ドラマ。自分探しの過程はもちろん、患者たちとの友情や、医師、看護婦との交流が味わい深い。

監督
ジェームズ・マンゴールド
出演キャスト
ウィノナ・ライダー アンジェリーナ・ジョリー クレア・デュヴァル ブリタニー・マーフィ
1999年

メリーに首ったけ

  • 1999年1月30日(土)公開
  • 出演(Sully 役)

とびきりキュートな美女に片想いを続ける純情男と彼女につきまとう男たちの狂騒劇を、ナンセンスでお下品なギャグ満載で描いたコメディ。監督・製作総指揮は「ジム・キャリーはMr.ダマー」「キングピン ストライクヘの道」のピーターとボビーのファレリー兄弟。脚本はエド・デクター、ジョン・J・ストラウスの原案を基に二人とファレリー兄弟が共同で執筆。製作はフランク・ベター、マイケル・スタインバーグ、チャールズ・B・ウェスラー、ブラッドリー・トーマス。撮影のマーク・アーウィン、ヴイジュアル・コンサルタントのシドニー・J・バーソロミュー、編集のクリストファー・グリーンバリー、衣裳のメアリー・ゾフレス(「ビッグ・リボウスキ」)は兄弟の前2作に続く参加。音楽は「キングピン」に続いて起用された異色ロッカーのジョナサン・リッチマンで、狂言回し的に本編にも登場。音楽監修はハッピー・ウォルターズ、トム・ウルフ。出演は「普通じゃない」のキャメロン・ディアス、「ケーブルガイ」(監督として)「アメリカの災難」のベン・スティラー、「イン&アウト」のマット・ディロン、「キングピン」のクリス・エリオットとリン・シェイ、「マウス・ハント」のリー・エヴァンズ、「ディープ・インパクト」のW・アール・ブラウン、「野獣教師」のキース・デイヴィッドほか。

監督
ピーター・ファレリー ボビー・ファレリー
出演キャスト
キャメロン・ディアス マット・ディロン ベン・スティラー リー・エヴァンス
1998年

ジョー・ブラックをよろしく

  • 1998年12月19日(土)公開
  • 出演(Quince 役)

死神と人間の女性が紡ぎ出すファンタスティックなラヴストーリー。監督・製作は「セント・オブ・ウーマン夢の香り」のマーティン・ブレスト。脚本は「フリントストーン」のロン・オズボーンとジェフ・レノ、「ジュニア」のケビン・ウェイド、「訣別の街」のボー・ゴールドマン。撮影は「大いなる遺産」のエマニュエル・ルベズキ。音楽は「モンタナの風に抱かれて」のトーマス・ニューマン。美術は「カジノ」のダンテ・フェレッティ。編集はジョー・ハッシングとマイケル・トロニック。衣裳は「フェイク」のオード=ブロンソン・ハワードとデイヴィッド・ロビンソン。出演は「セブン・イヤーズ・イン・チベット」のブラッド・ピット、「バスキア」のクレア・フォラーニ、「マスク・オブ・ゾロ」のアンソニー・ホプキンス他。

監督
マーティン・ブレスト
出演キャスト
ブラッド・ピット アンソニー・ホプキンス クレア・フォラーニ マーシャ・ゲイ・ハーデン

ドクター・ドリトル

  • 1998年12月19日(土)公開
  • 出演(Dr. Fish 役)

動物の言葉が分かる医者とユニークな動物たちが繰り広げるコメディ。原作はヒュー・ロフティングの名作小説で、「ドリトル先生不思議な旅」(67、リチャード・フライシャー監督)など映画化もあったが、本作では90年代風にアレンジ。監督は「プライベート・パーツ」のベティ・トーマス。脚本は「天使の贈りもの」のナット・モールディンとラリー・レビン。製作は「デイライト」のジョン・デイヴィスとデイヴィッド・T・フレンドリー、「マーキュリー・ライジング」のジョセフ・M・シンガー。製作総指揮は「暴走機関車」のスー・バーデン・パウエルと、テレビ映画でキャリアを持つジェンノ・トッピング。撮影は「ティン・カップ」のラッセル・ボイド。音楽は「ザ・チェイス」のリチャード・ギブス。美術は「ナッティ・プロフェッサー クランプ教授の場合」のウィリアム・エリオット。衣裳は「青いドレスの女」のシャレン・デイヴィス。SFX監修は「マスク」のジョン・ファーハット。アニマトロニック・クリーチャーはジム・ヘンソンのクリーチャー・ショップが担当。出演は「ネゴシエーター」のエディ・マーフィ、「マルコムX」のオシー・デイヴィス、「あなたが寝てる間に…」のピーター・ボイルほか。

監督
ベティ・トーマス
出演キャスト
エディ・マーフィ オジー・デイヴィス オリヴァー・プラット リチャード・シフ
1993年

ワン・カップ・オブ・コーヒー

  • 1993年3月20日(土)公開
  • 出演(Peter Laporte 役)

ただ一度だけ短期間のメジャーリーグ入りを果たしたことがある中年マイナーリーグ選手と、ルーキーの黒人少年との交流を描いた人間ドラマ。第7回サンダンス・フィルム・フェスティバル観客賞受賞作。監督・製作はテレビCM出身で、これがデビュー作のロビン・B・アームストロング。共同製作はエリック・タイナン・ヤング、脚本は「ウルフェン」のデイヴィッド・M・アイアー・ジュニア、撮影は「ストレート・トゥ・ヘル」のトム・リッチモンド、音楽は「スプラッシュ」のリー・ホールドリッジが担当。主演は「ライトスタッフ」のウィリアム・ラス、「カラーズ 天使の消えた街」のグレン・プラマー、「グッドモーニング・ベトナム」のノーブル・ウィリンガム。

監督
ロビン・B・アームストロング
出演キャスト
ウィリアム・ラス グレン・プラマー ノーブル・ウィリンガム Deirdre O’connell
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ジェフリー・タンバー