映画-Movie Walker > 人物を探す > ヘレン・ハント

年代別 映画作品( 1977年 ~ 2009年 まで合計18映画作品)

2009年

いとしい人

  • 2009年3月28日(土)公開
  • 監督、製作、脚本、出演(エイプリル・エプナー 役)

アカデミー賞受賞歴もあるベテラン女優、ヘレン・ハントの監督デビュー作。人生のさまざまな問題に直面するヒロインの幸せ探しを、ユーモアと切なさたっぷりにつむぎ出す。

監督
ヘレン・ハント
出演キャスト
ヘレン・ハント コリン・ファース ベット・ミドラー マシュー・ブロデリック
2007年

ボビー

  • 2007年2月24日(土)公開
  • 出演(サマンサ 役)

アンソニー・ホプキンス、シャロン・ストーンら豪華キャストが集結した群像劇。1968年のロバート・F・ケネディ大統領候補暗殺事件が発生した、とあるホテルの出来事を追う。

監督
エミリオ・エステヴェス
出演キャスト
ハリー・ベラフォンテ ジョイ・ブライアント ニック・キャノン<声> エミリオ・エステヴェス
2005年

理想の女(ひと)

  • 2005年9月10日(土)公開
  • 出演(Mrs. Erlynne 役)

文豪、オスカー・ワイルドの名作戯曲を基にした感動ドラマ。ヘレン・ハント&スカーレット・ヨハンソンの共演で、イタリア社交界に渦巻く愛憎模様を辛らつかつ甘美に描出。

監督
マイク・バーカー
出演キャスト
スカーレット・ヨハンソン ヘレン・ハント トム・ウィルキンソン スティーブン・キャンベル=モア
2002年

スコルピオンの恋まじない

  • 2002年12月21日(土)公開
  • 出演(Betty Ann Fitzgerald 役)

喜劇の名手、ウディ・アレンが監督&主演を務めるロマンチック・コメディ。ノスタルジーあふれる1940年代のNYを舞台に、豪華女優陣を起用した大人の恋の物語だ。

監督
ウディ・アレン
出演キャスト
ウディ・アレン ヘレン・ハント シャーリーズ・セロン ダン・エイクロイド
2001年

Dr.Tと女たち

  • 2001年12月29日(土)公開
  • 出演(Bree Davis 役)

鬼才ロバート・アルトマンが人気俳優リチャード・ギアと組んだ新作が登場。職場でも家庭でも女たちに囲まれた産婦人科医の奮闘をとおして、“男と女”の関係を探求するコメディ。

監督
ロバート・アルトマン
出演キャスト
リチャード・ギア ヘレン・ハント ファラ・フォーセット ローラ・ダーン

キャスト・アウェイ

  • 2001年2月24日(土)公開
  • 出演(Kelly Frears 役)

ロバート・ゼメキス監督&トム・ハンクスという「フォレスト・ガンプ 一期一会」コンビ再び。長い年月を無人島で過ごすことになる男の苦悩をドラマティックにつづった感動作。

監督
ロバート・ゼメキス
出演キャスト
トム・ハンクス ヘレン・ハント ニック・サーシー ジェニファー・ルイス

ペイ・フォワード 可能の王国

  • 2001年2月3日(土)公開
  • 出演(Arlene McKinney 役)

「ディープ・インパクト」のミミ・レダー監督のもとに、実力派キャストが結集。孤独な少年のアイデアが殺伐とした現代社会に希望の光をもたらす、ドラマティックな感動作。

監督
ミミ・レダー
出演キャスト
ケヴィン・スペイシー ヘレン・ハント ハーレイ・ジョエル・オスメント ジェイ・モーア

ハート・オブ・ウーマン

  • 2001年1月27日(土)公開
  • 出演(ヘレン・ハント 役)

メル・ギブソン&ヘレン・ハントが共演したおしゃれなラブ・ストーリー。華やかな広告業界を舞台に、ライバル同士の男女の複雑な恋愛模様がせつなくユーモラスに描かれる。

監督
ナンシー・マイヤーズ
出演キャスト
メル・ギブソン ヘレン・ハント マリサ・トメイ ローレン・ホリー
1998年

恋愛小説家

  • 1998年4月11日(土)公開
  • 出演(Carol Connelly 役)

潔癖家で毒舌の変人小説家が、なじみのウェイトレスや隣人との交流を通して人並みの愛を知るまでを描いたラヴ・ロマンス。主演のジャック・ニコルソン(「ブラッド&ワイン」など)、ヘレン・ハント(「ツイスター」)がそれぞれ97年度(第70回)アカデミー賞で最優秀主演男優賞・同女優賞を受賞したことでも話題に。監督は「愛と追憶の日々」でニコルソンと組んだ「ブロードキャスト・ニュース」のジェームズ・L・ブルックス。脚本は「レイト・フォー・ディナー」のマーク・アンドラスの原案を基に、アンドラスとブルックスが執筆。製作はブルックスと、「ザ・エージェント」のブリジット・ジョンソン、「ブロード~」「スリーパーズ」のクリスティン・ズィー。製作総指揮は「ザ・エージェント」のリチャード・サカイとローレンス・マーク、「靴をなくした天使」のローラ・ズィスキン。撮影は「ボディ・バンク」のジョン・ベイリー。音楽は「草の上の月」のハンス・ズィマー。美術のビル・プルゼスキ(「マチルダ」)、編集のリチャード・マークス(「愛と追憶の日々」)、衣裳のモリー・マギニス(「ジキル&ハイド」)は「ブロードキャスト・ニュース」でもブルックスと組んだスタッフ。共演は「ザ・エージェント」のキューバ・グッディング・Jr.、「TOUCH タッチ」のスキート・ウールリッチ、「渇いた太陽」のシャーリー・ナイトほか。特別出演で監督のハロルド・ライミス、ローレンス・カスダンが顔を見せる。

監督
ジェームズ・L・ブルックス
出演キャスト
ジャック・ニコルソン ヘレン・ハント グレッグ・キニア キューバ・グッディング・ジュニア
1996年

ツイスター

  • 1996年7月6日(土)公開
  • 出演(Jo 役)

巨大なトルネード(竜巻)の脅威と、それに立ち向かう人々の姿を描いたパニック・スペクタクル超大作。「ジュラシック・パーク」「フォレスト・ガンプ 一期一会」などの世界最高のSFX工房I.L.M.がCGIを駆使して手掛けた、竜巻の映像と音響の迫力が圧巻。監督は「スピード」のヤン・デ・ボン。脚本は「ジュラシック・パーク」「コンゴ」などの原作者でもある作家のマイケル・クライトンが妻のアン=マリー・クライトンと共同で執筆。製作は「マディソン郡の橋」のキャスリーン・ケネディ、イアン・ブライス、クライトンの共同。エグゼクティヴ・プロデューサーは、アンブリン・エンターテインメントの総帥スティーヴン・スピルバーグ、ウォルター・パークス、ローリー・マクドナルド、ジェラルド・R・モーレン。撮影は「マディソン郡の橋」のジャック・N・グリーン、音楽は「マネートレイン」のマーク・マンチーナ、美術は「パトリオット・ゲーム」のジョゼフ・ネメック3世、編集は「太陽の帝国」などスピルバーク作品の常連マイケル・カーンが担当。出演は「死の接吻」のヘレン・ハント、「アポロ13」の、「マージョリーの告白」のジャミー・ガーツ、「ジャングル・ブック」のケーリー・エルウェスほか。

監督
ヤン・デ・ボン
出演キャスト
ヘレン・ハント ビル・パクストン ジャミー・ガーツ ケアリー・エルウィス

関連ニュース

アラフォー世代の元気が出るしあわせ探し『いとしい人』―No.5 大人の上質シネマ
アラフォー世代の元気が出るしあわせ探し『いとしい人』―No.5 大人の上質シネマ(2009年4月3日)

アラフォーがなにかと騒がれるいま、39歳の女性を主人公にした『いとしい人』はまさにタイムリー。恋愛や結婚、妊娠など、あらゆる岐路に立たされた“ガケっぷち”のヒロ…

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ヘレン・ハント