TOP > 映画監督・俳優を探す > ティボ・ヴァンデンボーレ

年代別 映画作品( 2012年 ~ 2019年 まで合計3映画作品)

2019年

マイ・フーリッシュ・ハート

  • 2019年11月8日(金)
  • 出演(ピーター 役)

1988年に突如、謎の死を遂げた伝説的ジャズミュージシャン、チェット・ベイカーの最期の数日間を辿る伝記ドラマ。愛する人は去り、借金も返せず、ジャンキーとして堕ちていくなか、音楽だけは決して止めなかった彼が、オランダのホテルで転落死した真相に迫る。チェット・ベイカーを演じるのは、自身もミュージシャンであり、「ホール・イン・ザ・グラウンド」などに出演した俳優スティーヴ・ウォール。共演に『ウォリアー』のハイス・ナバー。オランダの新鋭ロルフ・ヴァン・アイク監督による劇場長編デビュー作。

監督
ロルフ・ヴァン・アイク
出演キャスト
スティーヴ・ウォール ハイス・ナバー レイモンド・ティリー ティボ・ヴァンデンボーレ
2018年

ビヨンド・ザ・ロウ

  • 2018年2月11日(日)
  • 出演(Santo 役)

巨大な陰謀に巻き込まれたプロの強盗と、その謎を追う女刑事の姿を映し出すフレンチ・アクション。静かな暮らしを送るため、最後の仕事として現金輸送車強盗に挑んだフランク。だが事件の関係者は次々と殺害され、フランクは濡れ衣を着せられ逮捕されてしまう。出演は「ルージュの手紙」のオリヴィエ・グルメ、「灼熱の魂」のルブナ・アザバル、「君と歩く世界」のブーリ・ランネール、「ムード・インディゴ うたかたの日々」のナターシャ・レニエ、「ラスト・ターゲット」のヨハン・レイゼン。監督は「ザ・スクワッド」の撮影を務めたジャン=フランソワ・アンジャンと、本作で脚本も兼任しているフランソワ・トロウケンス。特集企画『未体験ゾーンの映画たち2018』にて上映。

監督
ジャン=フランソワ・アンジャン フランソワ・トロウケンス
出演キャスト
オリヴィエ・グルメ ルブナ・アザバル ブーリ・ランネール ナターシャ・レニエ
2012年

闇を生きる男

  • 2012年7月28日(土)
  • 出演(アントニー・デ・グレーフ 役)

ベルギーで起きた殺人事件に基づき、ある小さな出来事によって人生を狂わされた男の闇を描くサスペンスドラマ。監督は、本作が初の長編となるミヒャエル・ロスカム。出演は、「ロフト.」のマティアス・スクナールツ。2011年ベルリン国際映画祭パノラマ部門上映作品、2012年アカデミー賞外国語映画賞ノミネート。

監督
ミヒャエル・ロスカム
出演キャスト
マティアス・スーナールツ イェルーン・ペルスバール バーバラ・サラフィアン フィリップ・グランドンリー
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/10/21更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画監督・俳優を探す > ティボ・ヴァンデンボーレ

ムービーウォーカー 上へ戻る