TOP > 映画監督・俳優を探す > ティミオス・バカタキス

年代別 映画作品( 2012年 ~ 2018年 まで合計3映画作品)

2018年

聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア

  • 2018年3月3日(土)
  • 撮影

第70回カンヌ国際映画祭脚本賞を受賞した、「ロブスター」のヨルゴス・ランティモス監督によるサイコホラー。ある少年を家に招き入れて以来、心臓外科医スティーブンの特権的生活は一変。子どもたちに異変が起こり、スティーブンは容赦ない選択を迫られる。「ロブスター」に続きコリン・ファレルが再びヨルゴス・ランティモス監督と組んだほか、「LION/ライオン 25年目のただいま」のニコール・キッドマン、「ダンケルク」のバリー・コーガンらが出演。第70回カンヌ国際映画祭脚本賞受賞

監督
ヨルゴス・ランティモス
出演キャスト
コリン・ファレル ニコール・キッドマン バリー・コーガン ラフィー・キャシディ
2017年

ウーナ

  • 2017年7月16日(日)
  • 撮影

オリビエ賞を受賞した戯曲『ブラックバード』をルーニー・マーラ主演で映画化。13歳の時、父の友人レイと恋に落ちたウーナ。だが、レイは少女と関係を持った罪で逮捕、投獄され、町を去る。15年後、ウーナはレイの居場所を突き止め、会いに行くが……。共演は「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」のベン・メンデルソーン。カリテ・ファンタスティック! シネマコレクション2017にて上映。

監督
ベネディクト・アンドリュース
出演キャスト
ルーニー・マーラ ベン・メンデルソン リズ・アーメッド ルビー・ストークス
2012年

籠の中の乙女

  • 2012年8月18日(土)
  • 撮影

一切外の世界との接触を絶ち、家の中だけで子どもたちを育てる家族の姿を通じて、極限状態にある人間の心理を描いたシュールなドラマ。カンヌ国際映画祭“ある視点”部門でグランプリを受賞し、アカデミー賞では外国語映画賞部門にノミネートされた。出演は「パパにさよならできるまで」のクリストス・ステルギオグル。

監督
ヨルゴス・ランティモス
出演キャスト
クリストス・ステルギオグル ミシェル・ヴァレイ アンゲリキ・パプーリァ マリア・ツォニ
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/9/28更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画監督・俳優を探す > ティミオス・バカタキス

ムービーウォーカー 上へ戻る