TOP > 映画監督・俳優を探す > 佐々木大介

年代別 映画作品( 2012年 ~ 2017年 まで合計5映画作品)

2017年

三つの光

  • 2017年9月16日(土)
  • 出演(フミ 役)

第67回ベルリン国際映画祭フォーラム部門に出品された、「トーキョービッチ,アイラブユー」の吉田光希監督による群像劇。倉庫で曲を作るマサキとそばにいるK、無気力に陥ったアオイ、専業主婦のミチコは、互いに惹かれ合い、不思議なコミュニティを作る。「水の声を聞く」の山本政志監督がプロデュースする実践映画塾シネマ☆インパクト製作第3弾。「恋人たち」の池田良をはじめ、シネマ☆インパクトのワークショップから選抜されたキャスト陣とのディスカッションをもとに、シナリオや登場人物が作られた。

監督
吉田光希
出演キャスト
池田良 鈴木士 小宮一葉 真木恵未
2015年

東京の日

  • 2015年10月31日(土)
  • 出演(ホンダユウスケ 役)

「東南角部屋二階の女」の池田千尋監督が、オリジナル企画として自ら脚本も執筆したラブストーリー。東京の片隅で出会った男女の恋愛を通じて、愛の本質を問う。出演は「水の声を聞く」の趣里、「南風 なんぷう」の佐々木大介。東京の下北沢近辺でロケ撮影を行ない、昭和の雰囲気漂うスナックの風景などが郷愁を誘う。

監督
池田千尋
出演キャスト
趣里 佐々木大介 浅野千鶴 小澤雄志
2014年

南風

  • 2014年7月12日(土)
  • 出演

台湾を取材で訪れた女性編集者が案内役の少女とともに自転車で各地をめぐりながら、様々な出会いを経て成長していく青春ロードムービー。九[イ分]や淡水、日月潭などの台湾屈指の名所や日本の愛媛県と広島県を結ぶ瀬戸内しまなみ海道が登場、爽やかな風を受けながら自転車で駆け抜ける。監督は「楽園」で第55回文化庁芸術祭テレビドラマ部門優秀賞を受賞、その後も「帰郷」「コドモのコドモ」などで繊細に人物を描いた萩生田宏治。恋にも仕事にも行き詰まった26歳の女性編集者を「ねこにみかん」「ボーイズ・オン・ザ・ラン」の黒川芽以が、台湾での案内役を買って出るモデル志望の少女を「台北に舞う雪」「九月に降る雨」のテレサ・チーが演じている。

監督
萩生田宏治
出演キャスト
黒川芽以 テレサ・チー 郭智博 コウ・ガ
2013年

豆大福ものがたり

  • 2013年10月26日(土)
  • 出演

監督:沖田修一×脚本:前田司郎の「横道世之介」コンビによる短編。小学館発行の『菊池亜希子ムック マッシュ』の編集長を務める主演の菊池亜希子(「よだかのほし」)が、豆大福好きなことから誕生した作品で、豆大福に対する愛が詰め込まれている。志賀廣太郎(「県庁おもてなし課」)が、豆大福の声と豆大福屋の主人役で共演。

監督
沖田修一
出演キャスト
菊池亜希子 黒田大輔 瑛蓮 佐々木大介
2012年

妙子の恋

  • 2012年7月8日(日)
  • 出演

「東南角部屋二階の女」で長編劇映画デビューを飾った池田千尋監督作品。REALWAVE主催の映像俳優ワークショップを通して制作された。オーディトリウム渋谷で開催された「池田千尋監督特集 9人の女たち9つの生き方」の1本としてレイトショー上映された。

監督
池田千尋
出演キャスト
亀岡園子 佐々木大介 岡明子 比佐仁

佐々木大介の関連人物

柴山美保  鳥越ゆみ  石橋菜津美  鈴木士  後藤剛範 
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/9/28更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画監督・俳優を探す > 佐々木大介

ムービーウォーカー 上へ戻る