TOP > 映画監督・俳優を探す > ジョージ・サムンズ

年代別 映画作品( 1933年 ~ 1934年 まで合計4映画作品)

1934年

波止場の天使

  • 1934年
  • 監督

「女は要らねえ」「藪睨み武勇伝」のヴィクター・マクラグレンが過日危禍に他界した新人ドロシー・デルと「フープラ」「女囚の意気地」のブレストン・フォスターを相手に主演する映画で、フレデリック・シュリックの原作を「恋の凱歌」のサミュエル・ホッフェンシュタインと「路傍」のフランク・パートスが共同脚色し、「チャンドウ」「街の令嬢」のウィリアム・キャメロン・メンジースと「419号室の女」「深夜の紳士」のジョージ・サムンズが共同監督し、「生活の設計」「恋の凱歌」のヴィクター・ミルナーが撮影に当たった。主役三人を助けて「ヒョットコ夫婦」のアリスン・スキプワース、デイヴィッド・ランドー、ジョン・ロジャース、フランク・シェリダン等が出演。

監督
ウィリアム・キャメロン・メンジース ジョージ・サムンズ
出演キャスト
ヴィクター・マクラグレン ドロシー・デル プレストン・フォスター アリソン・スキップワース
1933年

419号室の女

  • 1933年
  • 監督

「明日は晴れ」のアレクサンダー・ホールとジョージ・サムンズが共同監督した映画で、「上海特急」「ブロンド・ヴィナス」の脚色者ジュールス・ファースマンが書き下ろした物語を「七万人の目撃者」「爆走する悪魔」のP・J・ウルフソンおよびアレン・リヴキンの2人組がマヌエル・セフと共同して脚色に当たった。撮影は「暴君ネロ(1932)」「暴風の処女」のカール・ストラッスの担任。出演者は「ダンス・ティーム」「選手権目指して」のジェームズ・ダン、「魔の家(1932)」「全米軍」のグロリア・スチュアート、「競馬天国」「ミイラ再生」のデイヴィッド・マナース、「舗道」のウィリアム・ハリガン、「戦場よさらば」「暴風の処女」のジャック・ラルー、「恐怖の甲板」「競馬天国」のシャーリー・グレイ等で、その他ヴィンス・バーネット、ジョニイ・ハインズ、ガートルード・ショート、エフィー・エルスラー等助演。

監督
ジョージ・サムンズ アレクサンダー・ホール
出演キャスト
ジェームズ・ダン グロリア・スチュアート デイヴィッド・マナース ウィリアム・ハリガン

ブルースを唄う女

  • 1933年
  • 監督

「暴君ネロ(1932)」「三角の月」のクローデット・コルベールが主演する映画でグレイス・パーキンスの原作を「異国の母」のレイノーア・コッフィーと「シナラ」のリン・スターリングが共同脚色し、「419号室の女」「真夜の怪紳士」と同じくアレクサンダー・ホールとジョージ・サムンズが共同監督し、「暴風と処女」のカール・ストラッスが撮影している。助演者は「肉体」のリカルド・コルテス、「お仰いましたわネ」のデビィッド・マナース、「三角の月」のリダ・ロバーティ、「坊やはお休み」のベビイ・レロイ、チャーリー・グレイプウィン、アルバート・コンティなどである。

監督
アレクサンダー・ホール ジョージ・サムンズ
出演キャスト
クローデット・コルベール リカルド・コルテス デイヴィッド・マナース リダ・ロバーティ

深夜の紳士

  • 1933年
  • 監督

「六月十三日の夜」「上海特急」のクライヴ・ブルックと「舗道」「紐育の仇討ち」のジョージ・ラフトが共演する映画で、E・フィリップス・オッペンハイムの原作を「暗黒街の顔役(1932)」「鷲と鷹(1933)」のシートン・I・ミラーが、レスリー・チャータリスと共同脚色し、「419号室の女」と同じくアレクサンダー・ホールとジョージ・サムンズが共同監督し、シオドア・スパークールが撮影したもの。助演者は「笑う巨人」「仮面の米国」のヘレン・ヴィンソン、「恋の凱歌」「夜毎来る女」のアリソン・スキップワース、「暴風の処女」「鷲と鷹(1933)」のサー・ガイ・スタンディング、アラン・モーブレイ、フェルディナンド・ゴットシャルク等である。

監督
アレクサンダー・ホール ジョージ・サムンズ
出演キャスト
クライヴ・ブルック ジョージ・ラフト ヘレン・ヴィンソン アリソン・スキップワース
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/10/28更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画監督・俳優を探す > ジョージ・サムンズ

ムービーウォーカー 上へ戻る