TOP > 人物を探す > バートン・マクレーン

年代別 映画作品( 1933年 ~ 1966年 まで合計55映画作品)

1966年

勇者の街

  • 1966年2月22日(火)
  • 出演(James_Fennimore_Fell 役)

西部劇作家のフランク・グルーバーが自からの原作を脚色、TV「ララミー牧場」のレスリー・セランダーが監督した。撮影はW・ウォーレス・ケリー、音楽はジミー・ハスケルが担当。出演者は「危険な道」のダナ・アンドリュース、「いとしのシバよ帰れ」のテリー・ムーア、「野良猫」のパット・オバライエン、「赤い河」のコリーン・グレイ、それにA・C・ライルズ一家といわれているロン・チャニー、デフォレスト・ケリーなど。製作は「黒い拍車」のA・C・ライルズ。

監督
レスリー・セランダー
出演キャスト
ダナ・アンドリュース テリー・ムーア パット・オブライエン ロン・チャニー
1964年

早射ちロジャース

  • 1964年2月29日(土)
  • 出演(Tom_Stone 役)

スティーヴ・フィッシャーのシナリオを、TV「ボナンザ」のウィリアム・F・クラクストンが演出した西部劇。製作はTV「ローハイド」のA・C・ライルズ、撮影はレスター・ショアが担当した。出演者は「大酋長」のデール・ロバートソン、「マクリントック」のイヴォンヌ・デ・カーロ、「死の脱獄者」のウィリアム・ベンディックス、「ハタリ!」のブルース・キャボット、「硫黄島の砂」のジョン・エイガーの他、ビル・ウィリアムズ、ケント・テイラー、リチャード・アーレンなど。

監督
ウィリアム・F・クラクストン
出演キャスト
デイル・ロバートソン イヴォンヌ・デ・カーロ ウィリアム・ベンディックス ブルース・キャボット
1962年

ポケット一杯の幸福

  • 1962年2月15日(木)
  • 出演(Police_Commissioner 役)

フランク・キャプラの戦前の名作「一日だけの淑女」を彼自身が、40年の映画生活を記念し、製作を兼ねて再映画化した。デーモン・ラニョンの原作をロバート・リスキンが脚色したものに新たにハル・カンターとハリー・テュゲンドが筆を加え、「波も涙も暖かい」のフランク・キャプラが監督した。撮影はロバート・ブロナー、音楽はウォルター・シャーフが担当し、サミー・カーン、ジミー・ヴァン・ヒューゼンの歌曲が主題歌として使われている。出演者はグレン・フォード、ベティ・デイヴィス、ホープ・ラング、アーサー・オコンネル、ピーター・フォーク、トーマス・ミッチェルなど。製作にはグレン・フォードも一枚加わっている。

監督
フランク・キャプラ
出演キャスト
グレン・フォード ベティ・デイヴィス ホープ・ラング アーサー・オコンネル
1959年

底抜け慰問屋行ったり来たり

  • 1959年4月15日(水)
  • 出演(Maj-Ridgley 役)

原作・脚色共に「底抜け楽じゃないデス」のフランク・タシュリンが自ら書いた、お馴染みのジェリー・ルイス主演の喜劇映画で、原名の「芸者ボーイ」が示すとおり、今回は日本が舞台で、日本の孤児との笑いと涙でつづる愛情物語。撮影は「先生のお気に入り」のハスケル・ボッグス。主演は「底抜け1等兵」のジェリー・ルイス、「戦場にかける橋」の早川雪洲、のぶ・マカーシー、ロバート・平野、他にマリー・マクドナルド、スザンヌ・プレシェット、元力士の出村竜三等。また野球シーンにはロスアンジェルス・ドジャースの選手が出演している。製作はジェリー・ルイス。

監督
フランク・タシュリン
出演キャスト
ジェリー・ルイス マリー・マクドナルド 早川雪洲 ノブ・マッカーシー
1958年

早射ち拳銃王

  • 1958年9月18日(木)
  • 出演

家畜業者と牧場主のトラブルを描くリーガルスコープ西部劇。オリジナルは70分だが、日本では44分の短縮版で公開。監督はエドワード・バーンズ、製作はバーナード・グラッサー、原作はL・L・フォアマン、脚本はエドワード・バーンズとドン・マーティン、撮影はブライドン・ベイカー、音楽はレス・バクスターが担当。出演はスコット・ブラディ、メイラ・パワーズ、ビル・ウィリアムズ、バートン・マクレーンほか

監督
エドワード・バーンズ
出演キャスト
スコット・ブラディ メイラ・パワーズ ビル・ウィリアムズ バートン・マクレーン

抜き射ちギャレット

  • 1958年7月31日(木)
  • 出演

パット・ギャレットの半生を描く西部劇。オリジナルは71分あるが、日本では45分の短縮版が公開されたのみ。監督はサム・ニューフィールド、製作はシグムンド・ニューフェルド、原作・脚本はオービル・ハンプトン、撮影はエディ・リンデン、音楽はポール・ダンラップが担当。出演はジェームズ・クレイグ、ジム・デイヴィス、バートン・マクレーン、ボブ・スティールほか。

監督
サム・ニューフィールド
出演キャスト
ジェームズ・クレイグ ジム・デイヴィス バートン・マクレーン ボブ・スティール
1957年

虐殺の砦

  • 1957年12月6日(金)
  • 出演(Wilson 役)

フランク・G・スラウターの小説「戦士」を原作に作者自身が脚色、R・ジョン・ヒューが監督した南部インディアンが主人公の活劇篇。撮影監督はチャールズ・T・オローク、音楽監督はL・D・ロッシング主演「口紅殺人事件」のジェームズ・クレイグ、新人リタ・ミラン。バートン・マクレーン、デニス・クロスなどが助演。

監督
R・ジョン・ヒュー
出演キャスト
ジェームズ・クレイグ リタ・ミラン バートン・マクレーン Robert Waak

密林の豹人

  • 1957年7月24日(水)
  • 出演(Steve_Bailey 役)

ミッキー・ルーニイ・プロが製作したジャングル活劇。ジョン・フェントン・マレイとベネディクト・フリードマンの共同脚本をジョージ・ブレアが監督、「硝煙のユタ荒原」のバッド・サッカリーが撮影監督を担当した。音楽はヴァン・アレクサンダー。主演は「ジャングル・ブック(1942)」のサブーと「テキサス街道」のチキタ。

監督
ジョージ・ブレア
出演キャスト
サブウ チキタ バートン・マクレーン ジョナサン・ヘイル

地獄の分れ道

  • 1957年7月31日(水)
  • 出演(Clyde_O'Connell 役)

西部の無法者ジェシー・ジェームズの友人をめぐる物語。ジョン・K・バトラーの原作をバトラーとバリイ・シップマンが脚色、TV映画出身のフランクリン・アンドレオンが監督した。撮影監督は「レイテ沖海空戦 永遠の海原」のジョン・ラッセル、音楽監督はジェラルド・ロバーツ。主演は「悪人への貢物」のスティーブン・マクナリー、新人のロバート・ヴォーン、「復讐に来た男」のペギー・キャッスル。

監督
フランクリン・アンドレオン
出演キャスト
スティーブン・マクナリー ペギー・キャッスル ロバート・ヴォーン バートン・マクレーン
1956年

六番目の男

  • 1956年5月17日(木)
  • 出演(Major_Carson 役)

フランク・グルーバーの原作を、「星のない男」のボーデン・チェイスが脚色した探偵趣味万点の西部劇。監督は「日本人の勲章」のジョン・スタージェス。撮影は「顔役時代」のアーヴィング・グラスバーグ、音楽は「四角いジャングル」のジョセフ・ガーシェンソンが夫々担当した。主な出演者としては,「蜘蛛の巣」のリチャード・ウィドマーク、「ベニイ・グッドマン物語」のドナ・リード、「星のない男」のウィリアム・キャンベル、「暴力には暴力だ」のジョン・マッキンタイアなど。「ベニイ・グッドマン物語」のアーロン・ローゼンバーグ製作。

監督
ジョン・スタージェス
出演キャスト
リチャード・ウィドマーク ドナ・リード ウィリアム・キャンベル ジョン・マッキンタイア
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/7/12更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 人物を探す > バートン・マクレーン