映画-Movie Walker > 人物を探す > ジェラルド・ジェラティ

年代別 映画作品( 1933年 ~ 1951年 まで合計10映画作品)

1951年

西部の無法者

  • 1951年5月15日(火)
  • 原作

製作、監督は「テキサス警備隊」のジョセフ・ケイン。テームズ・ウィリアムソンとジェラルド・ジェラティ共作のストーリーを「西部の裁き」のケネス・ガメットが脚色し、「怒涛の果て」のレジー・ラニングが撮影を、デール・バッツ音楽を担当。主演は「テキサス警備隊」のウィリアム・エリオットとエイドリアン・ブースでグラント・ウィザース「テキサス警備隊」、新人バーバラ・フュラー、ノア・ビアリーらが助演する1950年作品。

監督
ジョセフ・ケイン
出演キャスト
ウィリアム・エリオット エイドリアン・ブース グラント・ウィザース バーバラ・フュラー

無法地帯

  • 1951年6月26日(火)
  • 脚色

ハロルド・シューメイトの原作から西部劇専門のジェラルド・ジェラティが脚色し、「ジョルスン物語」のアルフレッド・E・グリーンが監督した1941年西部劇で、撮影は「荒鷲戦隊」のスタンレー・コルテス、音楽はH・J・サルター。「スイングの少女」のロバート・スタック、「虹を掴む男」のアン・ルザーフォード、「銃弾」のリチャード・ディックスの他、「大自然の凱歌」のフランセス・ファーマー、「オール・ザ・キングスメン」のブロデリック・クロフォードらが共演。

監督
アルフレッド・E・グリーン
出演キャスト
ロバート・スタック アン・ルザーフォード リチャード・ディックス フランセス・ファーマー
1950年

テキサス警備隊

  • 1950年8月22日(火)
  • 原作

南北戦争後のテキサスを舞台に、テキサス・シンジャーの隊長と女性新聞記者の活躍を描く西部劇。ジョン・K・バトラーとジェラルド・ジェラティの原作の映画化で、脚本はジェラルド・アダムズが執筆。製作・監督はジョセフ・ケイン、撮影はジャック・マータ、音楽はモートン・スコットが担当。出演はウィリアム・エリオット、アドリアン・ブース、ジョゼフ・シルドクラウト、ブルース・キャボット、アンディ・ディヴァインなど。

監督
ジョセフ・ケイン
出演キャスト
ウィリアム・エリオット エイドリアン・ブース Jeseph Schildkraut ブルース・キャボット
1954年

西部の掠奪者

  • 1954年2月
  • 脚本

「闘う沿岸警備隊」のジョセフ・ケインが、1948年に製作・監督した西部活劇。ジェームズ・エドワード・グラント(「硫黄島の砂」)のオリジナル・ストーリイを、ジェラルド・ジェラティ(「テキサス警備隊」)とジェラルド・ドレイソン・アダムス(「拳銃無情」)が脚色した。撮影のジャック・マータ、作曲のR・デイル・バッツは「闘う沿岸警備隊」と同じスタッフ。出演者は「曠野の追撃」のロッド・キャメロン、エイドリアン・ブース、フォレスト・タッカーに、「永遠の調べ」のイローナ・マッセイ、「ジャバへの順風」のグラント・ウィザースら。

監督
ジョセフ・ケイン
出演キャスト
ロッド・キャメロン イローナ・マッセイ エイドリアン・ブース フォレスト・タッカー
1938年

ジャングルの恋

  • 1938年
  • 脚本

「北海の子」「セニョリタ」のドロシー・ムーアと「セニョリタ」「干潮」のレイ・ミランドが主演する総テクニカラー映画である。ストーリーは「新天地」のジェラルド・ジェラティとクルト・シオドマークが書き、「魔人遁走曲」のジョセフ・モンキュア・マーチと「作家と御婦人」のリリー・ヘイワードとエディ・ウェルチが協力脚色し、「宝石と女賊」「金髪騒動」のジョージ・アーチェンボードが監督、「放浪の王者(1930)」「暁の翼」のレイ・レナハンが撮影した。助演者は「北海の子」「女を捜せ」のリン・オヴァアマン、「百万ドル大放送」のドロシー・ハウ、「進め龍騎兵」のJ・キャロル・ナイシュ、「第2の女」のジョナサン・ヘール等である。

監督
ジョージ・アーチェンボード
出演キャスト
ドロシー・ラムーア レイ・ミランド リン・オヴァーマン J・キャロル・ナイシュ
1937年

新天地

  • 1937年
  • 脚色

「セイルムの娘」に次いでフランク・ロイドが製作・監督した大作である。ステュアート・N・レイクが書き下ろしたストーリーをサイレント時代の有能脚色者の一人たるポール・ショーフィールドが「西部の旋風」のジェラルド・ジェラティおよび劇作家のフレデリック・ジャクスンと協力脚色した。主演者は「この三人」「膝にバンジョウ」のジョエル・マクリー、「山は笑う」「ワイキキの結婚」のボブ・バーンズおよび「海の魂」「若草物語(1933)」のフランセス・ディーで、「テキサス決死隊(1936)」「報道戦」のロイド・ノーラン、「科学者の道」のヘンリー・オニール、「平原児」のポーター・ホール、「薔薇はなぜ紅い」のロバート・カミングス、「深夜の星」のラルフ・モーガン、「街は春風」のメアリー・ナッシュ、「罪じゃないわよ」のジョン・マック・ブラウン等が助演している。キャメラは「たくましき男」「青春ホテル」のテオドル・スパークールが、音楽はビクター・ヤングが、それぞれ担当した。

監督
フランク・ロイド
出演キャスト
ジョエル・マクリー ボブ・バーンズ フランセス・ディー ロイド・ノーラン
1936年

ジャングルの女王

  • 1936年
  • 脚色

ラジオで人気のあった歌手ドロシー・ラムールの入社第1回主演映画で、マックス・マシーンが書き下ろし、「類猿人ターザン」のシリル・ヒュームがジェラルド・ジェラティー及びガヴアナー・モリスと協力脚色し、「麗しのパリ」のウィリアム・ティーレが監督し、「放送豪華版」のハリー・フィッシュベッグが撮影した。相手役は「結婚設計図」「宝石と女賊」のレイ・ミランドで、「将軍暁に死す」のエイキム・タミロフ、「二つの顔(1935)」のモリー・ラモント、「南海のペーガン」のマラ等が助演している。

監督
ウィリアム・ティーレ
出演キャスト
ドロシー・ラムーア レイ・ミランド エイキム・タミロフ リン・オヴァーマン
1935年

西部の旋風

  • 1935年
  • 脚色

「疾風無敵男」と同じくクラレンス・E・マルフィールドのカシディー物の映画化で、同じくウィリアム・ボイド、ジミー・エリソン主演、ハワード・ブレザートン監督、アーチー・スタウト撮影、ドリル・シュローダー脚色(ジェラルド・ジェラティと協力)になるもの。助演者は、ジーン・ルーヴェロル、ジョージ・ギャビー・ヘイス、ハリー・ワース、フランク・マクグリン、ハワード・ラング等。

監督
ハワード・ブレザートン
出演キャスト
ウィリアム・ボイド ジミー・エリソン ジーン・ルーヴェロル ジョージ・“ギャビー”・ヘイズ
1933年

幽霊牧場(1933)

  • 1933年
  • 脚色

ゼーン・グレイ原作の西部小説を映画化したもので「白馬王国」と同じくヘンリー ・ハサウェイが監督し当たったもの。主役は「恋愛百科全書」「ハリウッドは大騒ぎ」のスチュアート・アーウィンで、新進のヴァーナ・ヒリーを始め、「白馬王国」のフレッド・コーラー、「消えゆく国境」のジョージ・バービア、ジョン・デイヴィス・ロッジ、ファジー・ナイト等が助演している。なお脚色は「追撃ミックス」「高原強撃隊」のジャック・カニンガムがジャック・ジェラティーと共同して任じ、撮影は「屠殺者(1930)」「征服群」のアーチー・スタウトである。

監督
ヘンリー・ハサウェイ
出演キャスト
スチュアート・アーウィン ヴァーナ・ヒリー レイモンド・ハットン フレッド・コーラー

燃ゆる山道

  • 1933年
  • 脚色

「轟く天地」「森の男(1933)」と同じくゼーン・グレイ原作、ジャック・カニンガム脚色、ヘンリー・ハサウェイ監督、ランドルフ・スコット出演、ハリー・ケイリー、ノア・ビアリー助演、になる西部劇で、「熱血撮影隊」「ロッキーの彼方」のトム・キーンと「獣人島」「動物園の殺人」のキャスリーン・バークが主要なる役を勤め、「ゆりかごの唄」のケント・テイラー、「恐怖の甲板」のリーラ・ベネット、「彼女の用心棒」のファジー・ナイト、「肉体」のヴィンス・バーネット、「新世紀」のジョージ・バービアが助演している。撮影は「砂漠の遺産」「幽霊牧場(1933)」のアーチー・スタウトの担当。

監督
ヘンリー・ハサウェイ
出演キャスト
ランドルフ・スコット トム・キーン キャスリーン・バーク ノア・ビアリー
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
一度死んでみた
一度死んでみた

父親が嫌いな娘が父親の死の真相を巡り巻き込まれる騒動を広瀬すず主演で描くコメディ

ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY
ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY

DCコミックスの人気キャラクター、ハーレイ・クインを主人公に描くアクション

三島由紀夫VS東大全共闘 50年目の真実
三島由紀夫VS東大全共闘 50年目の真実

1969年の東大全共闘との討論会を通して作家・三島由紀夫の生き様を浮き彫りにする

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ジェラルド・ジェラティ