映画-Movie Walker > 人物を探す > パール・ホワイト

年代別 映画作品( 1916年 ~ 1922年 まで合計11映画作品)

1922年

愛の逆流

  • 1922年当年公開
  • 出演(Myrtle_May 役)

ジュリア・トルスヴァの原作及び脚色になり「ニューヨークの不夜城」「肉に飢えたる野獣」等と同じくチャールズ・ブレイビンが監督した。主役は「絶海の拠女」「女の望みとは」等と同じくパール・ホワイトで、パールのフォックス社における最後の作品である。相手役はジョセフ・ストライカーとドリス・イートン。

監督
チャールズ・ブレイビン
出演キャスト
パール・ホワイト ジョセフ・ストライカー ドリス・イートン ハリー・サザード

歓楽の影

  • 1922年当年公開
  • 出演(Myrtle 役)

日活で輸入した「愛の逆流」と同じくジュリア・トルスヴァの原作及び脚色、パール・ホワイト主演になったもので、「愛の逆流」の前、「女の望みとは」の後で発表された作品である。監督は「貧しき人々の群」等と同じくハーバート・ブレノンである。「名優の恋」「女性の悩み」等に出演のホームズ・ハーバートがホワイトの対手をしている。

監督
ハーバート・ブレノン
出演キャスト
パール・ホワイト ホームズ・ハーバート ギルバート・エメリー Lawrence Johnson
1921年

乙女の楽園

  • 1921年当年公開
  • 出演(Gratia_Latham 役)

パール・ホワイト嬢のフォックス社に於ける特作品の1で、ハイラム・パーシー・マキシム氏の原作を、J・サール・ドウリー氏が監督したもの。相手役はロバート・エリオット氏とJ・ソーントン・バストン氏である。

監督
J・サール・ドウリー
出演キャスト
パール・ホワイト ロバート・エリオット J・ソーントン・バストン アラン・エドワーズ

真性の愛

  • 1921年当年公開
  • 出演(Sally_Marrio 役)

「雷鳴」「銀の翼」等と同じくポール・H・スローン原作、「ヴァージン・パラダイス」と同じくJ・サール・ドウリーが監督したもので、パール・ホワイトが「盗人」「山の女」に続いて主演したもの。対手役は「妻なればこそ」等出演のヴァーノン・スティールである。

監督
J・サール・ドウリー
出演キャスト
パール・ホワイト ヴァーノン・スティール Nora Reed Arthur Gordoni

迷雲晴れて

  • 1921年当年公開
  • 出演(Ellen_Schuyler 役)

「女の望みとは」と同じくポール・H・スローンの原作脚色で、「盗人」を監督したチャールズ・ギブリンが同じく監督に当たった。パール・ホワイトの主演で対手はバート・ライテルの弟ウィルフレッド・ライテルである。

監督
チャールズ・ギブリン
出演キャスト
パール・ホワイト ウィルフレッド・ライテル Downing Clarke Harry C. Browne

山の女

  • 1921年当年公開
  • 出演(Alexander_McGivens 役)

チャールズ・ネヴィル・バック氏原作の「山の異端者」A Pagan of the Hillsをアシュレイ・ロック氏が脚色し、「盗人」と同じくチャールズ・ギブリン氏の監督になったもの。パール・ホワイト嬢のフォックス社における第4回目の作品である。ニュース誌は「美しい背景と、所々に喜劇を加えた活劇とで、すばらしい作品を作っている」と褒めている。

監督
チャールズ・ギブリン
出演キャスト
パール・ホワイト Corliss Giles リチャード・トラヴァース George Barnum
1920年

氷原の花

  • 1920年当年公開
  • 出演(Tiger's Cub 役)

最近再びパテー社において連続映画を作ることになったパール・ホワイトのフォックス社時代の第2回作品で、「盗人」の前の作品である。原作はジォージ・グッドチャイルドで、脚色および監督は「盗人」と同じく各ポール・H・スローンおよびチャールズ・ギブリンによってなったものである。相手役はトーマス・カリガン。

監督
チャールズ・ギブリン
出演キャスト
パール・ホワイト トーマス・カリガン Frank Evans Ruby Hoffman

ホワイト・モール

  • 1920年当年公開
  • 出演(Rhoda_(The_White_Moll) 役)

連続映画界を去ってフォックスの特作品のスターとなったパール・ホワイト嬢の第1回作品で、フランク・パッカード氏原作の同名の小説をロイド・シェルドン氏が脚色し、ハリー・ミラード氏が監督したもの。「奇跡の人」に似て宗教の力によって悪人たちが改心し新生涯に就く経路を描いたものである。『ホワイト嬢はホワイト・モールと渾名された女賊ローダに扮して力強い演技を示している。彼女の今までの連続映画界における豊かな経験はホワイト嬢をして完全な技巧の持主たらしめている。佳い作品である。』とニュース誌は言っている。

監督
ハリー・ミラード
出演キャスト
パール・ホワイト リチャード・トラヴァース Thornton Baston Walter Lewis
1919年

電光侵入者

  • 1919年当年公開
  • 出演(The_Lightning_Raider 役)

ある秘密を包む黒檀の塊の奪い合いを骨子として、女賊「電光侵入者」(ホワイト嬢)が探検家の息子トーマス・ノートン(セル氏)を助けて中国人の大悪人ウー・ファン(オーランド氏)と火花を散らす活劇が起こる。ワスブという悪漢が途中から現われて争闘に加入し争いは白熱的になって来る……というような筋で、「運命の指環」と同じ顔振れである。

監督
ジョージ・B・サイツ
出演キャスト
パール・ホワイト Henry Gsell ワーナー・オーランド フランク・レッドマン
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > パール・ホワイト